FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

本州最東端の地を目指して!岩手・魹ヶ崎へ単身特攻ツー!(;゜Д゜)

大分長々と続いてしまった夏のツーレポシリーズも徐々に終わりへ近づいております!(;´∀`)
ちょっと訳あって急いでBlog内の時間をリアルタイムに戻さなくてはならない面もあるので、ダメブロガーAltriaは自分で自分のお尻をスパンキング・・・いや、火を付けて頑張ります(;´∀`)


さて今回の記事は去る8/25(土)のお話!
ようやく8月の記事はこれにて最後になりますm(*- -*)m


「日本本州の最東端はここ東北地方の岩手県にあるということが判明。
その実態を探るべく“The Zephyr”管理人は調査員という名の管理人自身を現地へ派遣した。
辿り着いたその末路は・・・!?」

※大げさです。


180825_1.jpg


8/25(土)、午前9時。
仙台より東北自動車道で小一時間ほど北上し岩手県は一関市にある『道の駅かわさき 川の灯り』までやってまいりました!( ´∀`)
岩手のツーリングは一応前月の青森ロンツーの初日以来ですね。


今回の旅は前述の通り、「本州最東端の地・魹ヶ崎(とどがさき)」を目指すツーリングでございますm(*- -*)m
魹ヶ崎は岩手の宮古市(やはり本州最東端の市)にあるため、一度内陸部から太平洋沿いまで出る必要がありますφ(・ω・ )
今回は魹ヶ崎だけでなく他にも立ち寄りたい場所があったので、一関までやってきました!
※ストレートに行くなら盛岡南ICで降りてR106を東へ進むルートが最速です。7月の青森ロンツーの時のルートですね。


180825_2.jpg


で、その立ち寄りたい場所の一つがこちら!(ノ゚∀゚)ノ
私がこの岩手で大のお気に入りのカフェ”Cafe Stand Halte”です(ノ´∀`)ノ
ある意味岩手ツーはここに立ち寄らなければ事は始まらないのかもしれませんよ(笑)


180825_3.jpg


いつも通りワッフルとドリンクのセットをオーダー。
この日はクリームチーズ&ハニーのワッフル。季節限定のパッションフルーツ。
(2018.10.7修正・・・間違ってました( ;´Д`))
Halte独特のワッフルのサクサク感は変わらず美味しい!(ノ´∀`)ノ
この日はまだまだ暑いのでアイスコーヒーをセットにしましたがこれもまたGood( ´∀`)b
やはり岩手のツーリングはここを外してはいけません!奥さん超美人だしね!(笑)


180825_4.jpg


美味しく元気をチャージしたら海沿いへ向けて出発!
まずは我らが宮城の気仙沼を通過した上でR45を経由し宮古方面を目指します(((*ノ・ω・)ノ
割と定番のルートですよねこれ。
天気もこの日は1日中晴れであることを確認してきたのでこの通りツーリング日和です(ノ´∀`)ノ


180825_5.jpg


小一時間ほど爆走って陸前高田に到着!
ここで昨年も見た"あのオブジェクトを再度拝見します(((*ノ・ω・)ノ


180825_6.jpg


そう、例の震災で多大な被害を受けたこの陸前高田市に君臨(?)する復興のシンボル、
『奇跡の一本松』です!
ちなみに英語だと”Miracle Pine”って言うんです(;´∀`)<そのまんま・・・w
昨年10月に初めて見たのですがその時は少々曇り気味のお天気。
こうして好天の中で見るのは初めて!R45の海沿いはまだまだ他のエリアと比べて復興が緩やかですがきっと立ち直ると信じております( ´∀`)b
そして、この日のこの瞬間から「カメラ」という趣味が大きなターニングポイントを迎えました(後述)。


もっと写真も撮ったしアイスなんかも食べたのですが(笑)、その辺りのまではとても載せていられないので割愛!m(*- -*)m
熱中症にならないように細心の注意を払いつつひたすらR45を北上し続けます(((*ノ・ω・)ノ
お天気は変わらず好天の中・・・



















ーその時ふしぎなことが起こったー




















180825_7.jpg


釜石市に入ったあたりでまさかの降雨。(;゜Д゜)
いやいやいやいや降水確率0〜10%だったでしょ!?現地の天気晴れマークだけで曇りマークすらなかったでしょ!?
それが嘘のようなシチュエーション。正直「ガン萎え」ってやつです。一気にやる気を削がれました・・・(´Д`|||)


180825_8.jpg


とりあえず近場のご当地スーパーで昼食を兼ねた休憩。。。
iPhoneの雨雲レーダーを確認してみるも雨雲反応一切なし。そしてあっさりと止んで元通りの晴天。
どうやら本当に一瞬のにわか雨だった模様。どんだけ雨男なんだよ俺は・・・(´Д`|||)
おかげさまでまたもピカピカに磨き上げた愛機Miyagi(Z900RS)も泥でどろっどろ(寒い)に汚れたのでした。。。orz
気を取り直してお弁当類を購入してパワーチャージ。
そこら辺で売ってる「いろはす」っていうミネラルウォーターがありますが実は北東北だと採水地が違います。(岩手県の奥羽山脈)
というか全国6ヶ所の採水地があるらしく、関東〜南東北だと山梨みたいです。こういう違いが楽しい!
ちなみにこのスーパーは昨年10月にも立ち寄ったところで、食べたお弁当も同じです(笑)


そうしているうちに気がつけば超絶狭い・暗い・路面状況悪いの三拍子揃った悪路こと県道45号線へ・・・ここを抜けなければたどり着けないなんて( ;´Д`)
細心の注意を払いつつ走行。当然ですが写真はありませんよ!


180825_9.jpg


そんな悪路を抜けてようやく魹ヶ崎へのアクセス地点『姉吉キャンプ場』の付近に到着!
この看板はググるとよくヒットするやつですね。


180825_10.jpg


ついでに向かい側にあったバス停を偵察(((*ノ・ω・)ノ
こんな人里離れた場所(かつ道路状況悪すぎ)でバスなんて誰が使うねん、って感じですけどやはりお年寄りやまだ免許を取れない中高生あたりの年代の子たちが利用しているのが現状?のようで・・・。
何だかやたらと自民党推しなバス停ですねw


180825_11.jpg


で、これがバスの時刻表。
まさに「田舎」ですな。運賃も当然ながらなかなかのお値段。
事前に「バスの本数は多くはありません」って情報は宮古市のHPで握っていましたがこれじゃあねぇ・・・。
岩手は盛岡⇔宮古を行き来するバスもあるようですが正直私は利用したくないです。あんな長い区間バスで耐えられるわけがない。


180825_12.jpg


先ほどの地点からスーッと下っていけば2018年10月現在魹ヶ崎への唯一の出発地点『姉吉キャンプ場』へ到着でございます(((*ノ・ω・)ノ
ここで装備を整えつつ愛機の撮影。当Blogを頻繁にご訪問くださっている方々は薄々お気づきかと思いますが最近バイクの写真がかなり少ないですからね。
次回のツーレポでは少し多いはず・・・。


180825_13.jpg


パッと見では分かりませんが前述の通り雨でドロドロに汚されてます(ノ_-;)
それでもやはりカッコいい!( ´∀`)b
この愛機があってこそ、これからこの冒険が出来るわけですからね!


180825_14.jpg


昔ながらの丸目一灯ながらもその一灯は現代のLED仕様。全く古さを感じずモダンさとレトロさを巧く融合出来ていると感じます(ノ´∀`)ノ


180825_15.jpg


我が愛機とのコミュニケーションを取ったところでそろそろ出発します(((*ノ・ω・)ノ
この姉吉キャンプ場はいわゆる「デイキャンプ場」で、宿泊までは出来ません。
で、この辺りは携帯電話の電波が届きにくい上に付近にコンビニ等の店舗はもちろん自動販売機すらありません。
この時点で大分”最果て感”が出ています。
そのため、魹ヶ崎へ向かわれる場合は必ず十分な装備(食料・水・クマさんよけの鈴・バンドエイドなどの応急処置用品など)を整えた上で行くことをオススメします。
あと歩きやすい・動きやすい服装で。



180825_34.jpg


こちらが灯台までの案内板。何とここから約4kmほどのトレッキングを経てようやく辿り着けるというまさに”最果ての地”でございます。( ゜д゜)
本州最西端・最南端の事情は分からないのですが、7月に行ってきた最北端の大間崎のような気軽に行ける観光地というわけではないのでかなりの覚悟が必要です。


180825_16.jpg


遊歩道入口まで移動。姉吉漁港という小さい港のそばです。
ちなみにバイク侵入NGです。オフ車の方はお帰りいただくか、キャンプ場にバイクを停めてから歩きで来ましょう( ノД`)w


180825_17.jpg


こちらが入り口でございます。
見ての通り既に険しそうです。実際歩いてから数百mは少々キツイ坂道が続きますが、あとは割と平坦です。
前述の通り「動きやすい服装・歩きやすい靴」で来ないと大変です。
もしデートで来るならばアウトドアのつもりで来ましょう。個人的にはおすすめかも!


180825_18.jpg


というわけでいよいよ本州最東端の地を目指してトレッキング開始!(((*ノ・ω・)ノ
登り始めてしばらくするとこんな小さい看板が。
どうやら例の震災の津波はこの辺りまで到達したようです。こりゃひとたまりもない・・・。


180825_19.jpg


ギリギリキャンプ場が見える範囲から撮影。これでも大分離れてますね〜。
見ての通り人なんて全くいません。この無人さがまた良い(笑)


180825_20.jpg


小さい虫の襲撃を何とか払いつつようやく平坦な道へ。
あとはひたすらこんな感じの山道をトレッキングし続けるのみ!でも1時間弱掛かりますので時間には余裕を持って。
言うまでもありませんが灯なんて1つもありませんので。暗くなるとマジで帰れなくなりますし野生動物に襲われるリスクも高くなります。ていうか死ぬ。


180825_21.jpg


ピンボケ写真で失礼。
この看板の地点が歩道の最高地点なんだそうです。ここまで30〜40分くらいだったかな・・・。


180825_22.jpg


先ほどの看板の地点からさらに30分強ほど歩いたところで配電盤が!(ノ゚∀゚)ノ
これは灯台が近いという証拠!もう一息ですね!


180825_23.jpg


またピンボケ写真ですみませんm(*- -*)m
先ほどの地点から少し歩いたところにこの「本州最東端の碑」の看板が!(ノ゚∀゚)ノ


そして100m少し歩いてみると・・・















180825_24.jpg


キターッ!!(ノ゚∀゚)ノ
ついに・・・ついに本州最東端の地へ到達!(ノ´∀`)ノ


180825_25.jpg


改めまして、こちらが日本本州最東端の地・『魹ヶ崎(とどがさき)』です!(ノ´∀`)ノ
東経142度04分21秒、正式な住所は「岩手県宮古市重茂第9地割大平」という何だかすごそうな名称。
Wikipediaにも書いてありますがわりと緩やかな曲線の海岸地形でそんなに移動には困らないです。
遊歩道自体も整備されていましたし。ただし時間がかかるのも含め注意事項は前述の通り。
最北端の大間崎とは大違いの、真の意味での「最果ての地」です。
そのため「とうとうここまでたどり着いたか・・・!」という達成感は圧倒的にこちらの方が大きいです(;´∀`)


180825_26.jpg


そして1つ前の写真の左側に写っていたのがこの魹ヶ崎のシンボル・『魹ヶ埼灯台』
日本の灯台50選にも選ばれ、三陸海岸沿いにある灯台でも一際明るいことで有名。
かつては宮古市の職員さんが宿直で管理をしていたそうですが、1996年に完全自動化され現在は無人です。
ってかここで宿直って大分大変じゃないか?(;´∀`)


180825_27.jpg


先ほどの最東端の碑から灯台まで移動。すぐです。
灯台についての説明文があるのですが見ての通りボロボロで読みにくいったらありゃしない!(;´∀`)
これもまた最果て感の演出に一役買っているってわけです。


180825_28.jpg


敷地内には屋根付きの展望台みたいなところがあるのですが、そこにはこの「思い出ノート」が・・・。
箱を開けて中に入っていたノートを見てみると、意外にも全国様々な場所からこの地を訪れた人々の書き込みで溢れており、思わず見入ってしまいました。いろんな思いがあってここに来ているんだろうと。
そんな熱い想いの書かれたノートに私もしっかりとラクガキ想いを書き綴ってまいりました(;´∀`)
Twitterのアカウント名も書いてきたんだけど誰も気にも留めないかな・・・w


180825_29.jpg


なんだかんだで小1時間近く最東端の地で風景を眺めたりして時間を過ごし、暗くなる前に撤収(((*ノ・ω・)ノ
その前に本来もう一つのルートである「種刺海岸」側の方を少し覗き見。
船着場が見えます。あと海が本当にキレイ!(ノ´∀`)ノ


180825_30.jpg


が、この通り通行止めです。
実はここも例の震災で道が崩れてしまっており、7年経過した今でも全く復旧していないのです。
一応当時、魹ヶ崎灯台も少し損傷があったらしいのですが私が通ってきた姉吉キャンプ場ルートもあるわけで。
恐らくこっちのルートの復旧は当分先でしょうね。もしかしたら私が40〜50歳過ぎた頃になってるかも。


そんなわけで名残惜しくも(笑)、来た道をひたすら引き返します(((*ノ・ω・)ノ
道中の写真はカットしますが・・・















180825_39.jpg


途中で↑に遭遇しますた。( ゜д゜)


いや、20〜30分くらい歩いたところで自分が歩いていた地点より斜め右上の方向でガサガサっと何かが動く音がして、そっち向いて見たら何やら怪しげな黒い四足歩行の動物の姿が・・・。(;゜Д゜)
写真でも取りたいところだったのですがさすがに命の危険を感じたので、iPhoneで音楽を音量MAXで流しつつ(クマよけ)、ソーっと立ち去りました・・・。
後日ググってみると普通にクマ出るらしいですねここ。
なので、クマよけ装備は必須です。間違っても私みたいに丸★腰で行かないように!(;´∀`)

※私は別にクマを倒せるほどの戦闘力を持っているわけではありませんw


その後、途中で男性の方と鉢合わせたのですが「もしかしてカワサキのバイクの方ですか!?」と声を掛けられまして。
やはり同じくキャンプ場にバイクを停めて歩きで来られたライダーの方でした(ノ´∀`)ノ
たどり着くまでの時間や、「途中でクマと遭遇したので気をつけて」と注意喚起を行って別れました。
無事にたどり着けたかなぁ・・・(;´∀`)


180825_31.jpg


やはり小1時間ほど歩き続けてようやくキャンプ場付近まで戻って来ました!(ノ´∀`)ノ
いや〜達成感がすごい!ここから仙台まで帰ることを考えるとナイーヴになりますがw
そしてこの帰り道でもライダーさんと遭遇。「どのくらいかかりました?」と聞かれたので往復で2時間弱であることやクマさんのお話をば。
しかし時刻は既に17時を回っており・・・。
実は仙台への帰路の途中で再びすれ違ったのですが、時間を考えると恐らくこの方は灯台まで行くのは断念したんでしょうね。無理もない。


180825_32.jpg


で、そのライダーさんのバイクがこちらのドラッグスター。
遊歩道でお会いした方はホンダのバイクだとおっしゃっていたので間違いないはず。
勝手に写真を撮らせていただいたのにはワケがありまして・・・。


180825_33.jpg


なんとバイク日本一周中の方!(ノ゚∀゚)ノ
詳しくは書きませんが九州から来られた様子。
大体バイクで日本一周される方はこのような自作のプレートにTwitterなどのアカウントを記載していることが多いのですが、こちらの方はこの通り特に記載なし。
自分のフォロワーさんにもいらっしゃらないのでもしかしたらSNSはやってないのかな・・・。
昨日、Twitterでどなたかご存知ないか問いかけたのですが無反応でした( ノД`)
この日から1ヶ月以上経過していますが、無事に旅を続けられているor終えられていることを祈るばかりでございますm(*- -*)m


180825_35.jpg


で、あとはひたすら仙台を目指して爆走るのみ!(((*ノ・ω・)ノ
帰りはTheory通り?宮古市からR106をひたすら西へ爆走して盛岡まで出て、そこから東北自動車道で仙台まで。
こう書くと簡単そうですがこれだけで普通に3時間近くかかります。いやマジで。
岩手って四国に匹敵するほどの大きさなので、国土ならぬ県土がかなり大きいんですわ・・・。(´Д`|||)
なので岩手県内をツーリングするとなるとかなり体力勝負です。


180825_36.jpg


道中の写真はいろいろと事情があるのもありますがつまらないのでALLカット!
結局5時間以上かけて無事に仙台に帰投! (ノ´Д`)ノ
この日の走行距離は579.4km。いや〜爆走った爆走った(笑)
タイトなワインディングこそ無かったものの、達成感たっぷりの旅路でしたわー!


180825_38.png



走行ルートはこんな感じ。やっぱり範囲が広い!(笑)
正直魹ヶ崎へ行くならばここ1本に絞ったほうがいいかも・・・。
それか単純に盛岡&宮古の往復。現地でだいぶ体力使いますからね〜。


180825_37.jpg


最後にめったに撮らない自撮りを1枚(笑)
東北には本州最北端と最東端があるというならば絶対に行っておかなければ!と思った1つがこの地でございました。
大間崎と違って華やかさは皆無ですが、この達成感は何ものにも変えられない大きな感動があります(ノ´∀`)ノ
今年のツーリングの大きなハイライトの1つになったのは間違いないでしょうね!
クマさんと遭遇するのはご勘弁願いたいところですが。


そしてこのツーリングの日から、カメラは全てマニュアル撮影をするようになりました。
基本的にプログラムオートが多かったのですが、これで全てが自由自在に撮れるようになったと感じます。
腕はまだまだですが、更なるクオリティの向上を目指してバイク共々修行に励みますm(*- -*)m


こうして(降水確率ほぼ0なのに)雨に降られるクマさんと遭遇するの困難を乗り越えてこの楽しい?8月中のツーリングは無事にエンディングを迎えることが出来たのでした・・・(ノ∀`、)w


この記事を書いている10月頭、夏もほぼ終わり。
今振り返ってみると海外旅行だとか飛行機を使っての国内旅行だとか、リア充っぽい華やかさこそないものの充実した夏を過ごせたんじゃないかなって思っています。(雨を除いて)
これも今の愛機の恩恵が大きいところです。じゃなかったらこんなに冒険を繰り広げていませんからね。
結果として2018年、非常に充実した1年となるんじゃないかと確信を持ちつつあります。
あと2ヶ月強、存分に楽しく過ごしたいですね!(ノ´∀`)ノ


それでは次回の記事よりようやくBlog内の時系列が9月に移ります!(;´∀`)
運が悪いことに9月は週末に限って秋雨に見舞われることが多く、4〜8月と違って全然ツーリングへ行けなかったために記事が少なめになります。。。
どうかお付き合いくださいませ!m(*- -*)m


野生動物がいっぱいいっぱい!(笑)
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback

4 Comments

れいす "祝最東端到達"
四極制覇はやはりライダーのあこがれですよねぇ〜!!
自分も九州行った時の佐世保の最西端は達成感半端なかったです!

身近(?)でも近畿最北端の京都の経ヶ岬、和歌山の潮岬等、が到達証明書とかあってなかなかに楽しいです(*゚-゚)

カメラ私も新調しましたがオートに甘えてるのでまた会った時教えてくださいw
2018.10.04 21:59 | URL | #- [edit]
pboysblue "これは佳いかな佳いかな"
人が来ないキャンプ場での熊狩りキャンプも良いな~。
どうです?我がテントは余裕ありですよ。
もちろん直ぐ逃走出来るようワタクシは入り口に寝ます。

さておき、この最東端ロケーションは食指をそそられました。
自分の体調と体力的には2泊3日の行程です。(寝るとは言っていない)
2018.10.04 22:01 | URL | #- [edit]
Altria ">れいすさん"
ありがとうございます!m(*- -*)m
実はれいすさんがその最西端に到達しているご様子を拝見して「ならば自分は最東端へ行かなければ!」という誰にも頼まれていない謎の使命感に駆られていたのです(;´∀`)w
やっぱり最果ての地の高揚感は格別ですよね〜!

結構到達証明書みたいなのを用意しているところが多いみたいですね!
この本州東西南北の端も例外ではないらしいですが、自分は特に取得してないです(おい!w
せっかく北と東は到達したので、ぜひ将来は南と西も行かねばという気持ちです( ´∀`)b


カメラの件、承知しました!
が、私もまだまだ修行中の身なので大したことはお教えできないかもです・・・(汗
次回会うまでにレベルアップをば(;´∀`)
2018.10.04 23:12 | URL | #1Dv.ILEo [edit]
Altria ">pboysblueさん"
そうか、以前購入されていた例の手斧を武器にすぐ戦えるよう入り口で待機してくださるんですよね!(ノ゚∀゚)ノ
ちーさんに見張りをやってもらう・・・のは難しいかな(苦笑


クマさんのリスクを勘案してもここは絶対行ったほうがいいですね!達成感が全然違います。
福島からだと確かに宿泊を前提に行ったほうがいいでしょうね・・・ただでさえ宮古市までクソ遠いのにキャンプ場から往復2時間強ですから(´Д`|||)
ここまで来たら龍泉洞もセットで!
2018.10.04 23:15 | URL | #1Dv.ILEo [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/377-c46c595d
該当の記事は見つかりませんでした。