The Zephyr

彩の国↔︎杜の都からLet the good times roll!

<Live Report>LOUD PARK 15!(ノ゚∀゚)ノ ~1st Day~

大分更新が遅れてしまって申し訳ない!(;゚∀゚)
興奮が冷めぬまま2週間が経過した今、ようやくBlogうpです(ノ´∀`)ノ

(実際のところ日常生活+体調不良が原因だなんて言えない!)


151010_開幕


日本最大のHR/HMフェス、”LOUD PARK 15”!(ノ゚∀゚)ノ
今年は”10th Anniversary”と銘打って船便のトラブルも無く大々的に開催されました!(ノ´∀`)ノ



今年は10周年記念に相応しい超・豪華ラインナップに加えて、2012年以来の3ステージ制で行われました(ノ´∀`*)
私個人は2012年・2014年に続く3度目・2年連続参戦となります(ノ´∀`)ノ
<LOUD PARK 12のレポはコチラ(((*ノ・ω・)ノ>
<LOUD PARK 14の初日レポはコチラ(((*ノ・ω・)ノ>
<LOUD PARK 14の2日目レポはコチラ(((*ノ・ω・)ノ>


151010_Standingby.jpg


まずは開場40分くらい前に到着し入場待ち(((*ノ・ω・)ノ
今年は1日券・2日通し券で入場口が違っており、2日通し券勢は昨年と違って反対側のBゲートからの入場となりました。
物販の先行販売は7:30~9:00
の間で行われたのですが、さすがにこれの参戦は厳しかったので私は2日目に回しました。
また、今年は10周年記念というだけあって”プレミアムチケット”という1日指定席+物販専用レーン+ドリンクチケット2枚+食事券1枚で32,000円というブルジョアやセレブ御用達の反則チケットが販売されており、ヤツらは物販の際に専用レーンを通ることが出来るということもあり今年の物販は相当な激戦区に・・・(;゚Д゚)
Twitterにたくさん画像がうpされていますが、あの夏・冬の祭典(コ○ケ)そのものだったようです。
恐るべし・・・!(;゚Д゚)


無事に入場し荷物を預けるべくすぐにクロークへ(((*ノ・ω・)ノ
昨年と違って会場内にクロークが設けられているため、荷物を預けるのは入場後でなければなりませんでした(´Д`|||)
このクロークの点で昨年との違いが4つ目くらいですかね?(;´∀`)
個人的にクロークは例年通りであって欲しかったです(--〆)
(クロークの写真は2日目のレポで!)


151010_KINGDOMSTAGE.jpg


そしてそのクロークがあるエリアには第3のビール・・・
じゃなくて、第3のステージ、『KINGDOM STAGE』が設営されております(ノ´∀`)ノ
メインステージと隔てられているエリア(ちょっと説明が難しいですが)に設営されているステージで、通称『サブステージ』なんて呼ばれていたりします(笑)
サブステージが導入されたのは確か今年で3~4回目くらいじゃないですかね?
サブステージが導入されることにより出演バンドも増え、選択肢がグッと増える反面、若干移動がめんどくさい、メインステージに出演する目当てのバンドと出演時間が被る可能性があるというデメリットもありますので3ステージ制の場合は綿密な計画を立てておくことを強く推奨します( ,,´・ω・)ノ
なんか来年も3ステージ制ってウワサが出てますから・・・(´Д` )


151010_装着


そして2日間参戦の証でもある『2Daysリストバンド』を装着します(((*ノ・ω・)ノ
このリストバンドは会場の入退場および2日目の最初の入場時のチケット、そしてさいたま市を訪れている健全な愚民共へ「俺は2日間参戦するガチのMetallerじゃい!」と示す証拠となる非常に重要なアイテムです(ノ´∀`)ノ
事前にTwitterへはPostしておいたのですが、このリストバンドは自分が納得いくよう慎重に装着をし、そして冗談抜きで『ラウパが終了するまで外さない(留め具は外せないので切らない)』ようご注意ください。
実は昨年のラウパの2日目、入場時に私の前の2人組が外したリストバンドを係員に見せたら列から排除され入場拒否されたという事例を実際に見ております。
そのため、ラウパが終了するまで大事に装着しておくことを推奨します( ,,´・ω・)ノ
”家に帰るまでがラウパ”ですからね!(ノ゚∀゚)ノ
(逆に外したリストバンド見せてもOKだったという事例があればお知らせください! 恐らく使いまわし防止のためだと思うのですが。)


151010_MAINSTAGE.jpg


そして今回のメインステージへ!(ノ゚∀゚)ノ
こちらはいつも通り左右に『ULTIMATE STAGE』『BIG ROCK STAGE』の2つのステージが設営されております(ノ´∀`)ノ
さすがに開場から間もないのでガラガラの平穏(?)なステージにOpening ActのFRUITPOCHETTEが出演している風景です。
しかしこの後これがラウパ史上初の事態を巻き起こす現場となったのは誰が想像したことか。


151010_OFFICIALBAR.jpg


そしてラウパ名物と言っても過言ではないオフィシャルバー!(ノ´∀`)ノ
もちろんメインステージ近くにも設営されております。
ここはMetallerにとって重要な酒場補給源ですね(ノ´∀`)ノ
売り子の可愛いお姉さん方との触れ合いはラウパ参戦者にとって避けては通れない道です(;´∀`)
(ただし私のようなブサメンは自重することを推奨します。)


151010_FRUITPOCHETTE.jpg


私の午前中のスケジュールはUnitedOUTRAGEを見ることだったので、まずは左側のULTIMATE STAGEへ(((*ノ・ω・)ノ
お隣の『BIG ROCK STAGE』ではOpening ActのFRUITPOCHETTEがパフォーマンスを繰り広げております。
パフォーマーの女の子2名がフロントを務めるメタル系ユニットで、何でも愛媛県のローカルグループ、「ひめキュンフルーツ缶」の研修生だった2人が結成したグループなんだとか( ,,´・ω・)ノ
パフォーマンス自体はバックバンドのしっかりした演奏の上に二人の歌とダンスが乗っており悪くないものでした。
少なくとも昨年の仮面女子よりよっぽどメタルらしいです(爆)


一応、開演前の風景を動画に収めたのでどうぞ(((*ノ・ω・)ノ
(この動画でちょっとだけフルポシェのパフォーマンスが見られます。)



151010_UNITEDonULTIMATESTAGE.jpg


上記の動画でも少し映っておりましたが、こちらがUnitedのステージです(ノ´∀`)ノ
昨年の渋谷Cyclone年末LIVEとは違ってやはりステージが大きいです。
こんなデカいハコでUnitedを見ることが出来るので、やはりラウパはMetallerにとって年に1度のお祭りだということです(ノ´∀`)ノ


151010_いっぱい


そしてまだ朝一だというのにもう大分人で埋まっているという状態(゚ロ゚屮)屮
今年の気合の入りっぷりは例年とは違うというのが分かります。
そもそもTwitterを見ていても盛り上がり方が全然違いましたからね!(;´∀`)
普段はマジメに社蓄していて、この週末だけを楽しみに生きながらえてきたという健全な人々もきっと多いはずです(ノ∀`、)
そしてムカつく上司をモッシュピットでボコボコにしたいという思いを抱えている人もたくさんいたはずです(ヾノ・∀・`)


そして10:30。
無事開演となり、SEのS.O.D『United Forces』が流れ、メンバーが登場し実質トップバッター、UnitedのLiveがスタート!(ノ´∀`)ノ



151010_United.jpg


-United SET LIST-
1.Cross Over The Line
2.Mosh Crew
3.My Inner Revenge
4.Revenger
5.Hell Break Loose
6.Fate
7.Sniper



United昨年の渋谷Cyclone年末LIVE以来
昨年とは打って変わってアリーナクラスの会場での演奏で、現在ベースをサポートで弾いているJurassic JadeのGeorgeさんはこんなにデカいハコで演奏するのは初めてとの事でした。
湯浅さんの獣の如き「Cross! Over The Line!」の咆哮と共にCross Over The Lineでスタート。
早くもサークルモッシュを生み出していたはずです(笑)


2曲目Mosh Crewが終わった後のMCで湯浅さんが「とうとう始まったね~、お前らの祭りw」という発言をしており、ラウパがMetallerにとって年に1度の祭りであることを再確認することが出来ました(笑)
その後も私のお気に入りの曲”My Inner Revenge”から定番曲をガンガン叩き込んできます
(ノ´∀`*)
やはりNob期~KEN-SHIN期の曲は湯浅さんが歌うとメチャクチャカッコいいんですよ~(ノ´∀`*)
(KEN-SHINはLIVE動画を見る限り歌詞間違いが結構多い・・・。)


5曲目Hell Break Looseの前のMCで「後でお前ら割るからw」という発言により、今回のセトリにFateが組まれていることが確信出来ました(;´∀`)
そしてその後のFateで朝一のWall of Death!(ノ´∀`)ノ(もちろん私も参加!)
やはりラウパ規模の会場だと迫力もあり盛り上がりますね!(ノ´∀`)ノ
そのWoDの様子は下記リンクをご覧ください(((*ノ・ω・)ノ
<しょ様の動画m(*- -*)m>
<WHISKY狂頭様の動画m(*- -*)m>


まさかの入場規制まで引き起こすほどのパフォーマンスを見せつけ、ラストは代表曲”Sniper”を叩き込んで終了!
完璧と言うほかないトップバッターらしいパフォーマンスでした(ノ´∀`)ノ
なんだかんだでUnitedは若いファンも多いので、これからも長く活動して欲しいですね!
そして新しいアルバムを楽しみにしています(ノ´∀`)ノ


151010_よく見たらいた


ちなみに、前述の動画(WHISKY狂頭様の動画)Altriaの中の人がしっかり収められていました(;´∀`)
思いっきり特攻してますね~(笑)



151010_OUTRAGEonULTIMATESTAGE.jpg


United終了後はそのままOUTRAGE待機に移ります(((*ノ・ω・)ノ
お隣でやっているDAITA BANDとやらは耳栓装着の上で完全Through。
昨年は耳栓をせずにずっとアリーナにいた結果大変悲惨な目に遭いましたからね。
その時の反省を大いに活かしました(笑)
ちなみにもともとBreaking Arrowsが出演する予定だったのですが、アメリカ人メンバーの脱退によりLIVEが出来なくなったらしく替わりにDAITA BANDが出演することになったそうです。
正直なところ誰も興味を持っておらず、Breaking Arrows自体も以前ラウパで見た人曰く退屈だったそうな・・・(;´∀`)
恐らく(フルポシェを除いて)唯一入場規制が掛からなかったバンドなんじゃないですかね~。
最後の曲を演奏した後、「今日はすみませんでした(;´∀`)」と言いながらステージを去っていきました(;´∀`)

151010_OUTRAGE.jpg


そしてお待ちかね、OUTRAGEのShowがスタート!(ノ´∀`)ノ


-OUTRAGE SET LIST-
1.My Final Day
2.Fangs
3.Death Trap
4.You Suck
5.Megalomania
6.Bearing Down
7.Under Control Of Law
8.Rise



OUTRAGE2年前のJapan Tour 2013東京公演以来。
基本的に昔の曲で構成されたセットリストで、初っ端から代表曲”My Final Day”を叩き込んでくれました(ノ´∀`)ノ
盛り上がりも明らかにUnited以上で、隣のGojira待機組から見てもかなりの盛り上がりだったそうです(笑)


OUTRAGEお家芸とも言えるスライドを上手く駆使した重い疾走リフ、リズム隊が生み出す頭打ちビート。
阿部洋介さんが奏でるあのMichael Schenkerを髣髴とさせるメロディアスな一音入魂のギターソロ。
衣装は何とも言えなかったのが正直な感想な(笑)橋本直樹さんの衰えることの無い強靭なVocal。
これらが絶妙に絡んで生み出される楽曲は日本国外でも密かに好評を得ており、もはや日本人離れしていると言っても過言ではないでしょう!(ノ゚∀゚)ノ
午前中だけでUnitedと共に激しくオーディエンスを盛り上げてくれました!


151010_Gojira.jpg


午前中の日本勢での戦闘(?)が終了し、一度昼食休憩を挟むためにアリーナを後に。
隣のBIG ROCK STAGEでは今回が初来日で大変注目を浴びているフランスのバンド、GojiraがLIVEを開始しておりました(ノ´∀`)ノ
彼らは初めての日本を相当楽しみにしていたらしく、どっかのゲーセンで撮ったプリクラの画像をFacebookに投稿しMetallerの腹筋を鍛え上げることに貢献しておりました(;´∀`)www
マジメな話をすれば今回の来日であのSlayerのサポート・アクトも務め、既に好評を得ているバンドです(ノ´∀`)ノ
残念ながら私はノーチェックかつ昼食をとらねばこの後死ぬので、今回はThrough。
今度ゆっくり音源を聞いてみます(((*ノ・ω・)ノ


151010_Houseoflords.jpg


どこで昼食を買おうかと会場内をウロウロします(((*ノ・ω・)ノ
KINGDOM STAGEではHouse of Lordsが演奏をしておりました!
私個人は初日に見たいバンドがサブステージにはいなかったので、初日は基本的にThrough。
2日目はこちらが主戦場でした(笑)


151010_Lunchtime.jpg


そしてラウパ名物(?)のKFCにてサンドとビスケットを仕入れて昼食とします(;´∀`)
なんかラウパに来ると食べたくなっちゃうんですよね~(笑)


151010_お姉さん方と


そして近くのブースで私がモテる漢であるという証明写真の撮影を行いました(ノ´∀`)ノ
別にカメラ渡してお願いすれば撮ってもらえたなんてことはありませんよ。


そして入場の際に手に入れたドリンクチケットを手に、とあるオフィシャルバーへ・・・(ノ゚∀゚)ノ





ここでラウパの看板娘と言っても過言ではない『umiさん』に出会い、
記念写真をお願いしました(ノ´∀`*)

可愛い女の子揃いのラウパでもumiさんだけは別格のオーラを放っておりますね(ノ゚∀゚)ノ
運良くumiさんのところが空いてお呼ばれすることが出来たのでラッキーでした(笑)


(19)おねーさーん!2


実はumiさん、3年前のラウパ記事に登場してるんですよね(笑)
後日ラウパ参戦者の間で話題になっているのを見て気が付きました(;´∀`)
あの時から”1度見たら忘れられない美貌”の持ち主だったんですね~(ノ´∀`)ノ
私が勝手に入れた画像のセリフが「昔は若かった(Altriaが)」感を醸し出していますね~。
えっ?今も変わっていないだろだって?(ノ∀`、)



umiさんはモデルさんの他、最近歌手としてソロ活動を開始したばかりです。
こちらがその記念すべき1曲!私もちゃんとiTunesでダウンロード購入いたしました(ノ´∀`)ノ



151010_AllThatRemains.jpg


umiさんとちょっとだけお話してドリンクもらって、しっかりPower Chargeしてから次の主戦場、『BIG ROCK STAGE』へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
初日はもうTestament以降は篭ることが決定しておりました。
All That Remainsの演奏を眺めながらアリーナ入りを待ちます!


151010_入場規制


そう、今年のラウパはまさしく”異常”でして。
メインステージは(DAITA BANDを除き)ほぼ全てのバンドで入場規制が掛かるという異常事態が発生していたのです(;゚Д゚)
Twitter等に結構画像がうpされているのですが、会場は人で埋め尽くされ、自由席/指定席エリアは階段にまで人が溢れかえり人が降ってくるとまで言われていたんだとか・・・!
いかに今年のラウパが期待を集めていたかがここからも分かりますね。
(実際はプロモーターがキャパを考えずにチケット売りまくっていたのが悪い説が・・・(;´∀`))


151010_Testament.jpg


その後無事にアリーナ入り。
隣で待望の復活を遂げたBackyard Babiesが演奏をしている中、Testamentを待ちます(((*ノ・ω・)ノ


無事にTestamentがスタート!
何と、写真を撮る間も無いくらいの激しさでした(笑)


-Testament SET LIST-
1.Over The Wall
2.Rise Up
3.More Than Meets The Eye
4.Into The Pit
5.Practice What You Preach
6.The New Order
7.Souls Of Black
8.D.N.R
9.3 Days In Darkness
10.Disciples of the Watch



Testamentを見るのは2年前のスラドミ以来。
翌年にも来日公演を行っているので、3年連続の来日ですね~( ´∀`)
昨年のラウパでスラドミ勢がラウパに進出するようになったため、とうとうスラッシュ界の重鎮、Testamentがラウパに降臨したということです(ノ´∀`)ノ


やはりThrasherの間では当然、メタル界の中でも人気のバンドなので初っ端から盛り上がりも最高潮に!
1曲目から代表曲中の代表曲、Over The Wallを放ち、そのままRise Up~More Than Meets The Eyeと21世紀になってからの人気曲を叩き込んでくるという完璧な流れ。
そして最初にMCの後にInto The Pitという容赦無さ。
オーディエンスも終始Mosh&Diveというこの日トップクラスの盛り上がりでしたよ~(ノ´∀`)ノ


ちなみに2年前のスラドミと違う点はベースがオリジナルメンバーのGreg ChristianからSteve DiGiorgioへ、ドラムがGene HoglanからAlex Bentへ変わっているところです。
ベースは純粋にメンバーチェンジとなっており、ドラムはGene Hoglanが別バンドのツアーか何かのために一時離脱し、代理でAlex Bentが叩くことになったようです。
Geneの重戦車の如きドラミングは来年1月のスラドミ(Dark Angel)までお預けですね(ノ∀`、)
Alex Bentのドラムも見ていましたがものすごい鬼気迫るドラミングでしたよ~。バスの破壊力が・・・!


また、Alex Skolnickも何食ったらそんなにニコニコしつつ難しいギターソロをピロピロと弾きこなせるんだと感心するばかりでした(;´∀`)
Eric Petersonもパッと見日本のおばちゃんっぽいChuck Billyも完璧なパフォーマンスを見せており、非常に充実したTestamentのShowでした(ノ´∀`)ノ


151010_Anthrax.jpg


次はお隣のステージでAnthrax!(ノ´∀`)ノ


-Anthrax SET LIST-
1.A.I.R.
2.Madhouse
3.Caught in a Mosh
4.Got the Time (Joe Jackson cover)
5.Antisocial (Trust cover)
6.Fight 'Em 'Til You Can't
7.n the End
8.I'm the Man
9.Indians
10.Among the Living



Anthraxを見るのは初めてですね~。”スラッシュメタル四天王”のうちの1バンドです。
他の3バンドとは少し異質な雰囲気・音楽性を持つバンドだったりします。

Anthraxも初っ端から初期の代表曲を連発しオーディエンスを盛り上げる盛り上げる!
3曲目のCaught In A Moshでとうとう隣のステージのオーディエンスを巻き込むという大きな功績を残しました!(ノ´∀`)ノ


これは私が撮影した動画です!

スピードは隣のステージと比べて緩いですが盛り上がりの様子が伝わってくるでしょうか?
これを眺めていて、「次のアチエネの盛り上がりはすごいことになるに違いない」と確信しました
(;´∀`)

ネイティブ・アメリカンの血を引くフロントマン、Joey Belladonnaもステージを動き回り熱い歌唱で終始会場内のヴォルテージを上げまくることに貢献しておりました!
このAnthraxをBEST ACTに挙げる人も多かったようです。割と自分も多くの点数を付けてしまいましたね(笑)


151010_チルボドSTAGE


そして当然、Anthraxの演奏中にはチルボドのステージ設営が進んでいるわけです( ´∀`)
「Slayerが出演するとチルボドも出演する。」
このラウパの方程式(?)はやはり崩れませんね(笑)


151010_チルボド


そしてで興奮冷めやらぬ中、チルボドのF**kin' Showが始まりました!(ノ´∀`)ノ


-Children Of Bodom SET LIST-
1.I Hurt
2.Are You Dead Yet?
3.Sixpounder
4.Morrigan
5.Halo Of Blood.
6.Hate Me!
7.Lake Bodom
8.I Worship Chaos
9.Angels Don't Kill
10.Hate Crew Deathroll
11.Downfall
12.In Your Face



チルボドを見るのはこれで4度目、2年前の来日公演以来ですね。
当時と違うのは10年間リズム・ギタリストを務めてきたRoope Latvalaが脱退し、現在は4人で活動をしているというところでしょうか。
ただし、ちゃんとサポート・ギタリストとしてキーボードのJanneの弟、Antiが大活躍してくれています(ノ´∀`)ノ


チルボドはラウパの2週間ほど前に新譜『I Worship Chaos』を発表。それを携えての来日となりました。
ここで書くのもナンですが・・・正直言って、個人的に新譜は駄作です(爆)
今までのアルバムにはどんな時でも”チルボドらしいメロディー”が必ず織り込まれていたと思うのですが、新譜はそれがまるで無い、スラッシュメタルの派生系?のような作品になってしまっています(--〆)
今回は割と辛辣な評価を下されているMetallerの方も多いようです。
混沌を崇拝しているヒマがあるなら(アルバムタイトルより)、もう少し発表が遅れてもいいので良い作品を作って欲しかったです(´Д` )
(実際もうほとんど聞いてないです。。。)


まぁ新譜は微妙でも、パフォーマンス自体は良かったですよ!
例によって音はあまり良くないのですが、既にデビューから18年(合ってます?)、ずっと第一線で活躍してきたバンドだけあってしっかりとオーディエンスを引き付けていたと思います(ノ´∀`)ノ
あと個人的にAlexiのMCが明らかに日本人向けになっている(「Yeah!」とか言っとけばOKみたいな)ような気がしてなりませんでした。
(内容が「ここにいる連中のどのくらいのヤツが俺たちの新しいアルバムを買ったんだ?」等。)
そしてJanneの日本語は来日するたびに上達していることを確信しました(笑)
「本日は、ラウドパーク10周年にお招きいただき、ありがとうございます。これは、僕の弟の、アンティです。僕の弟は、日本が始めてです。」
↑こんな感じ(笑)


「またラスト曲”In Your Face”かよ!(;゚Д゚)」と思いつつも、「(このステージで俺たちの)次はSlayerだからな!楽しみにしておけよ!」的なことを叫びつつ無事にチルボドのShowが終わりました(ノ´∀`)ノ


151010_アチエネ


そして準トリとなるアチエネ(Arch Enemy)の豪華なShowが始まります!(ノ´∀`)ノ


-Arch Enemy SET LIST-
1.Yesterday Is Dead And Gone
2.Burning Angel
3.War Eternal
4.Ravenous
5.Stolen Life
6.Bury Me An Angel(With Johan & Chris)
7.The Immortal(With Johan & Chris)
8.As The Pages Burn
9.Dead Eyes See No Future
10.Avalanche
11.No Gods No Masters
12.Nemesis
13.Fields Of Desolation(All members)



昨年は急遽トリを務め、今年の3月にJapan Tourを行ったアチエネがこんなに短いスパンでまたも来日、ラウパ出演を果たしてくれました(ノ´∀`)ノ
今回もステージセットは豪華なもので、なんとパイロまで用意されていましたよ(笑)


151010_Alissa.jpg


心なしかAlissaの動きが鈍い(衣装の問題?)気がするもののやはり迫力あるパフォーマンスを披露。
ずっと前から聞きたかったBurning Angelも聞けて大満足。この曲のギターソロがもう最高なんですわ!(ノ´∀`)ノ


そしてこの日だけの特別なパフォーマンスが。
Alissaが「ラウドパークは今年10周年を迎えたわね!そして、私達Arch Enemyも同じように、今年で20周年を迎えるのよ!そこで今日は特別にゲストを迎えているわ!」
(Altria訳)
と、観客を盛り上げたところで初代VocalistのJohan Liivaと、かつて長きに渡ってアチエネを支えてきたギタリストでMichaelの弟、Christopher Amott(通称アモット弟)の2名が登場!(ノ゚∀゚)ノ
Johanはこれが初来日でしたっけ?ともかく、世界で初の新旧メンバー夢の競演がこのラウパ10周年の地で繰り広げられることとなりました!(ノ´∀`)ノ


151010_Johan登場


AlissaとJeffが引っ込んで初期メンバーとなったArch Enemyで初期の代表曲”Bury Me An Angel”を演奏!(ノ゚∀゚)ノ
立て続けに”The Immortal”を叩き込む。
Johanの歌とクリスのギターは全く褪色することなく健在で、会場も大盛り上がりを見せました
(ノ´∀`)ノ
ついでにパフォーマンス面の不満を理由としJohanが解雇された理由も分かってしまいました(笑)
あれはマズいわ、いろいろと(;´∀`)
(ラウパのオフィシャルフォトギャラリーにも1枚、すごいのが掲載されているので興味ある方はぜひ・・・w)


151010_JohanandAlissa.jpg


2曲を演奏したところで現メンバーへ戻り、メタル界で非常に有名な曲となった”Nemesis”まで爆走。
案の定隣の『BIG ROCK STAGE』を大いに巻き込んでくれました( ´∀`)
最後の最後でJohanとクリスが再び登場し、全員で”Fields Of Desolation”を演奏。
”世界で唯一”となったであろうアチエネのSpecial Showは大団円を迎えました(ノ´∀`)ノ


151010_Slayer.jpg

そして初日の大トリ、Slayerがラウパへ降臨っ!(ノ゚∀゚)ノ


-Slayer SET LIST-
1.Repentless
2.Postmortem
3.Hate Worldwide
4.Disciple
5.War Ensemble
6.When The Stillness Comes
7.Implode
8.Mandatory Suiside
9.Chemical Warfare
10.At Dawn They Sleep
11.Hallowed Point
12.Seasons In The Abyss
13.Hell Awaits
14.Dead Skin Mask
15.Raining Blood
16.Black Magic
17.South Of Heaven
18.Angel Of Death



Slayer3年前のラウパ以来。
その時はサブステージのチルボドを見た後にアリーナへ移動したら既に入場規制でパンパンとなっており、やむなく後ろから見たというちょっぴり苦い思い出が・・・(ノ∀`、)
その雪辱を晴らすべく、今年のラウパはTestamentからずっとアリーナで待機していたわけです。
今年は耳栓もしっかり用意していましたからね。
実際、今年のラウパの状況からしてこの選択は大正解だったようです(ノ´∀`*)


残念ながら病気療養中だったJeff Hannemanを亡くし、またオリジナル・ドラマーだったDave Lombardoも脱退してしまい・・・
残るオリジナルメンバーはTomとKerryのみとなりましたが、ExodusのGary Holtが事実上の正式メンバーに、Paul Bostaphが復帰という形で現在のSlayerがいるわけです。


肝心のパフォーマンスの方ですが、やはり”帝王”の称号は伊達じゃあないですね!
正直なところオーディエンスがお疲れ気味(個人的にTestamentで力尽きただろうとチルボドの時から推測しておりましたw)だったものの、大トリのSlayerのパフォーマンスに会場全体が熱狂していたのは否定しようの無い事実だと思います(ノ´∀`)ノ
デビューから現在までずっとブレることのない凶悪なThrash Metalを終始浴びせ続け、会場を飲んでおりました・・・!
それにしてもなんでTomはステージドリンクをマグカップで飲んでいるのだろうか?(;´∀`)
ちなみに、今年は日本語MCはありませんでした(笑)


151010_Hanneman.jpg


満身創痍のオーディエンスを休ませることなくShowはクライマックスへ。
そして最後の代表曲”Angel Of Death”ではイントロのブレイクと共にバックドロップが落ち、Jeff Hannemanもラウパへ帰ってきました。
これを見て涙ながらにヘッドバンギングをしていたMetallerは数え切れなかったと伝えられております(ノω・、)


こうして文字通り”徹頭徹尾重金属の爆音”に包まれた初日が終了しました。
もう翌日の体力が残っていないくらいに楽しんでしまいましたよ(笑)


151010_初日終了


クロークから荷物を回収し、全く興奮が冷めないまま会場を後に。
初日で今年のラウパの手応えをひしひしと感じ、限られた時間でしっかり休息を取って翌日を迎えねばと、ムダに気が引き締まる思いでした(;´∀`)


151010_祭りは続くよ


入場時には撮れなかった入り口の看板前。(白状すると昼間に撮ること自体忘れましたw)
毎年ココがMetaller集結の地、渋谷で言えばあの犬っコロ(8)のようなスポットです(ノ´∀`)ノ


・・・以上!
非っ常に時間の掛かった初日のレポでした!(ノ´∀`)ノ

このレポを最初から最後まで読んでいくと後半になるにつれテキトーになっているのがよく分かるかと思います。
これは「もう後は直接ラウパに来て体感するんだな!」というMetallerなAltriaからの内緒のメッセージです。
えっ?ここに書いたら内緒じゃねーだろだって?(ヾノ・∀・`)


次回は2日目!
2日目は会場の写真も交えて、ラウパをご紹介(?)しまーす!(ノ´∀`)ノ



Stay metal!!!!lml
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Live Report
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/256-e9718834
該当の記事は見つかりませんでした。