The Zephyr...

ダ☆埼玉県からLet the good times roll!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Altria(アルトリア) on  | 

待ってたぜェ!!この”瞬(ry 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~二日目~

結局1週間に1記事しか書けていないという6月・・・(爆
6月のツーリングの記事どころか、5月のツーリングの記事すら書ききれていない、そしてそれ以外のBlogネタを投下出来ていないというかなり危機的な状況です(;´д`)
これはなかなかしんどいぞ・・・。7月に入ってもまだ5月の記事を書くことが確定してますからね(アホ


前置きがいきなり嘆きから始まりましたが、ようやく5月14・15日の福島ロングツーリングもこれにて完結。
奥会津の冒険から一夜明けた二日目の様子をお送りします(;´∀`)<遅い・・・


160515_おそと


最後の最後で体力の限界を向かえて死んだように眠りについた前夜(笑)
無事に翌朝起きることが出来ました(;´∀`)
外はなかなか良い景色です。お部屋の窓から。


さて、私が今回の福島ツーで泊まった宿ですが・・・。


160515_吉川屋3


ここ!


160515_吉川屋1


福島・飯坂温泉一の温泉旅館・・・!


160515_吉川屋2


”匠のこころ 吉川屋”でございます!(ノ゚∀゚)ノ ※この写真は外に出た時に。
何とあの天皇陛下も宿泊されたという由緒ある旅館。PBさん夫妻がギョッとするほど、ここ飯坂温泉では一番良いと言われているすごいところです・・・(ノ゚∀゚)ノ
というのも、某宿サイトで宿泊先を探しているとき、真っ先に見てしまったのがここ。(の温泉。)
他のところ(ホテルとか)を見るとお部屋は良くても温泉が・・・という感覚だったので、せっかくだから旅館に泊まろう!という意気込みでここにしてしまいました(笑)
実際私が宿泊を伴うロングツーリングに出撃したのは何と5年ぶり!(;゚Д゚)
というか、ZEP11では初めての体験だったのでこれは最高の舞台を選んでしまったということですね。
よくよく考えたら、普段旅行に行くことも全然無いってことに気がついてしまい、もったいないという心境です・・・(--〆)
ライブとかで宿泊というのは近年何回かあったんですけどね。


160515_廊下


朝起きたらまずは朝食の会場へ。
朝食付きのプランで予約してあったのです。腹が減っては戦は出来ぬといいますからね(笑)


160515_朝食を


エレベーターを降りて会場へ(((*ノ・ω・)ノ
これは館内の写真ですが結構広いのですよ。バーとかもあるし。
この旅行ならではの?非日常感って結構いいですね(ノ´∀`*)


160515_朝食


盛り付けはあまりキレイではありませんが、朝食はバイキング方式。
何と福島の郷土料理がたっぷり堪能できるという素晴らしい朝です(ノ´∀`)ノ
写真に写っている”いかにんじん”はもちろん、”ラヂウム卵(ラジウム)”に至っては4つも食べてしまうというザマ(;´∀`)
これが良い旅館ってやつですね~。朝からたっぷりいただきました(ノ´∀`)ノ


朝食後は朝風呂を浴びるために温泉へ(((*ノ・ω・)ノ
ちなみに温泉は2つあって、時間帯で男女切り替えを行うという仕組みです。
朝の時間帯だと昨晩入った温泉とは逆の温泉に入れるというので、1泊で2度オイシイ思いをさせていただきました(ノ´∀`*)
予約をすれば貸切温泉もあるみたいですよ。


160515_素晴らしい旅館でした2


おいしい食事と気持ちいい温泉のおかげですっかり体力も回復!
チェックアウト前に少しばかりおみやげも調達。
初日の時点でかなり充実した福島ツーでしたが、この吉川屋のおかげでもうお腹いっぱいな思いになりました(笑)
確かにお値段は張るし、滞在時間はかなり短かったけど、それでも十分な思い出となったのでここを選んだのは大正解でしたね(ノ´∀`)ノ


160515_2日目の朝ZEP11


清算を済ませ非常に重たいシートバッグを持って外へ(((*ノ・ω・)ノ
愛機ZEP11は旅館入口のすぐ脇の自転車置き場的なところに停めさせてもらっていました。
あまりにも荷物が重そうだったせいか、旅館のお若い仲居さんが飛んできて「お持ちしますよ!」とまで言われてしまう始末・・・(;´∀`)
もちろん、お気持ちだけ受け取らせていただきました。


160515_ヨークベニマル


外観の写真を撮り、旅館の方々に見送っていただいて出発(((*ノ・ω・)ノ
実は二日目のプランは全然決めずに出撃した今回のツーリング・・・。
手始めに一昨年立ち寄れなかった、現地のスーパーマーケット「ヨークベニマル」に立ち寄りました(ノ´∀`)ノ
イトーヨーカドーのパチモンくさい親戚的なご当地スーパーですね。


160515_酪王カフェオレ


お目当てはこのご当地ドリンク・「酪王カフェオレ」!(ノ゚∀゚)ノ
福島県郡山市の企業・酪王乳業株式会社が製造する、福島の隠れた名物でございます(ノ´∀`)ノ
一昨年は弾丸ツーだったこともあってこれを売っているところには立ち寄れなかったので、今回は必ず手に入れようと目論んでおりました(笑)
埼玉の森乳業株式会社が製造する、「わたぼくコーヒー」のライバルにあたりますね( ゚∀゚)


もちろんお味は良かったです。牛乳の味がしっかり生きていて、ほんのりしたコーヒーの甘さが良いアクセントになっておりました(ノ´∀`)ノ
ただ、200mlくらいの縦長の紙パックでは売られておらず、500mlの紙パックの購入を余儀なくされるため、飲みきるのに大分時間がかかりました・・・(;´∀`)


飲みきった後はベニマル隣の本屋に立ち寄って毎月買っているブツをわざわざ福島で購入するという謎の付加価値を付けたりCD屋で中古でお買い得のCDを買うかどうか迷ったりなどの奇行をやらかしながらものんびり過ごし、お昼少しくらい前に次の目的地へ向けて出発(((*ノ・ω・)ノ


160515_LL.jpg


・・・そう!
一昨年も爆走っている磐梯吾妻レークラインを再び爆走ります(ノ´∀`)ノ
残念ながらクルマが少し多かったけど、それでも爆走りやすさはあの時と変わらず。
楽しいワインディングを堪能させていただきました(ノ´∀`)ノ


160515_モンキー


ちなみにレークラインの途中で野生のモンキー(猿)と遭遇(;´∀`)
福島では珍しくないと聞いていましたが本当でしたね(笑)
かくいう埼玉でも秩父のほうへ行けば普通にいる(千葉では有名な”キョン”も生息してますよ)ので妙な親近感が・・・(;´∀`)
しっかりカメラ目線をキメてくれましたよ(ノ´∀`)ノ
※実際接近してきたため襲われないかビビってたのは秘密です。


160515_レークラインの途中


途中でこれまた一昨年に立ち寄った展望台的な場所に。
後ろのフィットさえいなければいい写真が撮れそうだったのに
前回は特に写真を載せていないので・・・。


160515_発電所?


湖の奥に見える何かの建物。
発電所・・・にしては外観がそれっぽくないような。


160515_到着


展望台を後にして少し爆走れば目的地に到着です(((*ノ・ω・)ノ
やはりツーリング日和なのでバイクの台数も多かった気がしますね。


160515_五色沼


そう、五色沼(毘沙門沼)!(ノ´∀`)ノ
今年も帰ってまいりました。この美しい風景は忘れられません(ノ´∀`)ノ


160515_ボート1


160515_ボート2


やはりエメラルドソードグリーンの景色は個人的にたまらないですね~(ノ´∀`*)
「ずっと眺めていたい景色」というのが人それぞれあるかと思いますが、私は個人的にここ五色沼(毘沙門沼)がその1つになっています(ノ´∀`)ノ
個人的に2枚目の写真はお気に入りです(笑)


160515_磐梯山


そしてここから眺められる磐梯山を忘れてはいけません。
一昨年と比べると天気も快晴で雲も水蒸気も無く、その火口壁が良く見えて大満足です(ノ´∀`*)
細かい解説とかは一昨年を見てね~。


160515_コイ


もちろん、沼のコイたちも元気そうにスイスイと泳いでおり、お互い再会を喜びました(ノ´∀`*)w
なんか動物の写真って絶対撮っているような気がしますね~。


のんびりとお気に入りの風景を堪能し、時間も午後1時か2時をとっくに過ぎていたので、そろそろお昼へ・・・。
これまた一昨年行った「めでたいや」でジャンボソースカツ丼を食そうと企んでいたのですが、所要時間を調べてみるとなんと1時間以上・・・。
さすがに後のことを考えると遠すぎるかな~と思い、どこかもう少し近いところは無いのかと考えた矢先に前夜「まんじゅうの天ぷら」についてアツく語ってくれたPBさんを思い出しました(笑)
それにより次の行き先決定です(ノ゚∀゚)ノ


160515_目指せてんぷら


というわけでめでたいやとは正反対の方向(だった気がする)へ向かってZEP11を爆走らせます
(((*ノ・ω・)ノ
こちらのルートだと確か30分弱で到着。
またもワインディングの応酬に応えます(((*ノ・ω・)ノ


ナビ頼りだったのでどういう道を爆走してきたのかよく覚えていませんがほぼ時間通りに到着!


160515_緑の村看板


それがここ・・・。


160515_緑の村


「猪苗代 緑の村」でございます(ノ゚∀゚)ノ
ここは猪苗代にあるテーマパーク(Wikipedia調べ)で、1989年から猪苗代市が運営している施設。
水族館や展示館などがあり、PBさんが突発的に家族サービスをする時の駆け込み寺的な存在だったとも言われています(笑)
この写真の後方にある駅舎にPBさんが愛する”アレ”が売られているのです・・・!


160515_運賃表



その駅舎は”駅舎亭”という名前で営業されており、なんと旧国鉄翁島駅舎を移転復元した建物で食事を楽しむことが出来るのです(ノ゚∀゚)ノ
先にオーダーを済ませ、その間に写真撮影を敢行します(((*ノ・ω・)ノ


160515_古い電話機


まずこちらは古い昔の電話機。無論私も実際に使用したことはありません。
これを見ていたら最近Twitterでもちょっと拡散されて話題になった「宇多田ヒカルのデビュー曲”Automatic”は、現代の若者に意味が通用しなくなったため、注釈が必要」という話を思い出してしまいました(;´∀`)
※勝手に引用⇒7回目のベル※1 で受話器※2を取った君 名前を言わなくても声ですぐ分かってくれる※3」
※1 昔の着信音や呼び出し音のこと。この場合は呼び出し音。
※2 昔の電話についていた、通話時に本体から取り外し耳に当てる部分。
※3 昔の電話は着信時に相手は表示されなかった。



160515_おしゃれなライト


こちらは奥の部屋にあったオシャレなライト。ちょっとアンティークな感じがイイですね(ノ´∀`*)


そうしているうちに注文したお料理が出来上がったので、受け取って座席へ。


160515_天もりそば


昨日に引き続きまたも天もりそば。
PBさんがここに来たときは暖かいそば?にしていたので頼んだ後でしまった!と気が付いても後の祭りでした(笑)


160515_まんじゅうの天ぷら


そしてこれを忘れてはいけません。
会津地方(猪苗代でも)名物・まんじゅうの天ぷら!(ノ゚∀゚)ノ
PBさんが以前から僕に熱烈にオススメしている隠れ?ご当地フードであります。
やはりせっかくここまで来たのなら現地でしか味わえないものを味わっておかなければもったいないですからね!


160515_そばつゆへ


一口だけそのままの味を味わい、 そのままそばつゆへIN!(ノ゚∀゚)ノ
後で調べて分かったことですが、このまんじゅうの天ぷらはデザート的なものではなく、れっきとしたおかずの1つとして広く知られているようです。
よって、このようにそばと一緒にいただくのは少なくないようです。
PBさんもこの食べ方がお好きなようで、最初聞いたときは非常に疑わしかったのですが、前夜アツい思いで語ってくれたPBさんを信じて実際に食べてみた結果絶妙なコンビネーションでした(笑)
モノは試しというヤツですね(ノ´∀`*)


160515_駅舎入口


初体験に感動しつつ(笑)、駅舎を後に。もうお気づきの方も多いかと思いますが、
肝心の駅舎全体の写真を撮る事を失念しておりました。(ノ_-;)
これはいけないことです。
ついでにヨークベニマルで一気飲みした酪王カフェオレの効果が発動され、お腹がグルグルしてきてしばらくトイレに篭城したのもここだけの話です(´Д`|||)w


他、水族館とかもちょっと興味があったのですが時間の都合もあるので今回は駅舎のみで・・・。
ここから埼玉へ帰還するのであれば磐越自動車道を経由して東北自動車道に入り南下・・・というルートになります。


160515_福島市へ


が!
そのままストレート帰還へとは行かず、福島市を目指して再び北のほうへ駆け抜けますヽ(#゚Д゚)ノ
もちろんあの長いことで有名な「土湯トンネル」を通過して行きましたよ!


160515_ブランコ


そして無事にたどり着いたのはPBさんのお家でございますm(*- -*)m
実は前日、「帰りがけにうちに寄っておいで。」とお声がけいただいたため、お言葉に甘えてお邪魔させていただきましたm(*- -*)m
長女さんとも久しぶりにご挨拶。奥さんはご不在。
実は今回奥さんがいろいろとお気遣いをしてくださっていたのでぜひともご挨拶したかったところではありますが、今回は長女さんとPBさんによろしくお伝えくださいということでお願いしておきましたm(*- -*)m
画像はPB家の庭に新設されたブランコさんです(笑)


160515_さらば


そして17:00過ぎ頃、とうとう埼玉への帰路につく時間がやってきました。
一昨年と同じような風景。楽しかった2日間がゆっくりと終わりはじめています。


160515_ZとNとV


ここでPBさんたちとお別れ。写真は私のZEP11・PBさんのNinja号・長女さんのVitz号という非常に珍しいスリーショットです(ノ´∀`*)w


160515_那須高原SA


PBさん家を後にし、福島ICから東北自動車道へ。
那須高原IC・上河内ICで休憩を取りつつ約250kmを爆走り続けます(((*ノ・ω・)ノ


160515_埼玉へ帰還


そして21時半くらいに無事埼玉へ帰還!(ノ´∀`)ノ
ス○ーキの○んにて遅い夕食をとって体力を回復。
そのままアジトへ帰宅・・・


160515_何かいる


・・・する予定だったのですが・・・。


160515_迷子


帰還直前で迷いイヌ(柴犬)に遭遇。
どこかから脱走?してきた様子で、近付いてこっちへ来るよう促しても「ウー」と唸る始末(;´∀`)
この後クルマを運転してきた母娘の二人組みや、謎の外国人らが現れてどうにかしようにも全く近寄らないイヌに手が付けられず。
やむを得ずこうして写真だけを撮り、もし飼い主が探しているような話があれば情報提供するということでケリをつけました(笑)
⇒後日保護されたっぽいです。


最後の最後でこんなオチがありつつも、22時30分頃に無事アジトへ帰還!
2日間の福島ツーを事故無く閉幕へ導くことが出来ました!(ノ´∀`)ノ


<本日の走行距離>
501.1km
+初日623.5km=2日間の合計:1,124.6km!



160515_吉川屋の前にて



こうして無事、久しぶりのロングツーリングとして福島の旅を終わらせることが出来ました(ノ´∀`)ノ
2日間とも天候に恵まれ、なおかつ後日PBさんからの情報提供により知ったのですが、初日のラッピング電車はあの日でしか見られなかったようなので本当に神日程だったようです(ノ´∀`)ノ


そして2日間ともブロ友・PBさんには大変お世話になりましたm(*- -*)m
実はロングツーリングのみならずマスツー自体がかなり久しぶりだったという。。。
PBさんがいらっしゃったからこそこの2日間があったと思っていますm(*- -*)m
感謝感激です!(ノ´∀`)ノ


以上!
Blogに書き終えるのに1ヶ月以上も費やした計三部作の福島ロングツーリングレポでした!(ノ´∀`)ノ



<関連リンク>
初日前編:待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日前編~
初日後編:待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日後編~
一昨年のツーレポ:「この時代、咲いてみようじゃないの。」ZEP11とNinja400Rで弾丸福島ツアー!(ノ´∀`)ノ


また行きたいですな!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif


(追記)

スポンサーサイト
Category : Touring Briefing
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  1 trackback

2016年シーズン本格開幕!群馬・伊香保温泉へ2年越しの復讐ツーリング!(ノ゚∀゚)ノ

「Altriaくん。前回の更新から20日も経過しているけど、コレは一体どういうことなのかな?」
(↑天の声)



はい。
言い訳のしようがございません(ノ_-;)



実はBlogに書きたいことが結構ありまして、それらを元手にかつてのような更新を再開できるかな~と思っていたのですが、現在の生活だとBlogに割ける時間がなかなか確保、今後どうしようか本気で悩んでいるところです(;´д`)
気がつけばもうGWに突入しているというオチですからね~・・・(--〆)


というわけで、どうにかして更新していきたいと思います!
もう2週間も前になってしまいましたが、今季初の本格ツーリングとして、群馬県の伊香保温泉へ突撃してきた時のツーレポをお送りします!(ノ´∀`)ノ♪


160416_R17の道中


もしかしたら覚えておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、私は2年前に伊香保温泉へツーリングに出たことがございます。
それがこちらの記事。⇒これはゴ○ゴムのしわざだ!てなわけで榛名山&伊香保温泉Touring!・・・未遂!(ノ´Д`)ノ
しかし、当時榛名山までたどり着いてみるとマラソン大会の真っ最中で交通規制が掛かっており・・・。
交通規制が一部解除された瞬間を狙って伊香保温泉まで行こうと企むも大渋滞の中で道を間違えるというインドの人もビックリな大失態を犯し、なくなく撤収したという米国で映画化したら皆が涙するような壮大なエピソードがございます。(えっ



しかし、今回はそのような縛り(?)もなし!
安心して温泉を目指すことが出来るわけです!(ノ´∀`)ノ
ルートはR254⇒R462⇒R17⇒R406の、一昨年とほぼ同じルートでございます(((*ノ・ω・)ノ
(昨年の記事を見直してみると”R452”って書いちゃってますね・・・訂正しましたm(*- -*)m)
R406の方だと遠回りにならないか?というご意見があるかもしれませんが、こっちのほうがワインディングを楽しむことが出来るというバイク乗りにとってはたまらない好ポイントがあるのです!
(ノ´∀`)ノ
なので迷わずこのルート構成にしています。


160416_榛名山へ


てなわけで今回は全く道に迷うことなくスムーズにR406入りを果たし、そこから榛名山方面へ向かって進行!(((*ノ・ω・)ノ
コレといった渋滞も発生しておらず、怖いくらいにサクサクと爆走ることが出来ていましたねー!


160416_榛名神社で


予定よりもラクに爆走れていたのもあり、今回は榛名湖(榛名山)方面へ向かう前にここへ立ち寄ることにしました(((*ノ・ω・)ノ
一度ZEP11はここでお留守番でございます。


160416_榛名神社正面


そう、ここ榛名山の神様を祀っている『榛名神社』でございます!(ノ´∀`)ノ
作られたのはなんと927年!(;゚Д゚)
この都会の喧騒とは無縁の山奥(ってほど山奥でもないか)に、1,000年以上の歴史を刻んできているというわけですね。


160416_坂道


神社の入口まで結構長い坂道があります。
もちろんこの道沿いには茶屋などのお店が並んでいるというわけですね。
前述の大鳥居は一度坂を下ってから撮影しました。


160416_ヌェコ


坂を上っていると真っ黒なヌェコと遭遇しました(ノ´∀`)ノ
なかなか正面を向いてくれなかった・・・ってか寝っころがってばかりでした(笑)


160416_最初の鳥居


坂を上って、こちらが参道の入口、『ニノ鳥居』になります。
ちなみに『一ノ鳥居』は5km以上坂を下ったところにあるそうです。誰だよそんなところに鳥居作ったの。
実はここからが長いのですよ・・・!


160416_案内図

これが先ほどの鳥居をくぐってすぐのところに設置されている案内図の大きな看板。
本殿まで参拝するにはなんと550mの道のりを約15分ほど掛けて歩んでいく必要があるのです!(;゚Д゚)
なかなか気合の必要な寄り道?になりましたがこの日の私に怖いものなどなかったので、そのまま突☆撃です!(ノ´∀`)ノ


160416_随神門


道を進むとすぐに国指定重要文化財である『随神門(ずいしんもん)』が待ち構えています。
現在は明治39年(1907年)に祀られた随神像が迎えてくれます。
ちなみに「随神」とは、ご社殿や神社社地などを守る神様のことらしいです( ,,´・ω・)ノ
あろうことに正面からの写真を撮り忘れたんですけどね。


160416_途中で


ちょうど中間辺りで売店があるエリアにたどり着きました。ちょっとしたチェックポイントですかね。


160416_流水1


160416_流水2


湧き水?らしきお水がゆるやかに流れておりました。口はつけなかったけど美味しい水なのかな?


160416_試練


だんだんと坂がきつくなってきた気がしなくもないですが、ここで後戻りするのは漢の恥でございます。
ひたすら上り続けるのみです!(ノ´Д`)ノ


160416_瓶子の滝


本殿のお手洗い場のところで滝を発見!
『瓶子の滝』(みすずのたき)という、落ちている両脇の岩を瓶子(みすず)岩と呼んでいたことからそう名づけられた滝が見られます。
何でもここ、遊歩道から滝つぼまで見に行けるんだとか・・・?


さすがに滝つぼまでは行かず、このまま本殿まで進みます!(ノ´∀`)ノ


160416_榛名神社本殿1


ようやく本殿までたどり着きました。この550mは長かった・・・(ノ∀`、)


160416_榛名神社本殿2


この本殿もまた重要文化財ですね。文化三年(1806年)建立されたそうです。
見ての通り数々の美しい彫刻が守られています。
こうして歴史ある神社1つ1つをとっても、それぞれ独特な特徴が見られるのは参拝のいいところですよね~( ´∀`)


というわけで早速参拝しようと思ったのですが・・・。



































-そのときふしぎな事が起こった-







































160416_金で話をつけよう


ええ。気が付いてしまったのですよ。
サイフをシートバッグの中に入れたまま上ってきてしまったことを。(;゚Д゚)


かといってこの道のりをもう1往復する気には到底なれないので・・・
仕方なく、御賽銭を納めずに参拝し、次回来るときに2倍納める事を一方的に約束して下山しました(ノ_-;)
いやーこれ大失態ですね。デートで言えばディナーの場所を予約し忘れたくらいのインパクトがありますね(多分)。
皆さんはこのBlog主のような失態を犯さないようにしてくださいね。
普段は私はこんなんじゃないです、多分(´Д`|||)


あとは下山してすぐに榛名湖方面へ!さほど時間は掛かりません。
ここまで来る道のりは本当にワインディングを楽しめるルートとなっており、久しぶりの本格ツーリングをより一層引き立ててくれました(ノ´∀`)ノ


160416_榛名湖


てなわけで、2年ぶりの榛名湖到達です!(ノ´∀`)ノ
比較的ボートは少なめでしたかね。


160416_はくちょう丸II世


榛名湖のマスコットキャラ”はくちょうまるII世”も元気そうで何よりでした(ノ´∀`)ノ


160416_榛名湖沿いを爆走る


とはいえ、もう前回来たときにイヤというほど榛名湖周辺は楽しんだので、少し写真を撮った後は速やかに伊香保温泉まで移動します(((*ノ・ω・)ノ
無論今回は大渋滞や交通規制も無く、すぐに到着しました!


160416_石段街入口


160416_ゆるキャラ


ここが夢見た群馬県・伊香保温泉の石段街でございます!(ノ´∀`)ノ
草津と並んで群馬を代表する名湯・・・2年の時を経てようやくたどり着きました(ノ∀`、)


160416_石段街から


入口には温泉・・・?か何かが真ん中に流れておりました。
さすがに飲んじゃダメですからね!


160416_365段は長いよ


160416_段数


この400年以上の歴史を持つ伊香保温泉の温泉街。
その最大の特徴とも言える石の階段は365段!(;゚Д゚)
一番奥地にたどり着くにはこの階段全てを上っていく必要があるのです・・・!
先ほどの榛名神社と同じでまた試練・・・と言いたいところではありますが、温泉街はただ上るだけではなく街並みを楽しみながら上っていけるのでさほど苦ではありませんね(ノ´∀`)ノ


160416_アヒル


160416_石段街1


そんなわけでさっそく上りはじめます(((*ノ・ω・)ノ
この石段沿いにはさまざまなお店が観光客を呼び込んでおりました。これもまた良い風景ですよね!


160416_石段街2


こんな路地にもお店があります。何ともいえない風情が溢れております。


160416_石段街3


恐らくこのあたりが一番多く観光サイトや本に載っている風景じゃないでしょうか?
ある意味「顔」とも言えますかね?(ノ´∀`*)
ちなみにこの温泉街が形成されたのはなんと戦国時代。
あの長篠の戦いで負傷した武田兵の療養場所として使われていたそうです。石段もこのときにできたんだとか。
その時代から後の大戦を生き延びて現在まで存続しているというのがすごいですね。


160416_石段街4


こちらはもう石段をほぼ上り終え、伊香保神社の入口すぐの風景。
エアコンの室外機はこうして置かれるんですね~。


160416_伊香保神社鳥居


ようやく石段を上り終えたところで伊香保神社を参拝。
本日2社目の参拝ですね。


160416_伊香保神社


ここではちゃんと御賽銭を納めて参拝m(*- -*)m
伊香保温泉を守っています。


ちなみにこの伊香保神社からさらに上っていくと(しつこく上るねこの日は!)、伊香保温泉の源泉噴出口が見られます!
これを見ずにはいられないし、しかもそこには『伊香保露天風呂』もあると聞いたらもう行くしかねえだろうがよおォォォォォ!(ノ゚∀゚)ノ


160416_Ontheroad.jpg


若干人里離れた感のある道を進んでいきます。クルマ1台通るのも結構しんどそうな道のりです。


160416_Destruction.jpg


途中でえらくキレイに破壊された?家を発見。思わず撮ってしまいました。
確か温泉の蒸気に含まれる成分か何かで家やテレビ等の機器がボロくなったりダメになったりということがあるんだとか。
(それで逆に有名になった超オンボロ温泉旅館があったはず)
この家もその例なのでしょうか?でも他の家はキレイだからそれは無いかな・・・。


160416_イヌ


同じく途中でイヌを発見。
コイツも全然こっちを見てくれなかったのがイタイです(;´∀`)


160416_伊香保温泉飲泉所


温泉まであと1歩のところでこんな場所が。
どうやら温泉を飲めるようです。


160416_温泉水


早速1杯いただきました。
味は・・・ノーコメントで(爆)


上り続けてようやくたどり着きました!


160416_噴出口1


ここが!
伊香保温泉の源泉噴出口でございます(ノ´∀`)ノ

見ての通りきちんと整備されており、その噴出口を見ることが出来るのです!


160416_噴出口2


ちっとあまり上手く撮れていませんが、それがこの写真。
ガラスドームの中でその長い歴史を歩んできた伊香保温泉の噴出口が今でも元気にしています。
こういうのを見られるのってなかなか素晴らしいです(ノ´∀`)ノ


160416_露天風呂1


160416_露天風呂2


そしてこの噴出口の向かい側に、『伊香保露天風呂』があります(ノ´∀`)ノ
ホント文字通り「山の中」にありますね。これがまた良いポイントです( ´∀`)bグッ!


入湯料450円を支払って温泉へ。もちろん源泉掛け流し、ホンモノの”温泉”です。
春ではツツジ、秋ではモミジと・・・1年を通して四季を通じて楽しめるスポットです。
2年越しでようやくたどり着いたEL.DORADO・・・じゃなくて、伊香保温泉は格別のひとときを与えてくれました(ノ∀`、)
久々の温泉は、これまでの苦労や、昨年の不甲斐無い1年をキレイに洗い流してくれたと思います
(ノ´∀`)ノ



160416_石段うどんの看板


温泉を十分楽しんだ後は石段街へ戻り、昼食を求めます(((*ノ・ω・)ノ
射的屋さん?の近くにこんな看板があったので、この『石段うどん』を食べることに決めました!


160416_石段うどん


この石段うどんは近くの旅館内で食べることが出来ます。
写真は残念な出来栄えになってしまいましたが、豚肉と長ネギがたくさん入った暖かい汁に付けてたべるうどんは地元の天然水でしめられているからかこれといった独特な香りも無く、ハリがあって美味しかったです(ノ´∀`)ノ
ただ、量がちょっと少なめだった気がするので、やはり大盛りを頼んでおくべきでしたね~。


160416_湯の花まんじゅうの田中屋


帰る前にこのおまんじゅう屋さんにて、最近お世話になっている方々向けにお土産を購入(((*ノ・ω・)ノ
なんと賞味期限がわずか2日間のみ・・・大丈夫です、急いでお渡ししましたよ(笑)


160416_後に


温泉に食に写真にと・・・
いろいろ楽しんだ伊香保温泉を後にします(((*ノ・ω・)ノ
よくよく考えたら片道2時間30分くらいで来られる場所ですからね。
また来たいと思います!(ノ´∀`)ノ


160416_伊香保の桜


そうそう、伊香保温泉にはまだ桜が残っていました(ノ´∀`*)


160416_遠目から


160416_パノラマ街道


帰りは前橋市方面へ続く『上毛三山パノラマ街道』を通過して前橋市へ寄り道をします(((*ノ・ω・)ノ
ちなみにこの写真では空いているように見えますが、温泉街付近の対向車線を見てみると結構渋滞している様子・・・やはり私のルート構成は大正解だったようですね~( ´∀`)bグッ!←自画自賛


160416_星乃珈琲


約20kmほど爆走り続けて前橋市内に到着!
そして国道沿いにある”星乃珈琲”にて帰還前のTea Timeを楽しみます(ノ´∀`)ノ
ここの釜焼きスフレパンケーキとアイスコーヒーは(ちょっと値は張りますが)身近で手軽に楽しめる特別なSweets Setであります(ノ´∀`)ノ
ソースが3種類から選べるのですが、個人的には黒蜜をオススメします( ´∀`)bグッ!
写真は撮り忘れたので(汗)、昨年の記事で確認しておいてください(;´∀`)


160416_帰路へ


あとは来た道を戻ってストレート帰宅!
久しぶりに最初から最後までストレス無く充実したツーリングとなりました!(ノ´∀`)ノ


<本日の走行距離>
230.3km



160416_ZEP11atHarunaLake.jpg


昨年がウソのように楽しめた1日でした!
冒頭で触れたとおり、既にGWに突入しているのでツーリングへ行きたいところではあるのですが、残念ながら他の予定がいっぱいでバイクに乗るヒマが無さそうです。(もちろんそれらの予定は全てポジティブなものなのですが)
しかしGWが明けたら少なくとも2度の大きなツーリングが予定されています!
そちらのツーリングもこの日のようにストレス無く最初から最後まで楽しめることを祈りたいです(ノ´∀`*)
榛名神社で御賽銭納めなかったツケが回ってくるよなんて言うんじゃない!


誰かBlogを更新する時間をくれ!(ノ´Д`)ノ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Touring Briefing
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback

地響きを感じるほどの落雷の結果。

-そのとき不思議なことが起こった-



いつも当Blogをご覧いただきましてありがとうございます。
今回スマホからの投稿になります。


9月1日(日)にダ埼玉を襲った雷が原因なのか、管理人Altria(アルトリア)の潜伏しているアジトのインターネット環境が壊滅状態に陥ってしまいました。


現在復旧に向けて動こうとしているのですが、メドが立っておりません。
一応、週末の予定だけ書いておこうと思います。


9/8(日)は、福島県の箕輪スキー場にて行われるKBM祭り(カワサキバイクマガジン祭り)2013へ参戦する予定です。
小雨程度であれば参戦しますが、しっかり雨が降るようでしたら参戦を取り消す予定です。


当日、参加されるカワサキライダーの皆さまはお気を付けて!
運悪く管理人を発見してしまったら温かい目で見守ってください。


ちなみに前日の9/7(土)はSHIBUYA-AXにてChildren Of Bodomのライブに参戦します。
・・・死ぬ。


以上、業務連絡でした。



にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

Category : Touring Briefing
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。