The Zephyr...

ダ☆埼玉県からLet the good times roll!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Altria(アルトリア) on  | 

フロントブレーキキャリパー洗浄とエアフィルター交換

大したメンテじゃないけど効果のあるメンテ。
フロントブレーキキャリパーの洗浄・グリスアップ・調整をやりましたのでレポ書いてみます。


エアフィルターエレメントも新品交換したのですが、既に力尽きていて写真撮るの忘れました・・・。
かなり簡単な作業だし、将来的にヨシムラK&Nエアフィルターに変える予定なのでまたいずれ書きます。
それにしても交換前のフィルターはかなりボロボロでした。納車整備の時には変えていないのでしょう。


では、レポどうぞ。


ライダー視点から見て右側のキャリパー(車両正面から見て左側)から始めます。
ダブルディスクブレーキ車の場合、必ず片方のキャリパーは車体に取り付けた状態でやりましょう。
両方外した状態でこの後の作業を行うとピストンが出きってしまい大変な事になりますよ。



取り付けボルトを外す


まずはキャリパーをフロントフォークへ固定している取り付けボルトを取り外し、キャリパーをフロントフォークやブレーキディスクから取り外します。
取り付けボルト以外のボルトは絶対に外さないように!!フルードが噴き出して悲惨です。


ネジとスプリングを外す


上下のネジ(正式名称「パッドスプリングスクリュー」・・・)を外し、画像中央の部品「パッドスプリング」を取り外します。
ネジを無くさないように注意!!



クリップを抜く


パッドスプリングを取り外すとみんな大好きブレーキパッドが姿を現します。
しかしこのままでは取り外せないので、パッドピンを固定しているクリップを引っこ抜きます。
無くさないようにしましょう。


パッドピンを抜く


クリップを引っこ抜けばブレーキパッドを固定しているパッドピンを引っこ抜けるようになるので、引っこ抜きます。ラジオペンチなどで抜くのがベストですかね。
パッドピンを引っこ抜いたら無くさないように保管し、ブレーキパッドを取り外します。



古いブレーキパッド


ここでブレーキパッドの点検を行いましょう。
俺の場合見ての通りです。片側のパッドが悲惨な状態になっています(笑)
真ん中のミゾすら消えてしまうほど消耗していました。これも納車整備の時は交換してないでしょうね。
左側のパッドがやけに消耗しているのはキャリパーのピストンの動きにムラがある証拠です。このメンテで改善しましょう。
ただでさえ効かない事で有名なゼファー1100のブレーキですが(厳密に言うとブレーキやフロントフォークが車重に合っていなさすぎ)、ブレーキパッドがこれじゃさらに危険でしょう。
てな訳で後日交換する事にします。


ピストン出し


ブレーキパッドを抜きとったら、ブレーキレバーを引きつつキャリパーのピストンを均等に出します。
ヤりすぎるとピストンが脱落してブレーキフルードが噴出してリアル涙目になるのでやめましょう。
俺は見ての通り、4つのうち1つのピストンが現役絶倫お元気で、残り3つがダメダメな状態です。
このような場合は元気なピストンを手やペンチなどで脱落しないように押さえて、ブレーキレバーを引いて4つ均等に揃えましょう。


バケツ


ここまでやったらいよいよ洗浄です。バケツに水をたっぷり汲んでおきましょう。
俺はカワサキらしくライムグリーンのバケツを愛用しています。


WASH!.jpg


ブラシは歯ブラシみたいな硬すぎず柔らかすぎずなものを。洗剤は台所用洗剤がオススメです。
遠慮なくキャリパー外観・ピストン周辺をしっかり洗ってあげましょう。


ちなみに俺は洗っているうちにキャリパーの金色塗装が結構剥がれてきました。
俺のゼファー1100のキャリパーは車両に合わせてキャリパーが金色に塗られているのですがちゃんとした塗装では無いのでこんなザマです。
将来的にこういうパーツも全部変わってしまうので気にしていません。


黒い水


あっという間に水が真っ黒です。
洗い終わったらタオルやキッチンペーパーみたいなものでしっかり拭いてあげましょう。


Scott SHOP TOWELS


ちなみに俺はメンテの時、この「Scott SHOP TOWELS」を愛用しています。
それなりに安くて何かと使えて便利です。わざわざキッチンペーパーを出してくるくらいならこれを買う事をオススメいたします^^


グリスさん


拭き終わったらピストンにシリコングリスを塗ります。
俺はDAYTONAの「グリスさん」を愛用しています。(上からシリコングリス、万能グリス、二硫化モリブデングリス)


グリスを塗り終わったら、洗う前みたいにピストンの調整をして、出来る限り全てのピストンが平等に動くようにしましょう。
調整が終わったら余分なグリス等を拭き取ります。


俺はもうキャリパー自体がダメダメなのもあってどうしても全て均等に動きません。
O/Hするしかないんですが、ブレーキキャリパー自体すぐに変えちゃう予定なので調整だけにしておきます。


キャリパーの各パーツに明らかなサビ等があったら、迷わずにO/Hした方がよいかもしれないです。
ゼファー1100乗りの方はO/Hじゃなくて即刻Bremboの4POTキャスティングキャリパーを買いましょう。
(俺はBrembo 100mmピッチラジアルキャリパーにする予定ですw)


Fぶれーき


後は元通りに組み直して終了です。
(上記の画像は昔の記事の使い回しですw 実際は少し塗装が落ちています)
ゼファー1100のキャリパー取り付けボルトの締め付けトルク:34Nm


この後すぐに左側のキャリパー(車両正面から見て右側)の作業に取り掛かったのですが、パッドピンやその周辺がサビて固着していやがりました。
執念深くCRC噴射やラジオペンチ作戦でどうにか取り外しましたが、右側の2倍くらいの時間が掛かりました・・・(--〆)
一体、どんな長い時間メンテされていなかったんでしょうか・・・。


今回ブレーキパッドは仮組みという事でそのまま組んでいます。
後日新しいブレーキパッドに交換です。


このメンテをちゃんと行っておけば、キャリパーの動きを円滑にし、制動力を高める事ができます。
かなり簡単な作業でありキャリパーの点検にもなりますので、ブレーキパッド交換の時にでもやってみてはどうでしょうか?


エアフィルターとMONSTER ENEGY DRINK


この後他の作業をやって、最後にエアフィルターを交換しています。
(冒頭で触れた通り画像ありません。)
NAPS埼玉店で発見したカワサキ純正エアフィルターエレメントに交換しています。
車種及び種類にもよりますが、これも定期的に交換(10,000km~20,000kmくらいかな)ですね。
燃費とかキャブレターのパフォーマンスにも影響するのでたまには気にしましょう。
Category : ZEPHYR1100
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/24-f19e0014
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。