The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

第45回東京モーターサイクルショーに行ってきたのでした(今更・・・)

初代Miyagiのツーレポシリーズを終え、2代目Miyagi契約記事をうpしてひと段落・・・
と思っていたのですが、よくよく考えてみたら3月末の東京モーターサイクルショーのレポ書いてませんでした(;´∀`)


ただ、TMS2018当時は例の事故から1週間という期間しか経過しておらず、心身共に落ち着かない上に先のことが全くもって不透明だったこともあり、あまりいい気持ちで回ることが出来ませんでした。
特にZ900RSはまともに直視していられないくらい。自分のがどうなるか分からなかったし。
なので、写真も少ないのでサクッと書いていきたいと思います。


180325_16.jpg


3/11(日)のお散歩ツーの際にいつものカワサキプラザ仙台六丁の目で購入した”あるもの”とはこれです。
第45回東京モーターサイクルショーの前売り券。
もちろんローチケやe+等で買うことが出来るものですが、こうしてお世話になっているお店で直接購入出来るというのであれば行かない手はないでしょう!
しかもチケットの半券をカワサキブースへ持っていけばドリンクの引換券がもらえます。


ま、前日に実家へ帰った際に仙台のアジトへ置き去りにしてきたので今でもこのまんま残ってるんだけどね。
(結局、翌朝にローチケで当日券を買うハメに・・・orz)


180325_1.jpg


会場に行く前に朝イチでわざわざ吉祥寺まで。
吉祥寺のある武蔵野市は私の本籍地です。(←超どうでもいい
そんな吉祥寺の中道通りに構えている大のお気に入りのお店”Blackwell Coffee”へ2ヶ月ぶりに行ってきました。
好みの銘柄であるマンデリンをオーダー。仙台で行きつけのほの香さんとはまた一風違った風味があっていいですね。
ちなみに手前の本は私の愛機”Miyagi”の名の由来となった小説です。もう出会って1年。何度読み返しても私の人生で1番の名作だと思います。


180325_14.jpg


1時間ほどまったり過ごさせていただいて、マスターさんに今回の事故の件を報告し、後日また結果報告にでも来ますということでお昼ちょっと前にBCを離脱。特に今はミルを含めたコーヒー器具が一通り揃ったので次に行くときは豆も購入したいところです。
電車に揺られて東京ビッグサイトへ。昨年ZEP11の事故後にワールドプレミアとなったZ900RSを拝みに来た東京モーターショー2017以来です。


180325_2.jpg


そうしてやってきました第45回モーターサイクルショー。
第42回(2015年)以来、3年ぶりの来場となりました。
今までは行ったところで旧車(ZEP11)乗りの自分としてはさして見るものが無いかな(むしろ何か惨めさすら感じた気が・・・)と感じてしまったのでここ2年ほどは行っていなかったのです。
今は最新のバイクに乗っているので(この当時はアレですが)今後のカスタムパーツを見たり、最新のライディングギアへ刷新を考えているので下見にはもってこいというところです。
本当は埼玉の友人の大道芸人と一緒に来る予定だったのですが、彼は急遽家庭の事情で行けなくなってしまったので1人での参戦です。そういえばぼっちが基本の私ですがモタサイは1人で行くの初めてでした。


180325_3.jpg


早速入場しOHLINSのブースへ。
記事の冒頭で「Z900RSを直視出来なかった」と言いつついきなりこの画像です(笑)
何を撮りたかったって言うとやはりこの”前後OHLINSサスペンション”の姿ですね。
OHLINS伝統の金色/黄色のサスペンションはやはり目を惹きます。
特に私が乗っているメタリックスパークブラックにはよく合うと思います。金色のライン入ってるし。
ちなみにこのフロントフォークはZ900RS専用というわけではなく、ステム等を変更した上で装着している様子でした。
Z900RSの倒立フロントフォークはφ41ですがOHLINSがラインナップしているのはZX-10Rや14Rに使用されるφ43がほとんど。ステムのサイズはもちろん、長さも違うのでそこら辺もアジャストさせているはず。


180325_4.jpg


んで、こちらが別途展示されていたZ900RS専用のリアサスペンション。
やはり油圧式プリロードアジャスターは別体型のよくあるタイプ。
お値段はそれなりにしますが、乗り味は劇的に変わりますし、何より自分や路面に合わせてセッティングを変えられるのは大きいですよね。


・・・ただし、ZEP11の頃には前後OHLINSに憧れていた私ですが、Z900RSに乗るようになった現在はOHLINSよりもNITRON(ナイトロン)を強く希望しております。
OHLINSはそこら辺にゴロゴロいるので更なるOriginalityを求めたいのが主な理由です。性能面でもこちらの方が上という声もチラホラ。
あくまでも今の心境ですので、実際に換装することになったらどうなっているか分かりません。予算的にOHLINSの方が安く済む可能性もありますしね。
NITRONのブースもあれば良かったのですが、残念ながら出展はありませんでした・・・。


あとフロントフォークは現時点だとHYPERPRO(ハイパープロ)からスプリングキットが発売されているのでそちらに換装しても良いかなと。
一番希望しているのはNITRONからスプリングキットが発売されることですが。
もしくはZX-10R('11-15、J/K型)のBPF(ビッグピストンフロントフォーク)にOHLINSカートリッジキットを組み込んだ上で流用とか。これだと前述の通りステム周りを換えなくてはならないので結局予算オーバーでしょうね・・・。安く済ませられればこっちで全然OKなんですけど。


180325_5.jpg


そして我らがカワサキブースです。
しかし正面の受け付け的なブースで限定クリアファイルをもらうだけであまり車両は見ませんでした。
冒頭の心境による理由(+そもそももう最新の車両乗ってるからいいや感)と、何より人多すぎでゆっくりバイク見られない。
はっきり言っていつもお世話になっているカワサキプラザ仙台六丁の目の方がはるかに居心地良くてゆっくりバイクも見られますので落差が激しかったです。いくらイベントと言っても。
もしかしてだんだん東京離れが進んでいるのでしょうか・・・。


180325_6(Re-edit).jpg


そんなカワサキブースの向かい側にはBEET工業のブースがあり、やはりZ900RS専用パーツが展示されておりました。
その中で自分が導入したいと考えているバックステップ:正式名称『ハイパーバンク』。
タンデムステップの同時装着も可能で、かつカラーオーダーが可能なシロモノ。
何気にZ900RSはそのステップ位置が足付き性を若干阻害していると感じるので、ぜひ換えたいですね。
カラーオーダーでゴールドにするのが夢です(笑)


180325_7.jpg


そして大目玉のフルエキゾーストマフラー!
既に動画もUPされておりますがその造形・サウンドはただでさえ吊るしでカッコ良すぎるZ900RSをさらに昇華させると言っても過言では無いでしょう。
また、重量も6kgと純正マフラーの11.6kgから大幅にダイエットしており約48%の軽量化。ほぼ半分。もちろん車検対応です。
JSB1000でチームグリーンが正式採用するほどの品質です。
社外マフラーに換装するならこれ一択なのですが、お値段が30万円近いという・・・(ノ_-;)
これについては恐らく「一番最後にカスタムするところ」になる見込みです。
そもそも純正マフラーの造形・サウンドも十二分に気に入っているので、慌てなくても全然OKです。


180325_8.jpg


場所は忘れましたがPLOTのブース。
ホイールの展示等もあった気がしますが私が一番見たかったのはこのフェンダーレスKIT!
極めてシンプルなその造形に純正ウィンカー・リフレクター・荷掛けフック全てが流用可能という素晴らしさ!(ノ゚∀゚)ノ
お値段も先ほどのフルエキと違って12,000円少し。
カワサキ純正アクセサリーのラジエーターコアガードよりも安いので、すぐに着手出来そうです。
年内には換えたいな・・・。


180325_9.jpg


車体周りのカスタムパーツはこの辺りにしておいて、次は用品について。
私のホームタウン埼玉が全世界に誇るヘルメットメーカー:Araiの登場でございます。


180325_10.jpg


見たいモデルは当然最高峰モデルのRX-7X。先日の事故でヘルメットが顎部分と後頭部にダメージを受けてしまったので買い替え必須となっていますので。
第一候補のグラフィックとなっているWSBK3連覇のワールドチャンピオン、カワサキのジョナサン・レイのモデルです。
ホンダ時代と違って黒(主にサイド部分)をベースに白と赤という結構シンプルなカラーリングのグラフィック。
カワサキ乗りとしてはぜひ選びたいなと感じる1品です。もちろんそのグラフィックを気に入ってのことです。


180325_11.jpg


ちなみに第二候補のMotoGPライダー、カル・クラッチロウモデルも見てきました。
RX-RR5の時からカルのグラフィックはカッコいいと思っているのですが、現在のカラーはなんか蛍光色が強い上につや消しモデル・・・。
これはこれでやっぱりカッコ良いのですが、つや消しはあまり好みじゃないので微妙かな・・・。
よく考えた上でジョニーかカルか、どちらかを買いたいと思います。


ちなみにもうバイクはもちろん車体の色もガラリと変わった(結果的に自分が乗りたいと思っていたZX-14Rとほぼ同じ色味)ので、無理に黄色ベースのヘルメットを選ばなくても良いかなと考えています。
もちろん自分が気に入ったグラフィックのヘルメットが黄色なら結果オーライ(車体にも金のラインが入ってるし)何ですが、今回事故でダメージを受けたケニー・ロバーツモデルのRX-7Xは色こそ良かったもののデザインはさして気に入っているというほどでなかったので(;´∀`)
ZEP11と一緒にイエローカラーも卒業かな〜。
ただし、”黒色”ベースでなければ流石にNGです。それは車体に合わなすぎだし自分が気に入らないと思います(笑)


180325_12.jpg


そしてずっと前から欲しいと思っているインカム。B+COMってやつですね。
現在の最新モデルは”SB6X”。友人たちが使っているSB4Xより2世代新しいです。
性能としては限界まで向上させた音質や、音楽を聴いている時に電話を受けても音楽が中断されなかったり、ガイド音声が日本語になったり(今までは英語)、などなど・・・。(ブースのお兄さんが説明してくれました)
自分はさして重要視していないですが(笑)、確かな性能向上が施されているのは確かですね。
実際人気商品で品薄になりがちらしいです。
どうせ買うなら最新のが良いので、このSB6Xを購入予定です。
もちろん旧モデルとの通信も可能です。


180325_13.jpg


最後に買い替え予定のブーツです。XPDの”XPN021”というモデル。
私が使っている同じXPDのレーシングブーツ(公道じゃなくてサーキットを走るために作られたタイプのブーツ)ではなく、”ストリートブーツ”としてレーシングブーツの造形や機能等は受け継ぎつつもストリート向けにショート化・適正化されたタイプのブーツです。
まさに自分が欲しいと思っていたタイプのブーツ。(私がブーツを買った2013年当時はこのタイプがなかなか見当たらず)
お値段もレーシングブーツより10,000円ほど安いです。
IRON HEARTのジーンズにレーシングブーツは非常に相性が悪く、毎回ブーツを脱いだり履いたりする際にえらい時間が掛かっています。
このタイプならその問題点もほぼ解消でしょう。
とはいえやはりお高い買い物になるので、買うのはもう少し先になりますかね・・・。


180325_15.jpg


おまけで鈴鹿8耐参戦の会見の写真です。
この場で今年のチームグリーンは前述のAraiのブースでも名前の挙がったWSBK3年連続チャンピオンのジョナサン・レイを連れてくると公にして会場やTwitterは大盛り上がりとなりました!
私は相方のトム・サイクスの方が好きだったのですがジョニーも猛烈に気になるところ。
でも鈴鹿か・・・今じゃ本当に遠いところになってしまいました。


・・・以上!
約90分程度と今までで一番短い滞在時間でしたが、それなりに情報を得ることが出来たと思います。
やはり気になっているカスタムパーツの実物を見られるのは大きいですね。
来年も行けたら行きたいと思います。今度はあんな心境でないことを大前提としますけど(笑)


ちなみにMiyagiのカスタムプランとしては”無理なく堅実に”をテーマとして進行する予定です。
これは後日記事にしたいと思います。


あとは本当にとっとと治療を終えたい!身体を戻したいです(笑)
来月末に父と一緒に一周忌の法事で熊本へ飛ぶことが確定したのでそれまでには・・・。


フルエキだけ異様に高いな〜・・・
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Motorcycle
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

実家のガレージと父のZ

久しぶりに2週間という長い間を空けての更新です。
先週11/24(金)の夜から27(月)までは埼玉に帰省しておりました。
そして仙台に帰投した次の日に突然体調が悪くなり・・・(ノ_-;)
28(火)は頭痛悪寒血痰のおまけ付きというなかなかアレな状態でしたが、当日中の徹底した回復体制によって翌日無事危機は脱しました。
我ながらなかなかの回復力だとは思いますがまだ本調子ではないので、今週末はアジトにこもって大人しくしていることにします。
トレーニングも1週間ほどやっていないのでやらないと。。。


そんなわけで1週間ほど時間を巻き戻しての記事になります。
帰省したら当然、拠点は埼玉の実家になるわけですが・・・
私が仙台へ引っ越した後でこんなものが新設されました。


171202_1.jpg


見ての通り、「ガレージ」ってヤツですね( ´ω`)
以前から父が庭に作りたいと切望していたのですが、この度実家の妹が車を入手することとなり。
他の家庭と比べて原付含めた二輪車や自転車が多いAltria家では2台分の駐車スペースがあってもかなりしんどいため、この度大金をはたいてガレージ設置を決意したとのことです。
つーか使わない原付とっとと処分すりゃスペース空くだろと思うのですけどね。
ちなみにガレージの大元はあのコ●トコで仕入れたとかなんとか。。。
お隣さんもなかなかご立派なガレージを自作されていますね。


171202_2.jpg


入り口は金木犀の木が植えてあったりして工事(担当:父)はなかなかの鬼門だったようですが、こんな感じで上手く斜面を作ってキレイに出来たようです。
これといってデコボコしているわけでもなく。色合いもいいと思います(笑)


171202_3.jpg


ちょっと内部があまり整理整頓されていないので全容を写すのは控えますが、なかなかいい出来です。
ガレージらしい飾りはなく、黒いメタルラックとか脚立とかが置いてある程度。
あと私が実家暮らしの時に使っていたスズキのアドレスv50も置いてありました。


171202_4.jpg


そして父の20年来の愛機:Kawasaki 750RS(ZII)との対面。
1974年式のいわゆるイエロータイガー(うり坊カラー)。
油冷のSUZUKI GSX-R750('85か86)を奥多摩の事故により破壊してしまった父がどこかのツテを利用して入手し、現在まで乗ってきているバイクです。


171202_6.jpg


小学校5年生の時に父の後ろに乗せてもらい、このBlogでも幾度となく登場している秩父高原牧場へ連れていってもらった時の写真です。
Altria少年は小さい時からAraiのヘルメットを被ってこのZに乗る父を見て(後ろに乗せてもらって)、「よーし俺も大人になってバイクに乗るならAraiのヘルメット被って"Kawasaki"って書いてあるバイク乗れば間違いないや!」と考える単細胞な大人に育ってしまいました(;´∀`)
でも実際この場合の「親の背を見て育つ」というのは大正解だったわけですね。


今でも色あせない誰もが認める名車ですが、20年間ノンO/Hの代償は大きく・・・
現在は大変調子が悪くまともに爆走れない状態。
さすがの父も白旗を上げており「もうO/H(ってかフルレストア)に出す」と申しております。
相当な費用がかかるのはずなのでいつになることやら。
今回の帰省時に私のZEP11から取り外したETC車載器を提供しているので、いつかバッチリ復活させてもらって役立ててほしいものです。


171202_7.jpg


そんな父が珍しく自分と一緒に昼食を食べに行くと言いだしたので隣町の空飛ぶ庭(フライングガーデン)へ。
これも北関東中心で宮城にはないので帰省中に行っておく必要があります。
そういやバイク無しでこうして一緒に過ごすのは初めてかもしれません。(言い過ぎ?)
口下手な父(自分もそうですけど・・・)ですが結構いろんな話をしました。バイクのこと以外にもそれなりに。
今となってはこういう時間も大切なんですかね。月に1度は帰省しているとはいえ。


171202_5.jpg


Zが元気になったらまた一緒にツーリングへ行きたいところです。
ZとMiyagi(Z900RS)が並ぶのが実に楽しみなところ( ´ω`)
その前に実家のガレージをおしゃれにリメイクしてみたい!


ガレージっていいね!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Motorcycle
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback

新たな愛機(予定)との面会!( ´ω`)

最近アジトの玄関の前でいつも待ち伏せしている”彼”がおります。


171104_5.jpg


この鮮やかなライムグリーンのカラーを纏った彼はカワサキからの使者のようです( ´ω`)
どうも「新たなサーヴァント(愛機)との契約の準備が整ったので是非お越しください」とのこと。
ちゃんと4日の土曜日に来店予約を入れましたよ( ´∀`)b
※実際のところTELがかかって来ていますw


171104_1.jpg


なかなかハードな1週間を終えての週末。
地下鉄を利用して六丁の目にあるカワサキプラザまで行ってきました。
写真がやたら遠目なのは単に撮っていなかったことを思い出して慌てて撮影しただけです(;´∀`)


お店に入って私のZEP11を担当してくれているメカニックの方と面会。
改めて廃車にする意思を伝え、Z900RSへの乗り換えを前提にお話を進めることにしました。
その前にZEP11から「スマホマウントホルダー」「大宮氷川神社の交通安全お守り」「ETCカード」、そして工賃が掛かるのは覚悟の上で「ETC車載器」の取り外しをお願いしました。
Z900RSには最新のETC2.0車載器が標準装備されていますが、先日帰省した時に実家の父がETC車載器だけ欲しいとのことだったので持ち帰れるなら持ち帰ることに。(その前にZII直せよ)
ありがたいことにサービスの範囲内?だったらしく、工賃0円でやってくださいましたm(*- -*)m


その後可愛らしい営業の方に引き継がれてZ900RSとのご対面。
先日のTMS2017では枠の外からしか見れなかったので、間近で見たり跨がってみたりできるのはこれが初めてです。


171104_2.jpg


私の購入希望でもあるメタリックスパークブラック
これはTMSでも展示されていないカラーですね。
本当はZEP11と同じ黄色火の玉カラー(パールソーラーイエロー)が良かったのですがラインナップになく・・・。
一応K's STYLEというカワサキの純正色を用いてのカラーオーダーがあるのでいずれそちらに回すか、次期ラインナップでイエローボールが出たらフューエルタンクとテールカウルだけ買って換装する予定です。
(色付きのデカールを貼っている部分があり塗装は難しいかもしれないので後者が現実的)
そもそもこのカラーでも十分なんですけどね。ちょっと心機一転ということで(笑)

2018.4.15追記・・・このカラーが気に入ったのでここの記述は削除しました(笑)


跨らせてもらいましたがきちんと両足べったり着きました。14Rと同じくらいの足つきですかね〜。
なので裸足だと踵が浮きます(;´∀`)
ZEP11と比べるとメーターが少し遠くなっています。
そしてZEP11と比べると驚異的な取り回しの軽さ。ハンドルとか軽く押しただけで旋回します。
まぁ重量が50kgぐらい違いますからね・・・。
ライディングポジションは大差なし。


既にYouTubeで動画がUPされていますが魅力的なエンジン音とエグゾーストサウンド!(ノ゚∀゚)ノ
よくこの時代にこんなサウンドを純正で実現してくれたもんです。
初代愛機のBarius-IIと同じくマフラー変えなくていいんじゃないかと思うくらい。
先にブレーキをいじりたい自分としてはありがたい限りでございます( ´∀`)b


171104_6.jpg


既に予約可能で今なら12月1日の発売日前後に納車可能らしいのですが、この日はZEP11の廃車手続きとZ900RSの見積書を作ってもらうだけに留めました。
というのも、示談こそ成立となったもののまだ入ってくる保険金の明細が明らかになっていないので、先に保険会社から書類が送られてくるのを確認しなくてはなりません。
これが届いて内容を確認したらすぐに契約に行きたいと思っております。
ただ12月に納車となって、来年1月に1ヶ月点検という流れになると思うのですがどこを爆走すればいいんですかね?(関東と道路事情が違うので)
そこは関東と環境が近い宮城なので何とかしますが、多分1月の1ヶ月点検が終わったらBASデポを使って埼玉の実家へ送ってしまうと思います。可能であれば自走。


171104_4.jpg


現在カワサキプラザではプラザモーターショーなるイベントの期間中なので、こんなものを頂いてしまいました。
Z900RSパッケージのチョコレート( ´∀`)b
「食べるのもったいないですよ」って前述の営業さんに話したら「包装を取っておいて中に代わりのものを入れれば大丈夫です!」とのお答えが。さすが可愛い女性が言うことは違いますね!(ノ´∀`)ノ


171104_3.jpg


無事に契約成立となるか!?
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Motorcycle
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。