The Zephyr...

ダ☆埼玉県からLet the good times roll!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Altria(アルトリア) on  | 

待ってたぜェ!!この”瞬(ry 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~二日目~

結局1週間に1記事しか書けていないという6月・・・(爆
6月のツーリングの記事どころか、5月のツーリングの記事すら書ききれていない、そしてそれ以外のBlogネタを投下出来ていないというかなり危機的な状況です(;´д`)
これはなかなかしんどいぞ・・・。7月に入ってもまだ5月の記事を書くことが確定してますからね(アホ


前置きがいきなり嘆きから始まりましたが、ようやく5月14・15日の福島ロングツーリングもこれにて完結。
奥会津の冒険から一夜明けた二日目の様子をお送りします(;´∀`)<遅い・・・


160515_おそと


最後の最後で体力の限界を向かえて死んだように眠りについた前夜(笑)
無事に翌朝起きることが出来ました(;´∀`)
外はなかなか良い景色です。お部屋の窓から。


さて、私が今回の福島ツーで泊まった宿ですが・・・。


160515_吉川屋3


ここ!


160515_吉川屋1


福島・飯坂温泉一の温泉旅館・・・!


160515_吉川屋2


”匠のこころ 吉川屋”でございます!(ノ゚∀゚)ノ ※この写真は外に出た時に。
何とあの天皇陛下も宿泊されたという由緒ある旅館。PBさん夫妻がギョッとするほど、ここ飯坂温泉では一番良いと言われているすごいところです・・・(ノ゚∀゚)ノ
というのも、某宿サイトで宿泊先を探しているとき、真っ先に見てしまったのがここ。(の温泉。)
他のところ(ホテルとか)を見るとお部屋は良くても温泉が・・・という感覚だったので、せっかくだから旅館に泊まろう!という意気込みでここにしてしまいました(笑)
実際私が宿泊を伴うロングツーリングに出撃したのは何と5年ぶり!(;゚Д゚)
というか、ZEP11では初めての体験だったのでこれは最高の舞台を選んでしまったということですね。
よくよく考えたら、普段旅行に行くことも全然無いってことに気がついてしまい、もったいないという心境です・・・(--〆)
ライブとかで宿泊というのは近年何回かあったんですけどね。


160515_廊下


朝起きたらまずは朝食の会場へ。
朝食付きのプランで予約してあったのです。腹が減っては戦は出来ぬといいますからね(笑)


160515_朝食を


エレベーターを降りて会場へ(((*ノ・ω・)ノ
これは館内の写真ですが結構広いのですよ。バーとかもあるし。
この旅行ならではの?非日常感って結構いいですね(ノ´∀`*)


160515_朝食


盛り付けはあまりキレイではありませんが、朝食はバイキング方式。
何と福島の郷土料理がたっぷり堪能できるという素晴らしい朝です(ノ´∀`)ノ
写真に写っている”いかにんじん”はもちろん、”ラヂウム卵(ラジウム)”に至っては4つも食べてしまうというザマ(;´∀`)
これが良い旅館ってやつですね~。朝からたっぷりいただきました(ノ´∀`)ノ


朝食後は朝風呂を浴びるために温泉へ(((*ノ・ω・)ノ
ちなみに温泉は2つあって、時間帯で男女切り替えを行うという仕組みです。
朝の時間帯だと昨晩入った温泉とは逆の温泉に入れるというので、1泊で2度オイシイ思いをさせていただきました(ノ´∀`*)
予約をすれば貸切温泉もあるみたいですよ。


160515_素晴らしい旅館でした2


おいしい食事と気持ちいい温泉のおかげですっかり体力も回復!
チェックアウト前に少しばかりおみやげも調達。
初日の時点でかなり充実した福島ツーでしたが、この吉川屋のおかげでもうお腹いっぱいな思いになりました(笑)
確かにお値段は張るし、滞在時間はかなり短かったけど、それでも十分な思い出となったのでここを選んだのは大正解でしたね(ノ´∀`)ノ


160515_2日目の朝ZEP11


清算を済ませ非常に重たいシートバッグを持って外へ(((*ノ・ω・)ノ
愛機ZEP11は旅館入口のすぐ脇の自転車置き場的なところに停めさせてもらっていました。
あまりにも荷物が重そうだったせいか、旅館のお若い仲居さんが飛んできて「お持ちしますよ!」とまで言われてしまう始末・・・(;´∀`)
もちろん、お気持ちだけ受け取らせていただきました。


160515_ヨークベニマル


外観の写真を撮り、旅館の方々に見送っていただいて出発(((*ノ・ω・)ノ
実は二日目のプランは全然決めずに出撃した今回のツーリング・・・。
手始めに一昨年立ち寄れなかった、現地のスーパーマーケット「ヨークベニマル」に立ち寄りました(ノ´∀`)ノ
イトーヨーカドーのパチモンくさい親戚的なご当地スーパーですね。


160515_酪王カフェオレ


お目当てはこのご当地ドリンク・「酪王カフェオレ」!(ノ゚∀゚)ノ
福島県郡山市の企業・酪王乳業株式会社が製造する、福島の隠れた名物でございます(ノ´∀`)ノ
一昨年は弾丸ツーだったこともあってこれを売っているところには立ち寄れなかったので、今回は必ず手に入れようと目論んでおりました(笑)
埼玉の森乳業株式会社が製造する、「わたぼくコーヒー」のライバルにあたりますね( ゚∀゚)


もちろんお味は良かったです。牛乳の味がしっかり生きていて、ほんのりしたコーヒーの甘さが良いアクセントになっておりました(ノ´∀`)ノ
ただ、200mlくらいの縦長の紙パックでは売られておらず、500mlの紙パックの購入を余儀なくされるため、飲みきるのに大分時間がかかりました・・・(;´∀`)


飲みきった後はベニマル隣の本屋に立ち寄って毎月買っているブツをわざわざ福島で購入するという謎の付加価値を付けたりCD屋で中古でお買い得のCDを買うかどうか迷ったりなどの奇行をやらかしながらものんびり過ごし、お昼少しくらい前に次の目的地へ向けて出発(((*ノ・ω・)ノ


160515_LL.jpg


・・・そう!
一昨年も爆走っている磐梯吾妻レークラインを再び爆走ります(ノ´∀`)ノ
残念ながらクルマが少し多かったけど、それでも爆走りやすさはあの時と変わらず。
楽しいワインディングを堪能させていただきました(ノ´∀`)ノ


160515_モンキー


ちなみにレークラインの途中で野生のモンキー(猿)と遭遇(;´∀`)
福島では珍しくないと聞いていましたが本当でしたね(笑)
かくいう埼玉でも秩父のほうへ行けば普通にいる(千葉では有名な”キョン”も生息してますよ)ので妙な親近感が・・・(;´∀`)
しっかりカメラ目線をキメてくれましたよ(ノ´∀`)ノ
※実際接近してきたため襲われないかビビってたのは秘密です。


160515_レークラインの途中


途中でこれまた一昨年に立ち寄った展望台的な場所に。
後ろのフィットさえいなければいい写真が撮れそうだったのに
前回は特に写真を載せていないので・・・。


160515_発電所?


湖の奥に見える何かの建物。
発電所・・・にしては外観がそれっぽくないような。


160515_到着


展望台を後にして少し爆走れば目的地に到着です(((*ノ・ω・)ノ
やはりツーリング日和なのでバイクの台数も多かった気がしますね。


160515_五色沼


そう、五色沼(毘沙門沼)!(ノ´∀`)ノ
今年も帰ってまいりました。この美しい風景は忘れられません(ノ´∀`)ノ


160515_ボート1


160515_ボート2


やはりエメラルドソードグリーンの景色は個人的にたまらないですね~(ノ´∀`*)
「ずっと眺めていたい景色」というのが人それぞれあるかと思いますが、私は個人的にここ五色沼(毘沙門沼)がその1つになっています(ノ´∀`)ノ
個人的に2枚目の写真はお気に入りです(笑)


160515_磐梯山


そしてここから眺められる磐梯山を忘れてはいけません。
一昨年と比べると天気も快晴で雲も水蒸気も無く、その火口壁が良く見えて大満足です(ノ´∀`*)
細かい解説とかは一昨年を見てね~。


160515_コイ


もちろん、沼のコイたちも元気そうにスイスイと泳いでおり、お互い再会を喜びました(ノ´∀`*)w
なんか動物の写真って絶対撮っているような気がしますね~。


のんびりとお気に入りの風景を堪能し、時間も午後1時か2時をとっくに過ぎていたので、そろそろお昼へ・・・。
これまた一昨年行った「めでたいや」でジャンボソースカツ丼を食そうと企んでいたのですが、所要時間を調べてみるとなんと1時間以上・・・。
さすがに後のことを考えると遠すぎるかな~と思い、どこかもう少し近いところは無いのかと考えた矢先に前夜「まんじゅうの天ぷら」についてアツく語ってくれたPBさんを思い出しました(笑)
それにより次の行き先決定です(ノ゚∀゚)ノ


160515_目指せてんぷら


というわけでめでたいやとは正反対の方向(だった気がする)へ向かってZEP11を爆走らせます
(((*ノ・ω・)ノ
こちらのルートだと確か30分弱で到着。
またもワインディングの応酬に応えます(((*ノ・ω・)ノ


ナビ頼りだったのでどういう道を爆走してきたのかよく覚えていませんがほぼ時間通りに到着!


160515_緑の村看板


それがここ・・・。


160515_緑の村


「猪苗代 緑の村」でございます(ノ゚∀゚)ノ
ここは猪苗代にあるテーマパーク(Wikipedia調べ)で、1989年から猪苗代市が運営している施設。
水族館や展示館などがあり、PBさんが突発的に家族サービスをする時の駆け込み寺的な存在だったとも言われています(笑)
この写真の後方にある駅舎にPBさんが愛する”アレ”が売られているのです・・・!


160515_運賃表



その駅舎は”駅舎亭”という名前で営業されており、なんと旧国鉄翁島駅舎を移転復元した建物で食事を楽しむことが出来るのです(ノ゚∀゚)ノ
先にオーダーを済ませ、その間に写真撮影を敢行します(((*ノ・ω・)ノ


160515_古い電話機


まずこちらは古い昔の電話機。無論私も実際に使用したことはありません。
これを見ていたら最近Twitterでもちょっと拡散されて話題になった「宇多田ヒカルのデビュー曲”Automatic”は、現代の若者に意味が通用しなくなったため、注釈が必要」という話を思い出してしまいました(;´∀`)
※勝手に引用⇒7回目のベル※1 で受話器※2を取った君 名前を言わなくても声ですぐ分かってくれる※3」
※1 昔の着信音や呼び出し音のこと。この場合は呼び出し音。
※2 昔の電話についていた、通話時に本体から取り外し耳に当てる部分。
※3 昔の電話は着信時に相手は表示されなかった。



160515_おしゃれなライト


こちらは奥の部屋にあったオシャレなライト。ちょっとアンティークな感じがイイですね(ノ´∀`*)


そうしているうちに注文したお料理が出来上がったので、受け取って座席へ。


160515_天もりそば


昨日に引き続きまたも天もりそば。
PBさんがここに来たときは暖かいそば?にしていたので頼んだ後でしまった!と気が付いても後の祭りでした(笑)


160515_まんじゅうの天ぷら


そしてこれを忘れてはいけません。
会津地方(猪苗代でも)名物・まんじゅうの天ぷら!(ノ゚∀゚)ノ
PBさんが以前から僕に熱烈にオススメしている隠れ?ご当地フードであります。
やはりせっかくここまで来たのなら現地でしか味わえないものを味わっておかなければもったいないですからね!


160515_そばつゆへ


一口だけそのままの味を味わい、 そのままそばつゆへIN!(ノ゚∀゚)ノ
後で調べて分かったことですが、このまんじゅうの天ぷらはデザート的なものではなく、れっきとしたおかずの1つとして広く知られているようです。
よって、このようにそばと一緒にいただくのは少なくないようです。
PBさんもこの食べ方がお好きなようで、最初聞いたときは非常に疑わしかったのですが、前夜アツい思いで語ってくれたPBさんを信じて実際に食べてみた結果絶妙なコンビネーションでした(笑)
モノは試しというヤツですね(ノ´∀`*)


160515_駅舎入口


初体験に感動しつつ(笑)、駅舎を後に。もうお気づきの方も多いかと思いますが、
肝心の駅舎全体の写真を撮る事を失念しておりました。(ノ_-;)
これはいけないことです。
ついでにヨークベニマルで一気飲みした酪王カフェオレの効果が発動され、お腹がグルグルしてきてしばらくトイレに篭城したのもここだけの話です(´Д`|||)w


他、水族館とかもちょっと興味があったのですが時間の都合もあるので今回は駅舎のみで・・・。
ここから埼玉へ帰還するのであれば磐越自動車道を経由して東北自動車道に入り南下・・・というルートになります。


160515_福島市へ


が!
そのままストレート帰還へとは行かず、福島市を目指して再び北のほうへ駆け抜けますヽ(#゚Д゚)ノ
もちろんあの長いことで有名な「土湯トンネル」を通過して行きましたよ!


160515_ブランコ


そして無事にたどり着いたのはPBさんのお家でございますm(*- -*)m
実は前日、「帰りがけにうちに寄っておいで。」とお声がけいただいたため、お言葉に甘えてお邪魔させていただきましたm(*- -*)m
長女さんとも久しぶりにご挨拶。奥さんはご不在。
実は今回奥さんがいろいろとお気遣いをしてくださっていたのでぜひともご挨拶したかったところではありますが、今回は長女さんとPBさんによろしくお伝えくださいということでお願いしておきましたm(*- -*)m
画像はPB家の庭に新設されたブランコさんです(笑)


160515_さらば


そして17:00過ぎ頃、とうとう埼玉への帰路につく時間がやってきました。
一昨年と同じような風景。楽しかった2日間がゆっくりと終わりはじめています。


160515_ZとNとV


ここでPBさんたちとお別れ。写真は私のZEP11・PBさんのNinja号・長女さんのVitz号という非常に珍しいスリーショットです(ノ´∀`*)w


160515_那須高原SA


PBさん家を後にし、福島ICから東北自動車道へ。
那須高原IC・上河内ICで休憩を取りつつ約250kmを爆走り続けます(((*ノ・ω・)ノ


160515_埼玉へ帰還


そして21時半くらいに無事埼玉へ帰還!(ノ´∀`)ノ
ス○ーキの○んにて遅い夕食をとって体力を回復。
そのままアジトへ帰宅・・・


160515_何かいる


・・・する予定だったのですが・・・。


160515_迷子


帰還直前で迷いイヌ(柴犬)に遭遇。
どこかから脱走?してきた様子で、近付いてこっちへ来るよう促しても「ウー」と唸る始末(;´∀`)
この後クルマを運転してきた母娘の二人組みや、謎の外国人らが現れてどうにかしようにも全く近寄らないイヌに手が付けられず。
やむを得ずこうして写真だけを撮り、もし飼い主が探しているような話があれば情報提供するということでケリをつけました(笑)
⇒後日保護されたっぽいです。


最後の最後でこんなオチがありつつも、22時30分頃に無事アジトへ帰還!
2日間の福島ツーを事故無く閉幕へ導くことが出来ました!(ノ´∀`)ノ


<本日の走行距離>
501.1km
+初日623.5km=2日間の合計:1,124.6km!



160515_吉川屋の前にて



こうして無事、久しぶりのロングツーリングとして福島の旅を終わらせることが出来ました(ノ´∀`)ノ
2日間とも天候に恵まれ、なおかつ後日PBさんからの情報提供により知ったのですが、初日のラッピング電車はあの日でしか見られなかったようなので本当に神日程だったようです(ノ´∀`)ノ


そして2日間ともブロ友・PBさんには大変お世話になりましたm(*- -*)m
実はロングツーリングのみならずマスツー自体がかなり久しぶりだったという。。。
PBさんがいらっしゃったからこそこの2日間があったと思っていますm(*- -*)m
感謝感激です!(ノ´∀`)ノ


以上!
Blogに書き終えるのに1ヶ月以上も費やした計三部作の福島ロングツーリングレポでした!(ノ´∀`)ノ



<関連リンク>
初日前編:待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日前編~
初日後編:待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日後編~
一昨年のツーレポ:「この時代、咲いてみようじゃないの。」ZEP11とNinja400Rで弾丸福島ツアー!(ノ´∀`)ノ


また行きたいですな!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif


(追記)

スポンサーサイト
Category : Touring Briefing
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  1 trackback

待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日後編~

お待たせしました!
1週間空けての福島ロンツー・初日後編をお送りいたします(ノ´∀`)ノ



160514_水車小屋


初日前編で美味しいおそばや天ぷら、はっとうでエネルギーを補給した私とPBさん。
お腹いっぱいになったところで『前沢曲家集落』へ潜入します(ノ´∀`)ノ
写真は入口は行ってすぐのところにあった水車小屋です。


160514_集落


この『前沢曲家集落』は、福島県南会津町にある集落で、「16世紀の終盤に横田城主・山内氏勝の家臣、小勝入道沢西という人が移り住んだことから始まった」とされる、現在でも伝統的な茅葺屋根の曲家(←L字型に曲がっているからこう呼ばれているようです)のある集落です。
明治40年頃に全戸焼失するほどの大火に見舞われ、その後同一大工さんの集団の手によって各戸を同じようなL字型の曲家が建てられ現在のような集落がが形成されたそうですφ(・ω・ )
なんと現在でも一般の方が住まわれており、入口では「生活のお邪魔にならぬよう」注意を受けますので行かれる方はきちんと従いましょう。
そして2011年6月に国の『重要伝統的建造物群保存地区』の指定を受けた貴重なエリアとなったのです。

このような特色から、奥会津ツーリングに出撃するライダーの間ではテッパンスポットとなっているようなので、私も例に漏れずここを選んだということでございます(ノ´∀`)ノ
あ、ちなみにここ南会津町舘岩地区は、そばの名産地として知られる南会津全域の中でもとりわけそばの栽培に適した気候のため、そばの名産地として有名でもあるようです。
だからあの独特な味わいのおそばが生まれるのですね~(ノ´∀`)ノ


160514_クリーク


そして道沿いにはまだ生活用水として使われていた(いる?)であろう水路も健在。
お水はとてもキレイです。


160514_当時の道具



集落内には資料館があり、かつての集落で暮らしていた人々の生活を知ることが出来ます。


160514_一体型仏壇


私は今回初対面となる、今となっては珍しい(ハズ)の一体型仏壇まで。
PBさんは学生の頃に仏壇のアルバイトなんかもやっていたらしく、時折こんな感じの仏壇を取り扱うこともあったんだとか。
こうした珍しい(と思いきや、最新ヴァージョンのものもあるっぽい)ものを間近に見られるのもツーリングの醍醐味の1つですよね~( ´∀`)bグッ!


160514_階段を上る



小さな階段を上っていくと、


160514_大スギの跡


かつてこの集落に存在していた、樹齢800年の「前沢の大スギ」の跡地が。
平成4年の突風により折れてしまったんだとか・・・。自然とは恐ろしいものです。


160514_集落1


のんびりと集落を見て回ります。


160514_水路


野菜を洗う洗い場らしきものも見れたりと、古い集落の中にも目には新鮮なものばかりです(ノ´∀`)ノ
※これはただの水路です。


160514_無人販売所


何だか伝統的なニオイを醸し出している無人販売所を発見(;´∀`)
せっかくなので売り上げに貢献しようか迷ったのですが、エコバッグのクオリティを確認した上で辞退しておきました(笑)


160514_瑠璃殿1


160514_瑠璃殿2


集落の奥地で『瑠璃殿』というお堂を発見いたしました!


160514_千羽鶴



160514_絵馬


千羽鶴や絵馬が飾られておりました。
この集落の人々が何か大事なお願い事をするときはいつもここに来ているのかな?


160514_巣箱1


こちらは何やら年季の入った箱。民家に設置されているようですが・・・?


160514_巣箱2


なんと蜜蜂の巣箱ではありませんか!(ノ゚∀゚)ノ
新品だとこんな色なんですね。何だか革と同じようにエイジングを楽しめる気がします(笑)
1箱6,500円。自宅で養蜂をやってみたいかたはぜひどうぞ。


160514_集落2


ゆっくり写真を撮りつつ集落を回り終え、次の目的地へ向かうこととします(((*ノ・ω・)ノ


160514_集落3


こちらは前回の記事で昼食を食べた『そば処 曲家』の向かい側の景色です。橋の上から撮影。
見ての通り、お天気は文句の付け所が無い快晴、新緑もキレイです(ノ´∀`)ノ♪


160514_のどかな道を爆走ります


集落を後にし、次の目的地『田子倉ダム』を目指します(((*ノ・ω・)ノ
それにしても信号がほとんどなく、ずっとアクセルを開けたままでいられるツーリングコースってのは本当に夢のようです(ノ´∀`)ノ
関東ではなかなかこういうコースがありませんからね。
やはり福島は爆走りやすいです(ノ´∀`)ノ


160514_只見ダム


1時間以上爆走りっぱなしだったので途中で少し休憩を入れつつ、田子倉ダム手前の『只見ダム』に到着!(ノ゚∀゚)ノ
この只見ダムは新潟県と福島県に跨る、只見川の最上流部に建設されたダムです。
かつてドイツを分断していたベルリンの壁的な存在でしょうか(;´∀`)
ダムによって出来た人造湖・奥只見湖は日本第3位の人造湖だそうですよ。


160514_記念撮影


少し夕日が差し掛かりつつあるこの美しい景色をバックに記念撮影を敢行!(ノ´∀`)ノ
二人とも「Kawasaki」を主張したルックスなのが良いですよね(ノ´∀`*)w
傍から見ると親子っぽいですねとか言わないでくださいPBさんがめまい起こすから。実際私の父とは(ry


160514_ダム到着



ここ只見ダムでは長居はせず、爆走ってすぐのところにある本来の目的地へ移動します(((*ノ・ω・)ノ


160514_田子倉ダム1


160514_田子倉ダム2


こちらが『田子倉ダム』でございます(ノ´∀`)ノ
この田子倉ダムも日本有数のダムとして知られる、やはり奥会津ツーリングではテッパンのスポットであります(ノ´∀`)ノ
(ダム湖百選にも入っているしね)


160514_田子倉発電所


覗き込むと発電所がありました。
この田子倉発電所は認可出力400,000kWを有する日本第2位の水力発電所なんだとか・・・(;゚Д゚)


160514_夕暮れ時の湖


160514_湖1


ちなみにこちらが湖側の景色です。
無駄なもの無き新世界(聖飢魔IIの新曲”荒涼たる新世界”風に)な気分です(ノ´∀`*)
ちなみに他の湖のように遊覧船も運航しており、PBさんも数回ご家族と乗られたことがあるそうですφ(・ω・ )
しかし・・・。


160514_お休みでした


売店に張り出されていた張り紙曰く、「水位不足で運行休止」だったようで・・・。
この記事を執筆している今日(6/19)時点でも梅雨時期のクセしてまとまった雨が降らな過ぎて水不足の危険が叫ばれていますが、なかなか難しい問題ですな~(--〆)
ちなみにPBさんにソフトクリームをごちそうしていただきましたm(*- -*)m
お味は大当たりを引いたと言っていいと思いましたが、写真は撮り忘れたためあまり絵にならないので撮っていませんm(*- -*)m


160514_次の目的地へ


ダムとその周辺の美しい景色を堪能した後は次の隠れスポット的な目的地へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
田子倉ダムから少し爆走すれば到着ですが、フツーに爆走していると見逃すかも。。。


160514_三石神社


というわけで、田舎の真っ只中にあるとしか言いようの無い隠れスポット・『三石神社』に到着です!(ノ´∀`)ノ
ま、この時点では鳥居しか見えませんけどね。
神社の本殿にたどり着くには森のくまさんよろしく山登りは避けて通れないというツーリング中にPBさんを巻き込んで試練に挑むという人の迷惑も顧みない謎のチャレンジャーっぷりを発揮します。←バカ


160514_三石神社看板


鳥居をくぐってすぐのところに設置されている三石神社の解説です。
詳細はこちらの写真をご覧くださいm(*- -*)m


160514_俺たちに明日は無い



試練に立ち向かう(PBさん)の図です。
PBさんの後姿が「俺たちに明日は無い」感を漂わせまくりですよね(笑)


160514_山



いや~この写真のとおり、あまりちゃんとした獣道も無いような”The Mountain”なスポットなわけですよ(;´∀`)
本殿は予想よりも高いところにあるようで、なかなか体力を使うコースになってしまいました(--〆)
特にPBさんは普段のツーリングでは昼頃に帰宅しているというパターンが多いため、この日のようなAltriaスタイルのツーリングは初めてのパターンだったようです。
体力を使わせてしまい申し訳ないと思いつつも、先に進みます(ノ´Д`)ノ


160514_岩の看板



困難(笑)をくぐり抜け、ようやっと第一の目的地に到着しました(ノ´∀`)ノ
ここ三石神社はその名の通り、岩自体が御神体となっているのですφ(・ω・ )
こちらはPBさんからお借りした『一の岩』の解説です。


160514_Intothestone.jpg


「さあ、お参りするんだ!( ゚∀゚)」何故か突然元気を取り戻したPBさんの暖かい声援の下、参拝した結果がコチラです(;´∀`)
明るい将来を目指して孤軍奮闘している毎日(だと思いたい)ですので、少しでもご利益があると嬉しいですね~(ノ´∀`)ノ
ちなみにPBさんは「俺はこれ以上頭良くなっても困るから。」との事で参拝を遠慮されておりました(;゚Д゚)


160514_縁結びの岩


お次は少し上に登ったところにある『縁結びの岩』にて参拝を行います(ノ´∀`)ノ


160514_縁結びの岩2


こちらが解説の看板です(;´∀`)
こんな山奥にも男女の仲を後押しするスポットがあるということですね。
まぁ私はこんなの迷信だと思っていますので・・・。


160514_拝借


しかしあらかじめ5円玉を用意した上で元気良くPBさんの暖かい後押しを受けて挑戦してみましたとさ(;´∀`)
こちらの写真もPBさんBlogからの拝借となりますm(*- -*)m
今年は割と運勢は上々なので、良い結果が出ると信じたいですね~(ノ´∀`*)
⇒2016年6月19日の事後報告となりますが、結果は(この趣旨とはズレてますが個人的にある意味)残念なことが起こり逆効果(ノ_-;)
この手のものは二度とやることは無いでしょう。



160514_給油TIME


三石神社を後にしすぐそこのGSにてガスチャージを実施(((*ノ・ω・)ノ
後は美しい只見川沿いを柳津まで爆走します(ノ´∀`)ノ


160514_道の駅みしま宿


1時間ほど走行したところで『道の駅みしま』に到着です(ノ´∀`)ノ
結構新しい&大き目の道の駅で、たまにイベントなんぞもやっているんだとか。
もちろんここまでの景色は素晴らしいものでしたよ(ノ´∀`)ノ


160514_道の駅にて


しかしですね・・・。
ここに来るまでの間、黒のタントと仙台ナンバーのレガシーにずっと煽られるという極めて腹立たしい事態も発生しておりました(#゚Д゚)
前のクルマたちが比較的遅いためどうにも出来ないというのに。
前車はPBさんが途中で休憩がてら止まってくださったのでやり過ごしたのですが、後車は最終的に我々どころか前のほうを爆走っていたクルマすら抜いていくというマナーの悪さ。
これが唯一この日のツーリングで残念な点でしたヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ
PBさん、お気遣いありがとうございましたm(*- -*)m


160514_帰路へ


そんな嫌なこともこの日では微々たるもの(;´∀`)
その後はPBさんの先導に従って柳津を抜けて福島市方面へ帰路につきます(((*ノ・ω・)ノ


特にこの道中は写真を撮っていないのですが、(ブレブレなのでw)
何と気温は9℃へと急降下(;゚Д゚)<冬じゃん!

ジャケットの下は半袖バンT1枚だったので、さすがに真冬近い気温では厳しかったですね。
途中で気合を入れなおすための休憩を挟みつつ福島市へ向かいます。
真夏と真冬を同時に味わうツーリングはこれが最初ですよもう!


160514_幸楽宛


寒い中無事に峠を越えて、福島市内の『幸楽苑』に到着!(ノ´∀`)ノ
福島の郡山に本部があるという、埼玉で言うところの「日高屋」的なチェーン店でございます。
寒い夜にうってつけですな!(ノ´∀`*)


160514_ラーメン


というわけで暖かいとんこつラーメンと餃子を食して体力を回復させます(ノ´∀`)ノ
この場でPBさんから「猪苗代のまんじゅうの天ぷら」について熱心な講義を受けました( ゚∀゚)
この講義は次の日のツーリングに繋がるのでお楽しみに!(ノ´∀`)ノ


160514_旅館へGO


美味しい夕飯をいただいたあとは少しだけ一緒に爆走って、交差点でPBさんとお別れですm(*- -*)m
私は飯坂温泉にお宿を取っているのでそちらへ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
幸い20分程度で到着というナビ結果。やっぱりあるのとないのでは大違いですね!(ノ´∀`)ノ


160514_旅館の部屋


そして無事に21時30分過ぎごろに飯坂温泉の旅館へ到着!(ノ´∀`)ノ
見てくださいよこの豪華さを。このお部屋を一人で使います。
究極の独身貴族を満喫できるということですね~(ノ´∀`*)


その後少し荷物の整理をしたらいつもの日課をこなし、その後温泉へDive!
人もほとんどおらず一人で飯坂温泉を満喫させてもらいました(ノ´∀`*)


しかし温泉を出たあたりでとうとう疲労のピークが来たようで・・・(;´∀`)
あとは布団に入り、ぐっすりと眠るのでした・・・o(__*)Zzz


<本日の走行距離>
623.5km



160514_ZEPHYR1100.jpg


以上!
二分割した福島ロングツーリングの初日編でした!(ノ´∀`)ノ
次回は2日目の様子をお送りしますが、正直初日ほど色濃くは無いです(;´∀`)
(なので1記事にまとめられるかと!)
かなりBlogの記事がスタックしていてイヌの手も借りたいところではありますが、どうにか梅雨時期中にやっつけます!


深夜の飯坂温泉は忘れられませんなぁ!(ノ´∀`)ノ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback

待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日前編~

待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!!


160514_イメージ図



もう丸1ヶ月過ぎてるけどな!!(;゚Д゚)
全くもって更新が追いついていない当Blogですが、今月~来月でどうにか解消したいと思っています!
じゃないと本当に追っつかなくなってしまうので・・・(;´д`)




というわけで、今回はしばらくぶり?のツーレポ記事になります!
去る5月、14日・15日の土日を利用して福島へ1泊2日の奥会津ロングツーリングへ出撃してきました!(ノ´∀`)ノ


160514_東北自動車道を駆け抜ける


少し時間を押して朝5時10分頃に埼玉を出発。
つい最近圏央道と関越自動車道が繋がってくれたおかげで、下道でほぼ1時間近く掛けて羽生ICまで移動というムダが無くなりスムーズに東北自動車道へアクセスできるようになったのは非常に大きいです(ノ´∀`)ノ♪


160514_新兵器1


途中の佐野SAにて少し休憩(((*ノ・ω・)ノ
突然ですが今回新たに投入した新兵器が2つほどあるのでご紹介します。
1つ目はこの”GOLDWIN ツーリングリアバッグ32”!(ノ゚∀゚)ノ
以前よりこのBlogをご覧の皆様はご存知かと思いますが、私は普段のツーリングでは同じGOLDWINのツーリングリアバッグ28(旧型)を使っています。
しかしさすがにロングツーリングだと容量不足なので、今回新たにコヤツを導入したというわけです(ノ´∀`)ノ
容量は25ℓ・容量可変・ボトルホルダー付きです(ノ´∀`)ノ
また、カメラ用の三脚を持ち運ぶとなると28サイズでは持ち運べないので、それを踏まえてもこれは正解でしょうね。


160514_新兵器2


2つ目の新兵器は”DAYTONA スマートフォンホルダー”!(ノ゚∀゚)ノ
これを利用することによってiPhone6をナビ代わりにすることが出来るというシロモノ・・・というか、もうかなりのバイク乗りが導入しているものですね(;´∀`)
数年前までは結構高価なモノだと思っていたのですが、何か知らない間にお手ごろな価格に・・・(;゚Д゚)
実は私、ツーリングへ行く前はGoogle Mapを用いて綿密にルートを作ってそれを覚えて行く、という手法を長年とってきていたのですが、Blogに書いていないだけでかなりの確立でルート忘れ・間違いが多発しています(滝汗
しかし、これを導入することによってそれらとは無縁になったといっても過言ではないでしょう(多分)(ノ´∀`)ノ
ただし、給電DCソケット等はまた導入していないので、モバイルバッテリーは必須です(´Д` )w


160514_いざゆかん


佐野SAでの休憩と上河内SAでの給油(北へ行くときはいつもここで給油を迎えます。)以外はひたすら福島へ向けて爆走り続けるのみ!かなり長い時間なので風圧との戦いは避けられません(´Д` )
白河市を通り過ぎるとき「ようこそ福島へ」的な看板を見かけますが、ここでグッとテンションが上がりますね(ノ゚∀゚)ノ


160514_猪苗代湖へ移動中


無事に福島県・郡山ICで東北自動車道を降りR49で合流地点の猪苗代湖へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
前のトラックがなかなかの低速走行でちょっと苦労しましたかね~(;´∀`)


160514_やつらと一緒に


そして集合時刻の9時ちょうどに無事に猪苗代湖へ到着!(ノ´∀`)ノ♪
福島でツーリングをする際は必ずここからのスタートでなくてはいけないという説があります(笑)


160514_かめ丸とはくちょう丸


この猪苗代湖の番人(?)でもある遊覧船のかめ丸くんとはくちょう丸くんにご挨拶。
2年前に会ったときと変わらず活躍しているようです(ノ´∀`)ノ


160514_かめ丸くん
大分色褪せた様子ですが現役バリバリのかめ丸くん。
一度は乗ってみたいところです(笑)


そして忘れてはいけないのが・・・


160514_PBさん参上


今回ご一緒にツーリングへ行ってくださる、長年のブロ友pboysblueさんです(ノ´∀`)ノ
一緒に爆走るのは2年前の弾丸福島ツー以来。再会も約1年ぶりとなりました。
本当は去年のうちにこの1泊2日でのツーリングを検討していたのですが、ZEP11や私個人の体調不良等、さまざまなことがあり、当初5月に行く予定⇒秋へ延期⇒最終的に2015年内は取りやめとなったかなり苦い記憶がございます(´Д` )
それだけでなく、そもそも2015年自体が本当に良くない年だったことは今でも忘れません。
今年は1月中に厄除け&4月に東京・水天宮で水難の相除けのお参りをしたからかほとんど不運には見舞われず、今のところ慎ましくも平穏な日々を送っています(;´∀`)
このツーリングは2年越しの計画の実現(奥会津ツーの案自体は2年前から出ていたので)、2015年の雪辱戦となるわけです!(ノ´∀`)ノ


160514_はくちょうども


到着早々のご挨拶後、「白鳥がいるよ。」とPBさん。
バイクを停めた位置から左を向けば白鳥さんたちの群れが!(ノ゚∀゚)ノ
PBさんが言うには「シベリアに帰れなかった」んだとか(;´∀`)
写真的にはありがたいですけどね~。


160514_はくちょうくん


ん~でもやっぱり、手間を惜しまず望遠レンズを使っておけばとちょっぴり後悔(´Д` )
これは新導入した標準ズームレンズにて。
多分年内にカメラの機材関連の記事を1発うpると思いますので、その時にでも・・・。


160514_カワサキーズ


というわけで、ひとしきり写真を撮り終えたら奥会津へ向けて出発です!(ノ´∀`)ノ
PBさんの愛機・Ninja400Rと私の愛機・EPHYR1100の2台で駆け抜けたいと思います(ノ´∀`)ノ


160514_移動開始


PBさんに先導していただいて移動を開始!
奥会津方面へ行くにはまず会津若松市内((2年前のツーリングの舞台)を抜ける必要があります。


その前に!


160514_湖


PBさんの先導でとある場所へ立ち寄りました。
見ての通り、キレイな湖ですよね~(ノ´∀`*)


160514_安積疏水十六橋水門


ここは「安積疏水十六橋水門」
猪苗代町と会津若松市の境界にある水門で、元々はオランダ人技師のファン・ドールン氏が設計したんだそうです。(近くに銅像が建てられてました)
現在は専ら湖面の水量調節をメインに稼動しているんだとか・・・。
そしてPBさんのお父様の生家がすぐ近くにあるため、PBさんは子供の時によくこの湖でボートに乗り探検を楽しんでいたのだとか・・・。羨ましい少年時代です(ノ´∀`*)


160514_ラッキー8


私のラッキーナンバーである「8」をフォーカス。
この門が開いているというシーンが気になりますね~。


160514_会津若松氏


水門を後にし、ちょっとクルマの通りも多い?市内をサクッと抜けているの図です。
2年前に立ち寄った「めでたいや」(ジャンボソースカツ丼のお店)を再び目にすることが出来て満悦であります(笑)


160514_南会津へGO


無事に市内を抜け出してR118経由で南会津方面へ向かいます(ノ´∀`)ノ
見ての通りの快走路!(ノ゚∀゚)ノ
埼玉(というか首都圏全体)ではこのような道がなかなかないですからね~!


160514_湯野上温泉駅1


160514_湯野上温泉駅2


こうしたのどかな風景が広がる道をしばらく爆走って、PBさんの合図に従いこちらの『湯野上温泉駅』に到着!(ノ´∀`)ノ
茅葺屋根が特徴的な、正に古き良き時代を醸し出している駅舎です(ノ´∀`)ノ


160514_茅葺屋根


160514_PBさんと


茅葺屋根のUPと駅舎前でPBさんをスナップします(ノ´∀`*)
このいかにも「旅人を引き止める風情」があるのが良いポイントですね( ´∀`)bグッ!


160514_山と駅舎と


南会津の山々(方角的に小野岳かな?)と一緒に。足湯も楽しめます。
建物と風景、そして電車がベストマッチですよね~(ノ´∀`)ノ
ちなみに画像の左端に何かのゆるキャラが写っていますが、彼はこの日大変苦労をしていたようです(意味深


160514_福のしまラッピング電車


ちょうどふくのしまラッピング電車が到着。


160514_電車2


こちらは反対側の電車。ちょっとレトロさを醸し出していますね( ´∀`)bグッ!


160514_並ぶ


並んだタイミングで1枚!
個人的には先輩と後輩(それか親子?)の関係みたく見えなくもないです( ´∀`)


160514_PBさん


こちらは出発直前の写真。この時期~真夏のツーリングは水分補給が重要ですね!


160514_ステッカー


何となく撮ってしまったPBさんのNinja号のステッカー。
私とPBさんが初めてお会いした2013年のKCBMステッカーにやなわらばーの優さんステッカーのコラボがステキです(笑)
実はこの日の前の週にPBさん一家がご本人に遭遇するというステキなサプライズがあったばっかりなのです( ´∀`)w


160612_前沢曲家集落へ向かっています


駅を後にし、昼食ポイントも兼ねている次の目的地・『前沢曲家集落』を目指します(((*ノ・ω・)ノ
クルマは少なく信号もない。2年前に来たときも感じましたが、やはり福島は爆走りやすくて良いです(ノ´∀`)ノ


160514_一休み


途中で一休みをしてPBさんと先導を交代します(((*ノ・ω・)ノ
ここでPBさんからこの周辺に関してのお話や過去にご家族で来たときのお話などをお聞きしました。
お話を聞いているとPBさんは真の福島人であることがよく伝わってきますね。
私は埼玉に長年住んでいるのにも関わらず、全然詳しくないものですから・・・(;´∀`)


160514_快走


というわけで今度は私が目的地まで先導して爆走することになります(((*ノ・ω・)ノ
この写真からも分かるかと思いますが、この日は文句無しの晴天!(ノ´∀`)ノ
ここを通過している時点で24℃だったようですが、なんと福島市内では31℃を記録していたそうです。
このタイミングで来福を決めたのは大正解だったようです(ノ´∀`)ノ


ちなみに猪苗代~前沢曲家集落までの道のりをPBさんが動画にしてつべにうpってくださっています(笑)
こちらの動画ですm(*- -*)m





160514_そば処曲家2


途中で写真撮影の絶景ポイントを逃しつつも(号泣)、無事に『前沢曲家集落』に到着!(ノ´∀`)ノ


160514_そば処曲家


そして予定していたこの昼食ポイント・『そば処曲家』にて昼食TIMEとします(((*ノ・ω・)ノ
なんとここは民家の茅葺屋根の曲家を移築して開業したという、まさにこの日のようなツーリングにはうってつけの場所だったと信じてやみません(ノ゚∀゚)ノ


160514_昼食


私とPBさん、2人揃って「天ざるセット」をオーダーします(((*ノ・ω・)ノ
ここでは季節の天ぷらが食べられるとの前評判を耳にしていたので、ツーリングの行程的にもここしかない!と思っていました。
味はもちろんGOOD!( ´∀`)bグッ!  そばだけどうどんのようなコシがあるのが特徴的でした。
また、右下のそば粉ともち米をベースにした郷土料理「はっとう」は程良い甘さと歯ごたえで夢中になること間違いなしのお料理でした(ノ´∀`)ノ
PBさん曰く、結構あちこちのご家庭で作られてるようで、やはりそれぞれの家庭の特徴が出ているとのことです。
これはやみつきになっちゃいますね~(ノ´∀`)ノ


160514_うつくしまの音三十選


美味しい昼食をいただき、その後は入場料を支払った上でいよいよ集落へ潜入します・・・!


・・・が、今回の記事はここまで!(;´∀`)
続きは次回(初日の後編)にします!
というのも、Blogに掲載する写真の枚数が1日目だけで80枚Over(しかも大半がD90の)という過去最大級?のヴォリュームとなっており、ページは重くなるわ本人の気力も続かないわ、そして恐らくこの記事を見てくださる皆さんが途中で読むのをやめること間違いなしだからです(´Д` )w


もうツーリングの記事がスタックしているため、次回の更新はなるべく早く行いたいです・・・。
以上、福島ロングツーリング1日目の前編でした!(ノ´∀`)ノ


うつくしま、ふくしま(ノ´∀`*)
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  1 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。