The Zephyr...

ダ☆埼玉県からLet the good times roll!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted by Altria(アルトリア) on  | 

待ってたぜェ!!この”瞬間(とき)”をよぉ!! 1泊2日の福島・奥会津ロングツーリング!!(ノ゚∀゚)ノ ~初日後編~

お待たせしました!
1週間空けての福島ロンツー・初日後編をお送りいたします(ノ´∀`)ノ



160514_水車小屋


初日前編で美味しいおそばや天ぷら、はっとうでエネルギーを補給した私とPBさん。
お腹いっぱいになったところで『前沢曲家集落』へ潜入します(ノ´∀`)ノ
写真は入口は行ってすぐのところにあった水車小屋です。


160514_集落


この『前沢曲家集落』は、福島県南会津町にある集落で、「16世紀の終盤に横田城主・山内氏勝の家臣、小勝入道沢西という人が移り住んだことから始まった」とされる、現在でも伝統的な茅葺屋根の曲家(←L字型に曲がっているからこう呼ばれているようです)のある集落です。
明治40年頃に全戸焼失するほどの大火に見舞われ、その後同一大工さんの集団の手によって各戸を同じようなL字型の曲家が建てられ現在のような集落がが形成されたそうですφ(・ω・ )
なんと現在でも一般の方が住まわれており、入口では「生活のお邪魔にならぬよう」注意を受けますので行かれる方はきちんと従いましょう。
そして2011年6月に国の『重要伝統的建造物群保存地区』の指定を受けた貴重なエリアとなったのです。

このような特色から、奥会津ツーリングに出撃するライダーの間ではテッパンスポットとなっているようなので、私も例に漏れずここを選んだということでございます(ノ´∀`)ノ
あ、ちなみにここ南会津町舘岩地区は、そばの名産地として知られる南会津全域の中でもとりわけそばの栽培に適した気候のため、そばの名産地として有名でもあるようです。
だからあの独特な味わいのおそばが生まれるのですね~(ノ´∀`)ノ


160514_クリーク


そして道沿いにはまだ生活用水として使われていた(いる?)であろう水路も健在。
お水はとてもキレイです。


160514_当時の道具



集落内には資料館があり、かつての集落で暮らしていた人々の生活を知ることが出来ます。


160514_一体型仏壇


私は今回初対面となる、今となっては珍しい(ハズ)の一体型仏壇まで。
PBさんは学生の頃に仏壇のアルバイトなんかもやっていたらしく、時折こんな感じの仏壇を取り扱うこともあったんだとか。
こうした珍しい(と思いきや、最新ヴァージョンのものもあるっぽい)ものを間近に見られるのもツーリングの醍醐味の1つですよね~( ´∀`)bグッ!


160514_階段を上る



小さな階段を上っていくと、


160514_大スギの跡


かつてこの集落に存在していた、樹齢800年の「前沢の大スギ」の跡地が。
平成4年の突風により折れてしまったんだとか・・・。自然とは恐ろしいものです。


160514_集落1


のんびりと集落を見て回ります。


160514_水路


野菜を洗う洗い場らしきものも見れたりと、古い集落の中にも目には新鮮なものばかりです(ノ´∀`)ノ
※これはただの水路です。


160514_無人販売所


何だか伝統的なニオイを醸し出している無人販売所を発見(;´∀`)
せっかくなので売り上げに貢献しようか迷ったのですが、エコバッグのクオリティを確認した上で辞退しておきました(笑)


160514_瑠璃殿1


160514_瑠璃殿2


集落の奥地で『瑠璃殿』というお堂を発見いたしました!


160514_千羽鶴



160514_絵馬


千羽鶴や絵馬が飾られておりました。
この集落の人々が何か大事なお願い事をするときはいつもここに来ているのかな?


160514_巣箱1


こちらは何やら年季の入った箱。民家に設置されているようですが・・・?


160514_巣箱2


なんと蜜蜂の巣箱ではありませんか!(ノ゚∀゚)ノ
新品だとこんな色なんですね。何だか革と同じようにエイジングを楽しめる気がします(笑)
1箱6,500円。自宅で養蜂をやってみたいかたはぜひどうぞ。


160514_集落2


ゆっくり写真を撮りつつ集落を回り終え、次の目的地へ向かうこととします(((*ノ・ω・)ノ


160514_集落3


こちらは前回の記事で昼食を食べた『そば処 曲家』の向かい側の景色です。橋の上から撮影。
見ての通り、お天気は文句の付け所が無い快晴、新緑もキレイです(ノ´∀`)ノ♪


160514_のどかな道を爆走ります


集落を後にし、次の目的地『田子倉ダム』を目指します(((*ノ・ω・)ノ
それにしても信号がほとんどなく、ずっとアクセルを開けたままでいられるツーリングコースってのは本当に夢のようです(ノ´∀`)ノ
関東ではなかなかこういうコースがありませんからね。
やはり福島は爆走りやすいです(ノ´∀`)ノ


160514_只見ダム


1時間以上爆走りっぱなしだったので途中で少し休憩を入れつつ、田子倉ダム手前の『只見ダム』に到着!(ノ゚∀゚)ノ
この只見ダムは新潟県と福島県に跨る、只見川の最上流部に建設されたダムです。
かつてドイツを分断していたベルリンの壁的な存在でしょうか(;´∀`)
ダムによって出来た人造湖・奥只見湖は日本第3位の人造湖だそうですよ。


160514_記念撮影


少し夕日が差し掛かりつつあるこの美しい景色をバックに記念撮影を敢行!(ノ´∀`)ノ
二人とも「Kawasaki」を主張したルックスなのが良いですよね(ノ´∀`*)w
傍から見ると親子っぽいですねとか言わないでくださいPBさんがめまい起こすから。実際私の父とは(ry


160514_ダム到着



ここ只見ダムでは長居はせず、爆走ってすぐのところにある本来の目的地へ移動します(((*ノ・ω・)ノ


160514_田子倉ダム1


160514_田子倉ダム2


こちらが『田子倉ダム』でございます(ノ´∀`)ノ
この田子倉ダムも日本有数のダムとして知られる、やはり奥会津ツーリングではテッパンのスポットであります(ノ´∀`)ノ
(ダム湖百選にも入っているしね)


160514_田子倉発電所


覗き込むと発電所がありました。
この田子倉発電所は認可出力400,000kWを有する日本第2位の水力発電所なんだとか・・・(;゚Д゚)


160514_夕暮れ時の湖


160514_湖1


ちなみにこちらが湖側の景色です。
無駄なもの無き新世界(聖飢魔IIの新曲”荒涼たる新世界”風に)な気分です(ノ´∀`*)
ちなみに他の湖のように遊覧船も運航しており、PBさんも数回ご家族と乗られたことがあるそうですφ(・ω・ )
しかし・・・。


160514_お休みでした


売店に張り出されていた張り紙曰く、「水位不足で運行休止」だったようで・・・。
この記事を執筆している今日(6/19)時点でも梅雨時期のクセしてまとまった雨が降らな過ぎて水不足の危険が叫ばれていますが、なかなか難しい問題ですな~(--〆)
ちなみにPBさんにソフトクリームをごちそうしていただきましたm(*- -*)m
お味は大当たりを引いたと言っていいと思いましたが、写真は撮り忘れたためあまり絵にならないので撮っていませんm(*- -*)m


160514_次の目的地へ


ダムとその周辺の美しい景色を堪能した後は次の隠れスポット的な目的地へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
田子倉ダムから少し爆走すれば到着ですが、フツーに爆走していると見逃すかも。。。


160514_三石神社


というわけで、田舎の真っ只中にあるとしか言いようの無い隠れスポット・『三石神社』に到着です!(ノ´∀`)ノ
ま、この時点では鳥居しか見えませんけどね。
神社の本殿にたどり着くには森のくまさんよろしく山登りは避けて通れないというツーリング中にPBさんを巻き込んで試練に挑むという人の迷惑も顧みない謎のチャレンジャーっぷりを発揮します。←バカ


160514_三石神社看板


鳥居をくぐってすぐのところに設置されている三石神社の解説です。
詳細はこちらの写真をご覧くださいm(*- -*)m


160514_俺たちに明日は無い



試練に立ち向かう(PBさん)の図です。
PBさんの後姿が「俺たちに明日は無い」感を漂わせまくりですよね(笑)


160514_山



いや~この写真のとおり、あまりちゃんとした獣道も無いような”The Mountain”なスポットなわけですよ(;´∀`)
本殿は予想よりも高いところにあるようで、なかなか体力を使うコースになってしまいました(--〆)
特にPBさんは普段のツーリングでは昼頃に帰宅しているというパターンが多いため、この日のようなAltriaスタイルのツーリングは初めてのパターンだったようです。
体力を使わせてしまい申し訳ないと思いつつも、先に進みます(ノ´Д`)ノ


160514_岩の看板



困難(笑)をくぐり抜け、ようやっと第一の目的地に到着しました(ノ´∀`)ノ
ここ三石神社はその名の通り、岩自体が御神体となっているのですφ(・ω・ )
こちらはPBさんからお借りした『一の岩』の解説です。


160514_Intothestone.jpg


「さあ、お参りするんだ!( ゚∀゚)」何故か突然元気を取り戻したPBさんの暖かい声援の下、参拝した結果がコチラです(;´∀`)
明るい将来を目指して孤軍奮闘している毎日(だと思いたい)ですので、少しでもご利益があると嬉しいですね~(ノ´∀`)ノ
ちなみにPBさんは「俺はこれ以上頭良くなっても困るから。」との事で参拝を遠慮されておりました(;゚Д゚)


160514_縁結びの岩


お次は少し上に登ったところにある『縁結びの岩』にて参拝を行います(ノ´∀`)ノ


160514_縁結びの岩2


こちらが解説の看板です(;´∀`)
こんな山奥にも男女の仲を後押しするスポットがあるということですね。
まぁ私はこんなの迷信だと思っていますので・・・。


160514_拝借


しかしあらかじめ5円玉を用意した上で元気良くPBさんの暖かい後押しを受けて挑戦してみましたとさ(;´∀`)
こちらの写真もPBさんBlogからの拝借となりますm(*- -*)m
今年は割と運勢は上々なので、良い結果が出ると信じたいですね~(ノ´∀`*)
⇒2016年6月19日の事後報告となりますが、結果は(この趣旨とはズレてますが個人的にある意味)残念なことが起こり逆効果(ノ_-;)
この手のものは二度とやることは無いでしょう。



160514_給油TIME


三石神社を後にしすぐそこのGSにてガスチャージを実施(((*ノ・ω・)ノ
後は美しい只見川沿いを柳津まで爆走します(ノ´∀`)ノ


160514_道の駅みしま宿


1時間ほど走行したところで『道の駅みしま』に到着です(ノ´∀`)ノ
結構新しい&大き目の道の駅で、たまにイベントなんぞもやっているんだとか。
もちろんここまでの景色は素晴らしいものでしたよ(ノ´∀`)ノ


160514_道の駅にて


しかしですね・・・。
ここに来るまでの間、黒のタントと仙台ナンバーのレガシーにずっと煽られるという極めて腹立たしい事態も発生しておりました(#゚Д゚)
前のクルマたちが比較的遅いためどうにも出来ないというのに。
前車はPBさんが途中で休憩がてら止まってくださったのでやり過ごしたのですが、後車は最終的に我々どころか前のほうを爆走っていたクルマすら抜いていくというマナーの悪さ。
これが唯一この日のツーリングで残念な点でしたヽ(#゚Д゚)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ
PBさん、お気遣いありがとうございましたm(*- -*)m


160514_帰路へ


そんな嫌なこともこの日では微々たるもの(;´∀`)
その後はPBさんの先導に従って柳津を抜けて福島市方面へ帰路につきます(((*ノ・ω・)ノ


特にこの道中は写真を撮っていないのですが、(ブレブレなのでw)
何と気温は9℃へと急降下(;゚Д゚)<冬じゃん!

ジャケットの下は半袖バンT1枚だったので、さすがに真冬近い気温では厳しかったですね。
途中で気合を入れなおすための休憩を挟みつつ福島市へ向かいます。
真夏と真冬を同時に味わうツーリングはこれが最初ですよもう!


160514_幸楽宛


寒い中無事に峠を越えて、福島市内の『幸楽苑』に到着!(ノ´∀`)ノ
福島の郡山に本部があるという、埼玉で言うところの「日高屋」的なチェーン店でございます。
寒い夜にうってつけですな!(ノ´∀`*)


160514_ラーメン


というわけで暖かいとんこつラーメンと餃子を食して体力を回復させます(ノ´∀`)ノ
この場でPBさんから「猪苗代のまんじゅうの天ぷら」について熱心な講義を受けました( ゚∀゚)
この講義は次の日のツーリングに繋がるのでお楽しみに!(ノ´∀`)ノ


160514_旅館へGO


美味しい夕飯をいただいたあとは少しだけ一緒に爆走って、交差点でPBさんとお別れですm(*- -*)m
私は飯坂温泉にお宿を取っているのでそちらへ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
幸い20分程度で到着というナビ結果。やっぱりあるのとないのでは大違いですね!(ノ´∀`)ノ


160514_旅館の部屋


そして無事に21時30分過ぎごろに飯坂温泉の旅館へ到着!(ノ´∀`)ノ
見てくださいよこの豪華さを。このお部屋を一人で使います。
究極の独身貴族を満喫できるということですね~(ノ´∀`*)


その後少し荷物の整理をしたらいつもの日課をこなし、その後温泉へDive!
人もほとんどおらず一人で飯坂温泉を満喫させてもらいました(ノ´∀`*)


しかし温泉を出たあたりでとうとう疲労のピークが来たようで・・・(;´∀`)
あとは布団に入り、ぐっすりと眠るのでした・・・o(__*)Zzz


<本日の走行距離>
623.5km



160514_ZEPHYR1100.jpg


以上!
二分割した福島ロングツーリングの初日編でした!(ノ´∀`)ノ
次回は2日目の様子をお送りしますが、正直初日ほど色濃くは無いです(;´∀`)
(なので1記事にまとめられるかと!)
かなりBlogの記事がスタックしていてイヌの手も借りたいところではありますが、どうにか梅雨時期中にやっつけます!


深夜の飯坂温泉は忘れられませんなぁ!(ノ´∀`)ノ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 2 comments  0 trackback

-2 Comments

pboysblue "いいねいいね"
治療の甲斐なく熱が上昇しているので意識のあるうち
コメントします。(←貧乏神戻していいから疫病神引き取ってください。)

あれだけ盛り沢山な後半をうまくまとめましたね。
そして登山中の自分の後ろ姿に感動しました。
いい写真や~これ。(出勤風景に見えなくもない。)
やはりつるんで走ると記録の幅が広がって良いですね。

二日目の単独行も楽しみにしてま~す。
2016.06.19 21:01 | URL | #- [edit]
Altria(アルトリア) ">pboysblueさん"
実は貧乏神の野郎共が意外と役立ってくれていることが改めて判明しましたので、せっかくなのですが辞退させていただきますね( ゚∀゚)o彡°
↑これぞ”残酷ななんとかのテーゼ”。


分割してもかなりのヴォリュームがあったので、苦労しました・・・(´Д` )
結局半日近く使った気がしますしね。
でもやっぱり良い思い出です(ノ´∀`*)
そして、やっぱり男達の出勤時の姿も「俺たちに明日は無い」なんですよね(;´∀`)


二日目は割とシンプルなまとめになりそうな予感です(笑)
来週中にはうpすると思うので(また言ってる・・・)、お楽しみに!(ノ´∀`)ノ
2016.06.19 21:16 | URL | #FPonLAj2 [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/272-a288a208
該当の記事は見つかりませんでした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。