FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

交通事故のお話(2018年)・2週間後

本日(3/31)を持って、あの事故からちょうど2週間が経過しました。
本日も午後にリハビリへ行ってきました。とりあえず2日に1度のペースで通いたいと考えています。
どうもYouTubeで追突事故の動画を見たり、実際に事故に遭って頸椎捻挫になってしまった人たちの証言を聞いてみると想像以上に重度でかなりの長期間通院したり、後遺症が残ったりしている人が多いようで・・・。
我ながらよくあの事故でこんな軽傷で済んでるなと思います。後に残らないようにしっかり治療します。


さて、前回の記事は「賠償額に納得出来ないので再交渉中」というところで終わっていたかと思います。
その後相手の保険会社の担当者と話し合いをした結果、どうにか丸く収まり、物損事故の面では示談へ向けての段取りが整いました。


まず結論から申し上げてしまうと、「新車価格そのものでの賠償」は叶いませんでした。
自分に過失が無い一方的な被害事故で、新車で購入して3ヶ月程度と日が浅く(自分の場合はそれに加えて走行距離1,000km未満)ても原則として時価価格(減価償却後)での賠償しか行えない
んだそうです。これはどの保険会社であっても変わらないとのこと。
私の場合、純粋に減価償却後だけの賠償額だと本当にシャレにならないくらい安い金額になってしまっていたらしく、これでは到底納得しないであろうということで保険会社側でどうにか同じ車種(Z900RS)の中古市場を調査し、唯一該当した車両を基に今回の賠償額を決定したそうです。
新車種ということもあり、まだ保険屋さんのレッドブックに載っていないんでしょうね。


この賠償額に加えて話し合いの結果「買い替えに必要な諸費用(納車整備費や登録費用など)の中で保険会社側で負担できるものは負担する」という救済策を提示していただけて、Miyagi(Z900RS)契約時の受注伝票をFAXで送って内容を確認。
この諸費用を含めた賠償金が新車価格にギリギリ相当するようになったので、この条件でOKとしました。


最大限配慮してもらった結果ですが、やはり100%被害者視点からすると結局「やられ損」なんですよね・・・。
これ、仮に俗に言う「ノーヘッド&フルローン(頭金0で全額分割払いの俗称)」をやらかしちゃってたりする人とか、社会人と比べれば収入が少ないであろう学生さんだったりすると場合によっては壊滅的な状況になってしまうのではないでしょうか。下手すると数十万円の損失が発生して乗れなくなってしまう人も出てくるのではないかと。
※無論、私Altriaは上述のような無謀な買い物はやっておりませんので悪しからず。
悔しいですが、「運が悪かった」と思って諦めるしかないんです。
仮に弁護士を介入させたとしても根拠が無さすぎてほとんど状況は変わらない上に事故処理が長期化するのが目に見えていますからね。


ちょっと頭に血が上っており色々と引き下がりすぎてしまいましたが、きちんと内容について懇切丁寧に説明してくださったり、救済策を提示してくださった相手の保険会社の担当者へはひとまず最低限の御礼は申し上げたいところです。
幸い、新しい車両購入に不足している10万円強はきちんと工面できる範囲ですし(そりゃ身銭は切りたくないですけど)、今回は人身事故ということで私の意志に関係なくある程度慰謝料等も入ってくるので、上手くいけばバイクの面での経済的損失は0になるかもしれません。
その場合、本当に「やられ損」になるのは購入して4ヶ月しか経っていないヘルメット(Arai RX-7X)だけになると思います。
これも購入した時の記事に書いていますが、実際のところ色重視で選んだものでデザインそのものを強く気に入っていたわけでは無いので、高い買い物とはいえまだ諦めがつくのでさして大きな損害でもなかったり。


今回の一件でまず「保険の大幅見直し」を実施しなければならないなと感じました。
いくら相手保険会社の担当者と交渉しても賠償額には限界がありますし、絶対に遭遇したくないですが万が一任意保険未加入の相手と事故になってしまうと必要な賠償が全く受けられません。
この場合は自身の保険で自衛をするしか無いのですが、私が現在加入している保険ではカヴァーしきれない部分(車両保険が存在しない等)がある上、ネット経由で申し込む保険だと味方0でサービスの悪い傾向もあるので、次の車両が納車されるまでに十分な保険になるよう、文字通り一から保険を見直してみることにします。


自分に出来るのは上述の保険の見直しと、バイク専用のドライブレコーダー装着(最近素晴らしい製品が発売されたばかり)、そして厄祓いですかね。
やはり東北に来てから前回の事故(2017年10月)から半年も経過しないうちにまたも被害事故に遭っているということもあり、たくさんの方々からお祓いを勧められました。
既に1月中に大宮氷川神社で毎年恒例の厄除けは済ませてあったからこそ命に別状もなく賠償も受けられたのでしょうが、2代目のMiyagi(予定)が納車されたらすぐに鹽竈神社へ行って交通安全祈願してきます。


というわけで、物損事故の面ではこのような決着を見ました。
あとは人身事故の面で治療を完了し、保険金をいただくことで今回の事故処理は全て完結ということになるかと思います。
こちらは本当にどのくらいの期間になるのか見当も付かなくなってしまいましたが、しっかり治療してまた楽しいバイクライフを堪能できるようにしたいです。


最後には個人的に重視している心のリハビリ。
残念ながら精神的ダメージは非常に大きく、まだ心の底から笑顔を見せるには時間がかかりそうです。
頑張ります。


ダメージは大きくともある程度落ち着きつつありますので・・・
3月に入ってから初代Miyagiにて敢行してきたツーリングについては記事にして当Blogに投稿しようと思っております。
あと東京モーターサイクルショー2018のレポも。こちらは当時の心境でZ900RSの車体はほとんどありませんが。


今回のご報告はここまで!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback

交通事故のお話(2018年)・10日後

この記事はブロとも、もしくはパスワードを知っている方のみ閲覧できます
パスワード入力
ブロとも申請

Posted by Altria(アルトリア) on  | 

交通事故のお話(2018年)

またもしばらくBlogを更新出来ておりませんでした。
3月に入ってからここ宮城を中心に東北地方も暖かい時期を迎え、ツーリングシーズン到来とばかりにあちらこちらへMiyagiと共に出撃し、本当に楽しいバイクライフを満喫しておりました。
その様子をBlogに書くことも楽しみにしておりました。


ですが、3/17(土)の19時前。
私が仙台に来てからお世話になっているカワサキプラザ仙台六丁の目へちょっと用事があり(+1,000km走行の初オイル交換の予約)、「2週間後にまた来ますね〜」とお店を出たその帰り道。
前の軽自動車に続いて信号待ちで停車中だったところを後方から来た前方不注意の車に追突され、前の車と玉突きになる事故に遭いました。


あまりにも突然の出来事で、覚えているのは追突された瞬間に後ろに仰け反ったことと、気がついたら目の前は地面だったということだけです。
起き上がってみれば相手の車が正面にある状態で、前面に自分のバイクが食い込んでいるような状態。
思わず「どういうこと!?」と相手を問い詰めてみれば「こちらの前方不注意で追突してしまいました」と。
正直この時相手をぶん殴ってやろうかと思うくらい、最初から怒りが収まりませんでした。


その後は相手・私と私の前方にいた軽自動車の運転手さん&助手席の方の車・バイク3台を側道へ退避させ、警察による事故処理。当然ですが加害者は追突してきた車のみ。
相手の車は前方部分の損傷によりオイルやラジエーター液が噴出しているという有様だったので、レッカーで運ばれていきました。
この日の国道4号線は渋滞しており、法定速度の60kmまでは到底速度を出せないような状況でしたが、明らかにそこそこの速度で私に追突してきたのは明白でした。


私のバイク(MiyagiことZ900RS)ですが・・・
言うまでもなく自走不可能なので、カワサキプラザの無料ロードサービスを手配。
ロードサービスを待っている最中に別件で引き上げる途中だった別のレッカー車の方が止まってくださり、事故状況(相手の車がレッカー作業中で、私のバイクは現場に残ったまま)からして絶対に救急車で病院へ行ってみてもらったほうがいいと説得されてきまして・・・。
結局、救急車で病院へ搬送されて診てもらい、その日は電車とタクシーで帰宅しました。


次の日、カワサキプラザ へMiyagiが搬送されたので工場へ入れていただき、メカの方の説明を受けたのですが・・・
まず渋滞中の国道では考えられない速度で追突を受けていると推測され(私の撮影した相手の車両の様子を見て裏付けが取れましたが)、リアホイールがひしゃげてタイヤが裂けている状況。テールカウル周りも粉々。
また、玉突きで前方の車両に追突しフロント周りも損傷。
結果としてサンドイッチ状態になり、前後からフレームを押されてその衝撃にエンジンが自重に耐えきれずエンジンマウントからずれてフレームにぴったりと接触
してしまっているという。
無論、フレームも曲がっているので間違いなく全損確定といった被害状況でした。
レッカーで運ばれてきたMiyagiを見て、メカの方が「うわっ」と声を出してしまうほどの損傷だったらしく・・・
正直ライダー(私)は無事とは思えないと感じられたそうです。
普通にお店に顔を出した私と遭遇して開口一番「大丈夫でした!?」と声を掛けられてしまいました。


さらに日付は変わり3/19(月)。
午前中は相手の保険会社の物損事故・人身事故それぞれの担当者、及びカワサキプラザ とのやり取りがありました。
こちらからも強く主張(特にバイク)はしたのですが、既に今回の事故は相手の100%過失ということで確定しており、今後の事故処理を進めていくということになるようです。
バイクの現車確認は3/22(木)に実施される予定で、後日念のために代車としてNinja250が出る予定です。
午後には搬送された病院から再度来てくれと言われていたので受診。
結果、頚椎・腰椎捻挫(俗に言うむち打ち症)と診断され2週間の加療となり、診断書が出ました。


その診断書を持って、既に2回ほど連絡を受けていた仙台南警察署へ。
ここでの手続きをもって「人身事故」となりました。
ちなみに私の前方の車の助手席に乗っていた方もやはり同じむち打ち症になってしまい、同じように診断書を持って来たとのことでした・・・。


3/17(土)から3/19(月)の3日間を経て、現在の状況はこんなところです。


とにかく・・・
真摯に対応はしていただいているので警察からの処罰は求めておりませんが(相手もかなり落ち込んでいるようで)、今回の件は相手に対しての怒りが本当に収まらない上に、食欲が無くなるくらい深く落ち込んでおります。


昨年10月の事故で長年の愛機:ZEP11を失い、極めて円満な事故処理後の12月頭に将来乗り換えを検討していたZ900RSを手に入れ、傍から見たら頭がおかしいと思われるかもしれませんが"Miyagi"という愛称まで付けて本当に大事にこの3ヶ月間を一緒に過ごして来ました。
それこそ季節柄とてもまともに乗れないであろう1月〜2月は歯がゆい思いばかりしてきました。


そうして3月を迎え、1,000kmの初オイル交換まであと60kmというところまでの約940kmを本当に心から楽しく過ごしてきた矢先に相手の過失100%でこの事故です。
これからのツーリングプランもきっちり作って、さらにはここ宮城のフォロワーさんとの交流も始まろうとしていたというのに・・・。
本当に残念です。


人身事故の面では薬や湿布が出されていますが、恐らく全然大丈夫だと思います。身体頑丈なんで。
問題は物損事故の方で、装備類はもちろんですがバイクはもう車両交換しか手がないような状況です。
無論、保険でそうしていただくつもりですがこれで相手の担当者がふざけた事抜かしてきたら問答無用で弁護士を介入させるつもりです。
(自分の保険に弁護士特約が付いているので、有事の際は遠慮なく使いますとこちらの担当者に通達済み)
それでもZ900RSの個体が変わってしまう時点で落ち込んでおります。もう仕方ないんですけどね。


そんな感じです。
今週は書類作成と被害物件の精査に集中することになりそうです。
あとはまぁ、身体もですかね。正直何も心配していません。気持ちは無傷なので(笑)


今回の事故は警察の方も言っていましたが、こっちがどんなに気をつけていても避けようのない事故でした。
何も経験値は得られませんが、こういうこともあるということでより一層安全運転をするように、ということを言われました。それくらいしか言えないですよね。。


また、今回の件はさすがに事後報告は出来ないと思ったので埼玉の実家(&東京にいる従姉の姉ちゃん)や友人、そのほか関係者各位にすぐ連絡を入れました。
「お前東北合ってないんじゃないか?」(今までずっと関東にいて交通事故とは無縁だったので)とまで言われました。
そこまでは言いませんけど、今後何らかの形で「3度目」が起きたら、割と本気で荷物をまとめて埼玉に帰ると思います。残念ですけど。



長々と書いてしまいましたが、以上です。
もう食欲も無くなってせっかく鍛えた身体もげっそりしているのが目に見えて分かるので、しばらく休養します。


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。