The Zephyr

彩の国↔︎杜の都からLet the good times roll!

自作PCのBDドライブをMacのために外付け化してみたの巻

前回の記事より時間は1ヶ月ほど進んで8月10日のお話。
「さて、(前回の記事の)答え合わせといきましょうか。」
(このフレーズにピンと来たアナタ、きっと良い友人になれそうです。)


170810_1.jpg



「ラトックシステム製・5インチドライブケ〜ス〜!(ノ゚∀゚)ノ」(¥13,500)


を、仙台駅東口のカメラはヨ●バシカメラで購入してきました。
これを用いることによって自作PCに搭載していたLG製のBDドライブを外付けドライブ化することが可能になるってわけです。


170810_2.jpg


・・・わざわざ外出ししなくても、普通の外付けドライブ買えばよかったじゃんと思われる方も多いとは思います・・・(;´∀`)
実際当初はそれを検討していたのですが、ありとあらゆる外付けドライブを物色したものこピンとくる品物が無かったんですよね。
それから既成品は全般的に振動・騒音共に大きい傾向があり、場合によってはACアダプタも必要になったりと・・・。
懸念が多過ぎて絞り込めず。
それに対してこの手のドライブケースであれば今まで安心して使ってきたBDドライブを引き続き使用出来る他、"後にもっと高性能なドライブに載せ換え可能”だったり、"スリーブを耐震性の物に交換してCDリッピングの音質UP"など、ある程度の拡張性があるという利点があります。
最近はBru-rayを上回る4K対応のULTRA-HDとか出始めてきていますからね。
正直かなり値の張る買い物になってしまいましたが、8月は夏期連休での帰省もあり、実家であれこれ映画のBDを見てのんびり過ごしたいなと考えていたので思い切ってしまいました(笑)


170810_3.jpg


付属品はドライブを止めるためのビス2種類にUSB3.0ケーブル、それから電源ケーブルです。
この電源ケーブルがかなり短くてあまり実用性がないので、自作PCで使っていたケーブルを流用しています。。。
USB3.0なのも購入の決め手。これの半額近いお値段のケースもあったのですが2.0規格な上に超チープな作りらしくネットでも不評の嵐。
やはり多少は高くても信頼性の高いものが欲しいと考える派です。


170810_4.jpg


早速自作PCからBDドライブを引っ張り出してきました。
ここから組み立て開始です。


170810_5.jpg


まずはドライブケースのスリーブをスライドして外し、中の金属製のカバーを取り外します。


170810_6.jpg


この中にドライブを搭載します。内部には40mm冷却ファンが付いておりこれがドライブの冷却の役割を果たしてくれます。
その他の基盤や配線類はすべて上から見て右側へスマートに集約済み。コード類が絡まる心配はなさそうです。


170810_7.jpg


装着前にドライブの製造年月日を確認。
2010年10月22日。7年前ですか・・・。
この頃は人生初のバイク(Barius-II)を手に入れて2ヶ月くらいだったり、9月に人生初MetallicaのLiveを堪能したりとまだまだ若い時代でしたね・・・(ノ∀`、)
歳はとってしまいましたが、気持ちはあの頃と大して変わっていないと思います(笑)
このドライブも私と一緒にまだまだ頑張って欲しいです。
(Pioneer製のいいドライブに変わるまでは)


170810_8.jpg


早速ドライブを装着し、ビスで止めていきます。
確か裏面と背面、それぞれ4ヶ所ずつ違うビスを使いながら計8カ所を止めていきます。


170810_9.jpg


あとは金属製カバーを被せ直し、ケースのスリーブを元に戻せば組み立て完了です。
これといって迷うところは無いくらい簡単なのですが、金属製カバーを戻す時にちょっとコツがいるくらいですかね。


170810_10.jpg


CD・DVD・BD3種類すべてを使って動作チェック。
Macには元々Blu-ray再生機能が無いので、"Mac Blu-ray Player PRO"(試用版)をインストール。
左上に小さくロゴが出てきてしまいますが取り急ぎこれでBDの再生も可能です。
結果、特に致命的な問題は見受けられませんでした。これで画面の中の彼みたいにドヤ顔できます。


・・・しかし、これはこれで別の気になる点が。


170810_11.jpg


まず、サイズがデカイ!
私の手が小さいというのもあるのですが、想像よりはるかにデカイ。
普通の外付けドライブの1回り以上あります。これだと実家への持ち運びが大変です。
元々あくまでも「自宅で据え置きとして使用する」用途でこのような仕様になっていると思うので、仕方のないことですが・・・(´Д`|||)
ちなみに現在使用しているスーツケース(容量36ℓ)にはとても入れられないです。スペース食い過ぎ。
幸い長期休暇の時にしか持ち運ばないので、何か持ち運びやすくなるよう対策を考えます。


次に、冷却ファンが少々うるさい。
自作PCの時よりはマシですが、結構音がします。
別に夜中使えないほどというわけではないのですが、ちょっと気がかりですね。
これは同じように外付け化した人たちの多くが感じているらしく、そうした人たちは静音ファンを購入して換装していることが多いようです。これで100%解決になるんだとか。
それらのファンのお値段も1,500円前後。
私も例に倣ってそうしようと思っていますが、年末くらいまでお預けかな・・・。


と、こんな感じで私は「Macユーザーとして光学ドライブはどうしているか問題」を解決しました。
ドライブケースが高額だったので、これは意地でもハイスペックなBDドライブとリッピング用の静音スリーブを導入したくなりますね。いつになるかは分かりませんが・・・(;´∀`)


今のところ、PC周りは落ち着いていますがまだまだ快適化(?)を図っていく予定です。


でもやっぱりアジトに大きくて高画質なTVとBDレコーダーと革張りのソファとローテーブルが欲しい!(;´∀`)
映画好きの夢です(笑)

最近は全然BD見てない・・・。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

PCを自作PCからMacBook Airへ変えてみたの巻

過去ネタ消化中の今日のこの頃です。
もう3ヶ月も前の話になりますが、実は仙台へのアジト移転後にPCを買い換えました。


170708_5.jpg


・・・って言っても、以前書いた記事のいくつかでちょいちょい顔を出しているので、何となくご存知の方も多いのではないかと(;´∀`)
(こちらの画像もBlog再開時の記事から。)


170702_1.jpg


買い換えたPCはコチラ。
意識高い系大学生の必需品"MacBook Air(Early 2015:1.6 GHz Intel Core i5)"です。


買い換えたきっかけですが、
・当分の間埼玉の実家と仙台アジトを行き来する生活が続くため、PCを持ち運べるようにしたかった

・SSD換装により自作PCを蘇らせたものの、グラボ辺りが大変不調で度々画面が消える→復活という動作が繰り返されていた
(映画を見ている時にこれやられると不快で、最悪そのまま見られなくなり結局再起動というケースもあり)
交換するにもPCの中身自体が旧世代(ほとんどが2012年のプラットフォーム)のため代替品の調達が面倒!

・唯一プレイしていたゲーム「ペーパーマン」が昨年末にサービス終了となり、わざわざオンラインゲームにきっちり対応しているPCが不要となった
(結果的に机上の多くのスペースを占有していたディスプレイやキーボード類を排除できるようになった。
もしかしたら将来生まれ変わって戻ってくる可能性も0ではなさそうだが、いつになるかわからない)


・なんだかんだで自作PCを作ってもカスタマイズすることがほとんどなかった
(確かメモリ増設とHDDクラッシュ後のSSD換装しかやってない気が・・・)



・・・といったところでしょうか。
現在はタブレット端末の台頭もありPCを使えない人が増えている問題なんてのもありますが、私はこのBlog更新を始めe-learningを利用しての自己学習やニュース視聴、各種個人的な事務作業などでPCをフル活用しているのでここいらで新しいPCへ切り替えようと思った次第です。
自作PCも組んで4年。中身は前述の通りそれよりもっと前に出たパーツを使って組んでいるので実質5年。
前述の通り移動も多くなるのでそろそろ替え時だったのかなと。


地味にMacBook Airも何ヶ月か前にマイナーアップデートされておりまして、CPUが1.6 GHzから1.8 GHzになりました。
しかし私が買いに行った際にまだアップデート前のモデルが残っておりまして。
こちらの方が安いし、たかだか0.2上がったところで私の用途を考えると全く影響ないという判断で1.6の方を選びました。
実際のところ性能面では全く不満はないです。特にネトゲやDTMをするわけでもないので。
使っているスマホもiPhone7なのでAppleIDを使っての相互のやりとり等が容易になりました。これは便利。
それでも購入するか電気屋の付近で丸1日悩みましたけどね(笑)


何より「動く部品」を一切使用していないので本当に無音そのもの!
自作PCの時は冷却ファンがいくつも稼働しているので音が目立ちましたからね〜。
それから持ち運びやすさ。厚さは1.7cmで重さは1.35kg。
これは意識高くもなるよなと(笑)


170702_2.jpg


さらに購入から数日後、こんなものも追加購入。


170702_3.jpg


AmazonでHDMIの変換アダプターとケーブルを購入。
変換アダプターはAppleからも純正品が出ていますがお値段は野口英世3人以上・・・!
しかしAmazonBasicsなら1,180円。
頻繁に使うわけでもないしコレといって林檎信者というわけでもないので十分ですね。


170702_4.jpg


これらを使って何をやるかというと、自作PCで使用していたディスプレイの再利用です。
いくら小型化したといっても、映画を見る時はやはり大きな画面の方がいいですからね。
未だにTVやBDレコーダーを持っていない私にとっては重要なことです。
(映画好きなので早めに導入したいところですが、なかなかお金がね・・・)
ってかディスプレイHDMI対応だったのに今まで使ってなかったのかよって話ですが。


170702_5.jpg


結果、無事に出力成功となりました。
まぁケーブル繋ぐだけなのでアホの子でも出来ることなんですけどね。
これで映画鑑賞も快適です。ただし映像はMacの方にも出ますし、音声も当然Macからです。
これは別にいいけど・・・。


しかし私もMacユーザーの例に漏れず、大きな問題点を抱えることとなりました。
MacBook Airはもちろん、現在Appleが出しているMacシリーズには「光学ドライブ」がないのです!(;゜Д゜)
※これはAppleが「将来的には全てのケーブルを廃止し完全ワイヤレス化」を目指しているため。



Altriaはこの問題をどう解決するのか?
次回の記事に続く!(;´∀`)


深夜でも気兼ねなくPC使えるのはいいね!(今までのPCがうるさすぎなんだよ)
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

友人の結婚式・2017(ノ∀`、)

今週末のツーリングはお休みですm(*- -*)m
メインのツーリング曜日である土曜日(10/7)は1日中雨(と思いきやそんなでもなかったっす・・・)という状況なのと、9月から蓄積していた疲労がピークに達しつつあるので、十分な休息を取ろうと決意したためです。
そのため本日起きたのは11時・・・(;´∀`)
この週末はZEP11や装備の清掃や点検等を行いつつ、たっぷりと溜まっているBlogネタを消化していきたいと思います!


というわけで、いきなりですが時間を6月まで巻き戻します(;´∀`)w
私が仙台に引っ越して来てちょうど1ヶ月が経過したあたりのお話です。
去る6/24(土)に友人の結婚式へ出席してまいりました!


170624_1.jpg


会場は前から行ってみようと思いつつも行ったことのなかった「”川越”氷川神社」でした!
ちなみに今回は厳密に言うと「披露宴」のみの出席です(;´∀`)
というのも、今回結婚した友人夫婦が「神前式」の形式で挙式をしたんですね。(奥さんの希望)
神前式だと会場(神社本殿)の都合で参列客全員を収容するのは大変難しく、基本的に近い親族のみとなるようです。
(会場によっては大叔父・大叔母やはとこあたりの親族すら入れないところもあると私の母の談。)
そのため、我々は野外で「花嫁行列」を拝見させていただき、あとは適当に披露宴まで待機という流れになりました。
この花嫁行列の様子はiPhoneで動画を撮影させてもらいましたm(*- -*)m


170624_2.jpg


待機中の旧友たちの図。
こちらはたまに当Blogへ登場する我が親友・クライン閣下ですm(*- -*)m
毎回会うたびに貫禄が増しているかもしれない。この日会ったときは「8月にマンションを買うぜ!」という話をしており、つい先日連絡を取った際に無事、都内某所のマンションへ住居を移したとのことでした。
(年末年始休暇中にお邪魔する予定w)
「友人の結婚式」出席は2年前に行われた彼の結婚式以来となります。


170624_3.jpg


他にも旧友が数人。
私と同じ部活だったNくんとこれまた小中学校の同級生だった志貴くん
なんと志貴くんもおめでたいことに結婚し、去る7月に挙式されましたm(*- -*)m
ちょうど自分の年齢的にも今が結婚ラッシュなんですよね〜。


170624_4.jpg


ちなみにクライン閣下と志貴くんは受付係を担当していました。
クライン氏があのビートたけし監督・主演の映画に出てきそうなヤツに感じられるのは恐らく気のせいです(;´∀`)w


170624_5.jpg



無事披露宴の会場に通され、席に着きます。
座席には新郎新婦がその席に座る人へ向けて丁寧に書いた手書きのメッセージ入りメニュー表(?)が置いてありました。
デジタル化が激しい今の世の中でこのおもてなしはグッと来ますね( ´∀`)bグッ!


170624_6.jpg


モザイクのせいもあり何とも楽しそうな図(;´∀`)
全員小中学校時代の同級生となります。
タジさん(左から2番目の友人)も大分お久しぶり!


170624_7.jpg


そして1本の真っ赤な番傘をさしながら新郎新婦入場!(ノ゚∀゚)ノ
まさに神前式らしい演出ですよね。もちろん見るのは初めて。


170624_8.jpg


今回結婚した友人(新郎)はこれまた以前Blogに何回か顔を出したことのあるさいちゃん
結構前から「そろそろかな・・・」という話をしていたのですが、昨年秋頃に突然「入籍しました」の一報が。
その後飲み会等で散々お祝いを食らっていたのは言うまでもありません(笑)
彼とはMtGで遊んだりバンドを組んだりと、主に中学卒業後からですがよく遊んだものです( ´∀`)


170624_9.jpg


実は受付時におみくじを1つ引くことになっており、私は何と大吉!(ノ゚∀゚)ノ
初詣の際に行ってきた毎度おなじみ大宮氷川神社に引き続いて2回連続。
大吉を引くと新郎新婦から天の川の金平糖をいただくことができると言う特典付き。
我ながら絵になってますね(笑)


170624_10.jpg


170624_11.jpg


指輪交換からのケーキ入刀。ここら辺は王道です。


170624_12.jpg


クライン閣下の結婚式の時は食べ損ねたウェディングケーキも今回はこの通り。
ちなみに披露宴で出てきた神戸牛(だったっけな・・・)はA4!(志貴くんがわざわざシェフに確認w)
その他のお料理も川越のサツマイモを使った料理などしっかりと特色を取り入れたものばかりで美味しかったです( ´∀`)b
ちなみにここ川越はお二人が初めてデートした思い出の場所なんだとか。
だからここでの結婚式になったんですね・・・(ノ∀`、)


170624_13.jpg


ラストは双方のご両親と揃ってご挨拶。
こういう時の親御さんの心境ってどんな感じなんでしょう?
私はもちろん子を持つ身(いてもそんな歳じゃないわ!w)ではないので分からないし、今後もこのような体験をする可能性は0%に近いでしょう(笑)
自分が分かる話ではありませんが、このように暖かく二人の人生に新たなページが刻まれ始めるので、やはり「上手く」いってほしいということを願うばかりでございます。


170624_14.jpg


最後は新郎新婦に見送られながら会場を後に。
各自思い思いに言葉を交わしております。


170624_15.jpg


・・・この図は「友人Nくんが新郎新婦と会話していたところに親戚の小さな女の子が乱入し、追い出された」というものですwww


170624_16.jpg


さいちゃんが「あ〜あいつ追い出されてる〜( ^∀^)ゲラゲラ」と指差して笑うの図(笑)
左側のキレイなおねえさんの「何だったのアイツ・・・」みたいな目線が見事に援護射撃となっていました(;´∀`)
Nくんも私に負けず劣らず「女性に嫌われる」スキルを身につけてしまっているらしいですが、逆境に負けず頑張ってほしいものです。
(特に彼は私と比べたら確実にチャンスがあるので!www)


170624_17.jpg


私が言うのもアレだけど、男は時に潔く引くことも大事なことなんだからな!(;´∀`)


この後は川越市内に繰り出して飲み屋でアフターパーティーというやはり定番の展開(;´∀`)
途中少しだけさいちゃんにも参加してもらったりと盛り上がりました。
会話の内容は様々でしたが、住居の購入計画やら義理の両親との付き合い方やら子供の教育やら将来親の介護が必要になった場合の話やら・・・
私が言うのもナンですが、「大人になってしまった」ものです。
でもそんな大人になってもこうして集まれば昔の1シーンに逆戻りできるところがいいんですよね。
実際この後カラオケになだれ込んでみんなでマツケンサンバ踊ったりしましたからね(爆


以上!
現実を突きつけて目を覚まさせてくれる友人のおめでたいお話でした!( ´∀`)b


次は誰が結婚するかねぇ・・・。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。