FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

ミヤギ(Z900RS)のオイル交換とサービスキャンペーン、そしてリコール対応!( ゜д゜)

190429_1.jpg


前回の記事でお送りした千葉・茨城ツーの翌日、4/29(月)のお話ですφ(・ω・ )
4/21(日)に初訪問を果たしたカワサキプラザ川越へ行ってきました( ՞ਊ ՞)ノ


190429_2.jpg


目的は予定通りオイル交換です。
「(オイル交換まで)あと1,000km切ったくらいですね〜」なんて話をこちらの営業さんにしていたのですが、帰宅後に確認してみたらあと300km程度だったという( ;´Д`)
チバラキツーで420kmも爆走ってしまったので当然交換です。銘柄は前回と同じく冴速(10w-40のカワサキのハイグレードオイル)です( ՞ਊ ՞)ノ


190429_3.jpg


プラザ川越ではこうして席から工場の作業を見ることが出来ます( ՞ਊ ՞)ノ
先のテーブルにはコンセントも完備という親切設計。仙台では自分のバイクの作業風景までは見たことないので新鮮でしたね!
ただし、かつて例の一件で工場に入れてもらったことはあります(苦笑


190429_4.jpg


今回はオイル交換の他にもZ900RSのサービスキャンペーンとまさかのリコール対応を行っていただきましたm(*- -*)m
サービスキャンペーンはETC車載器のダンパ交換リコール対応は光軸調整ですね。後者は自分でカワサキのHPから検索しても該当しなかったのですが、どうもTwitterで得た情報によると今回の対象台数があまりに多過ぎてリコール対応の態勢構築に時間がかかっているのが原因とのこと・・・それで検索しても引っかからないのか(´Д` )
オイル交換で訪れたのですが事前にリコール・サービスキャンペーン共に該当するか調べて「対応させていただきます」とお若いメカのお二人が大変丁寧に作業してくれましたm(*- -*)m
ETCは以前から加速したり高速道路の走行中にタコメーター内の”ETC”ランプがしょっちゅう点滅していたのですがこの対応後は無くなりました。よほど不安定な状態だったのでしょうね(;´∀`)
該当しているZ900RSのオーナーさんは今すぐに最寄りのカワサキプラザへ行きましょう!どこのプラザでも大丈夫なようです(後述)。


190429_5.jpg


無事にすべての作業が完了し、メンテナンスノートもバッチリ記載してもらってあとはストレート帰宅。
もちろん先日のTERAさんによるタイヤ交換時も記載してもらっています( ´ω`)
リコール対応などがあるとこのページに記載されるようです。
以前から仙台六丁の目・川越双方からお話は伺っていましたが、カワサキプラザはプラザネットワークで全顧客情報を共有しているので私のように仙台→川越と異なる店舗を利用してもきちんと情報(整備履歴など)が出てくるので安心です( ´∀`)b
実際プラザの領収書もちゃんと現住所(宮城)で出てきましたから(笑)
プラザ川越に限って言えば私の先代愛機・ZEPHYR1100の整備履歴も出てきて(プラザ川越の前身・LAUNCH MOTORCYCLEのもの)メカニックの方から聞かれたりもしました(;´∀`)
これはユーザー視点だと安心できる要素ですね。引っ越したりしても無問題というわけです(ノ´∀`)ノ


そんな感じでこの日のネタはあっさりと終了です。
というのも、以前の記事で触れていますがGWは初日から熱を出してしまって前日のチバラキツーは結構寒い日だったのにも関わらず防寒対策が不十分だったこともあり熱が悪化してとうとうこの日にピークを迎えてまして(ノ_-;)
結果、いつぶりか分からないくらいに高熱で2日ほど寝込むという事態になりました(´Д`|||)
やはり1番の原因はストレス、2番目にここ数ヶ月間の気温の変化が激しすぎて身体がついていけていないのだと思います(--〆)
この記事を書いている時点では多少鼻水が出ることを除けば回復はしています。
東京出張もあと1ヶ月半で終了なので、これ以上体調を崩さないように頑張ります・・・。


ある意味GWは遠出の予定がなくて良かったのかも(;´∀`)
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

初タイヤ交換!BS・S22装着!と桜( ՞ਊ ՞)ノ

190412_1.jpg


というわけで前回の記事から5日後の4/12(金)のお話です!
予定通り声優の梶裕貴さんのご出身地の(もうええわ)坂戸市の『Bike Shop TERA』へやってきてミヤギ(Z900RS)を託します( ՞ਊ ՞)ノ
その間は近所の眼科へ行ってコンタクトレンズの定期検診を受けに行ったり。
TERAさんとも話したのですがここら辺の病院って眼科でも接骨院でもおGさんやおBARさんがほとんどで若い人がいないんですよね。。。日本政府が一生懸命推進している少子高齢化がここ埼玉でも目に見えて分かるのです、ハイ(´Д` )
(自分も推進している身なのでアレですけど)


190412_2.jpg


1時間半ほど経過し、ちょうど検診が終わったタイミングでタイヤ交換完了!( ՞ਊ ՞)ノ


190412_3.jpg


装着したタイヤはブリヂストン・S22!
S21の後継で新型ZX-6Rの純正タイヤとしても採用されている、ブリヂストンが発表したばかりの新型スポーツタイヤです(ノ゚∀゚)ノ

昨年の発表時から元々入れたかったT31を差し置いて注目していたタイヤ。以前から当BlogでもTwitterでも散々言及していたから驚きもありませんよね(笑)
個人的には初めての純スポーツタイヤになります。
リッターSSに近い軽さに十分な戦闘力を備えるZ900RSなので間違いなく相性は良いはず!特にツーリング先でワインディングの楽しみを追求する私にはうってつけだと思いました!


190412_4.jpg


今回も格安でやってくれたTERAさんに感謝ですm(*- -*)m
でもあれでどうやって利益を得ているのだろう・・・何かカラクリはあると思いますけどね(;´∀`)
近くにお住いでタイヤ交換を検討している方がいらっしゃったら足を運んでみてはいかがでしょうか?
前回の記事でも触れた通り、国内4メーカー対応で懇切丁寧に作業してくださり、かつ下手にディーラーや量販店で頼むより安く済むと思ってます。また次回もお願いしたいです( ՞ਊ ՞)ノ
ちなみに支払いの際はVISA/MasterCardの他にPayPayが使えます。
今回はPayPayで支払いをしたのですがキャンペーンで1,000円の残高を手に入れました(笑)
前回のキャンペーンの時は数万円タダなんて方もいらっしゃったらしい(;´∀`)
以前も書いてますが私的キャッシュレスの話はまたいつか!


190412_13.jpg


ちょっと次に載せる写真をスキップして早速ですがインプレです(((*ノ・ω・)ノ
Fate/stay nightの衛宮士郎くんばりに「へっぽこ」なのであまりアテにしないでね。しかも彼と違って私は固有結界使えないし(笑)
せいぜい自分を慰(自重
まずタイヤ交換した直後だと新品なので何かしらの違和感を感じることも珍しくないと思います。
昨年秋に仙台のバイク仲間mackyがBT-023を投入した直後も「なんかフワフワしてる」と述べていましたし。
しかしS22はそんな違和感も全くNothing!
TERAさんが「今のタイヤはワックスがかなり薄いから30kmも走れば皮むき終わっちゃうくらい」と仰っておりましたがそれを差し引いても違和感を感じない。それどころか車体がピッタリと路面に張り付いている感覚( ゜д゜)
そしてちょっと右左折するだけでもフロントの切れ込み具合が鋭く感じます。キレッキレだよキレッキレ!全盛期のMichael Jacksonばりにキレッキレ!(笑)
これがハイグレードなタイヤの魔力なのか・・・!


190412_14.jpg


慎重に白石〜定峰峠のルートに突入しいつものワインディングをこなしていきますがバンク時も車体の安定感バツグン!
前よりアクセルを開けるタイミングが早くても大丈夫なくらいの安定感があります。
さすがにウェット路面に枯葉ズがonされていた部分だけはズルッ★とスリップしましたが(笑)、トラコンの恩恵もあってか特に慌てることもなくクリア。
気が付けば初日で100km超を走破し、あっという間に皮剥きは終わりを告げたのでした( ´ω`)
やっぱり●茎はよくないですからね!ズル剥けじゃなきゃダメなのよ漢は( ՞ਊ ՞)ノ(違
後日これを宮城のバイク仲間たちに報告したら「変態」と言われました。S22と走りたくなる峠があるのが悪いのだよ(笑)


190412_16.jpg


こんな感じで、街乗り・ツーリング・ワインディングに加えてサーキット走行にもしっかり対応した素晴らしいタイヤでございます(ノ´∀`)ノ
あと気になるのはライフですかね。周りからは6,000kmが関の山と言われましたが個人的には8,000kmを目指しています。前身モデルのS20 evoやS21でもかなり人によってバラつきがあるので何とも言えないので、GPR-300を12,000km近く持たせた身としてある意味人柱的な役割を勝手に担います( ՞ਊ ՞)ノ


190412_5.jpg


タイヤの話はこの辺にしておいて。
ちょうどこの時期は桜が満開の頃だったのでササッと写真を撮ってきました( ՞ਊ ՞)ノ


190412_7.jpg


坂戸では花見スポットとして有名な高麗川沿いの遊歩道エリアですね。
実は今まで友人のkocoくんの家があったのですが、先日一家で別の場所に引っ越してしまい。
私も今は仙台在住なので来る機会がなくなってしまいました。
今回すぐ近くでタイヤ交換をしたので良い機会かなと( ´ω`)


190412_6.jpg


190412_17.jpg


上野恩賜公園みたいな誰でも行くような桜のスポットももちろんステキなのですが、このようなローカルスポットで思う存分まったりと桜の写真を撮るのも悪くないと感じます。人混みが好きなわけじゃないしね(;´∀`)
えっ?「だってお前一緒に花見するパートナーいないもんなwww」だって?
んなコトは言われなくても分かってるんだよ社会に背を向けて生きているんだよ俺はよ!
ヽ(#゜Д゜)ノ┌┛(ノ´Д`)ノ


190412_9.jpg


で、この坂戸の花見スポットを後にしてお昼ご飯を食べるために埼玉有数のDO★田舎町、毛呂山町まで足を運び老舗ラーメン屋の『大海軒』へ(((*ノ・ω・)ノ
餃子やチャーハン、ビール等の余計なメニューは一切用意せず、純粋に中華そば(ラーメン)のみで勝負を挑み続け40年以上。
その味はかつてラーメンの大会か何かでも優勝を勝ち取り周辺住民のラーメン欲を満たすことに成功し続けてきたのです(;´∀`)
私もかつて小学生だった頃に東京から埼玉へ引っ越してきて以来、親に連れられて来たラーメン屋がここだった記憶があります(笑)
なのでこの写真の店舗(新店舗)に移転する前の旧店舗時代も一応知っている身だったり(;´∀`)


190412_8.jpg


そんなわけで卵入り中華そばをいただきます( ՞ਊ ՞)ノ
大海軒の中華そばのスープは数種類の煮干しをブレンドしたバリバリの魚介系。運ばれて来た瞬間から煮干しの香りが漂い、かつスープが最初熱いです。
ですがこれに慣れてくると非常に味わい深く、デフォルトで2玉ほど入っている麺をガンガンすすってしまうのです( ´ω`)
何年振りか分からないくらいに食べに来ましたが美味しかったですね!また食べに来たいです。
ちなみに2玉もいらないよという場合は1.5玉の小盛りもあるのでご安心を。
今はどうかわかりませんが昔は子供連れだと小分けのお皿をくれたりしました。


190412_10.jpg



昼食後はまた別の桜スポットへ(((*ノ・ω・)ノ
埼玉に住んでいたときはここで桜とバイクの写真を撮っていたので、せっかくなので皮むき前に立ち寄ってみました!


190412_11.jpg


本当に田舎の小さな川沿いですが、個人的な穴場です( ´ω`)


140406_ZEP11Cherry Blossom


お楽しみの時空越え!2014年の記事から( ՞ਊ ՞)ノ
この写真を撮ったのがもう5年前ですか・・・そりゃ歳もとりますわな(;´∀`)
5年前の私は今の私を想像できてたかって?絶対できてないね!
本当なら今頃美人と結婚してたはずなのに!(´༎ຶД༎ຶ`)


190412_18.jpg


個人的にやりたかったフューエルタンクに映る景色( ´ω`)
Twitterで流れてきたネタのパクリなんですけどね(笑)
今年はこれを春夏秋冬で揃えます!トランプのフォーカードのようにね( ՞ਊ ՞)ノ


190412_15.jpg


これらの流れの後、前述の皮むきに出向いたのでした(笑)
そんな本日の走行距離は125.4km。上出来でしょ!( ՞ਊ ՞)ノ
我々の世代的にはあの元ももクロでてれび戦士だった伊倉愛美ちゃん風に「今日もパーでき!」ですかね。あ、でも苦しいかな(笑)
個人的にいくらちゃんの時のひとりでできるもんが一番好きです、OP曲は今でも良い( ´∀`)b←何の話してるんだ
走行ルートはあまりにもお馴染みなので割愛!


この前週に友人の大道芸人から「伊豆スカ行く前に皮むいとけよ!」と言われましたがこの通り(笑)
◯茎はよくないよ見栄え的にも(←いいかげんにしろ
そんな戦闘力UPを果たしたミヤギで突撃してきた翌日の伊豆・箱根ツー、次回の記事でお送りします!(ノ´∀`)ノ


漢はどの場面でもスポーツ出来なきゃね!(意味深
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

タイヤ交換と1年点検があるのですが・・・。

誰も見ていないであろう夜中にこっそりBlogを書くという珍しいことをやります(;´∀`)
一応前回の記事にてお知らせしたことについて進展もあったので・・・。


まずこの記事のタイトルの件。
今年のシーズン開幕前にタイヤの交換を実施予定です( ՞ਊ ՞)ノ


190207_1.png


交換予定のタイヤは新発売のBS・S22!(ノ゚∀゚)ノ新型ZX-6Rの純正タイヤですね。
エコーラインやコバルトライン、福島3大ラインに今年行こうとしている八幡平アスピーテライン。
それに関東に滞在中は埼玉や群馬の峠やワインディングロードを爆走ることが多いと思うのでワインディング好きの私にはうってつけですね(ノ´∀`)ノ
現Miyagi(Z900RS)が納車されたのは昨年の4/30。それから年末までに約11,000kmを爆走りました。
言わずもがな純正タイヤのDL・GPR-300はかなり消耗しており、プラザの方にも見てもらいましたが今後のことを考えると交換が必要な状態です。
ありがたいことにいつもお世話になっているショップで春先にタイヤキャンペーン(※現時点では非公開情報)を実施するということなので、このキャンペーンに合わせて交換予定です。
交換後、コバルトラインで皮むきをして翌日にバイクで埼玉へ帰る・・・という予定でした。(後述。)


で、前述の通り昨年4/30に納車されたバイクなので、4月には1年点検がありますφ(・ω・ )
当初4/13に点検を受けて、翌日にカワサキプラザ主催のツーリングへ参加しその翌日に埼玉へ帰る・・・という予定だったのですが、先日プラザへ行った際に1年点検の1週間前までにバイクを預ければブレーキフルードを無料で交換してもらえるというお話をいただいたので、仙台に戻ってきている5月にずらすことに。
この類の点検は1ヶ月程度であれば前後しても問題ない(ちゃんとカワサキ・カワサキプラザの保証を受けられる)ことは確認しているので。


・・・当初はその予定だったのですが・・・





日付が変わっているので昨日ですね。
昨日東京の先輩から入った情報によると、なんと東京出向は6月末までとのこと。( ゜д゜)


より正確にいうと仙台側と東京側の情報が錯綜している状態で、来週実際に東京へ行かないと本当のことは分からないという( ;´Д`)
ただ、一番新しい情報を信じると前述の通りです。なんてこった。


すなわち、5月には戻ってきていないので前述のプランはボツということになります。
というかタイヤ交換も含めて3・4月の予定は全て練り直しが必要な感じです( ;´Д`)
少なくとも、

・前述のタイヤキャンペーンの期間
・3月のどこかで行われる見込みの公用の日程(場合によっては無し)
・関東の友人たちと行く大涌谷リヴェンジツーの日程


が、確定しないとどうにも予定が立てられない状況です(--〆)
最悪の場合ブレーキフルード無料交換やカワサキプラザツーは諦めるかもしれません。
前者はやってもらうとなるとどうしても2週間連続で仙台にいる必要があります。先代・先先代の愛機の時は自分でやってたので問題ないといえばないですけど・・・。
後者は大涌谷リヴェンジツーが同じ日程(週末)にしか敢行できないとなれば諦めざるを得ません。失礼ながらこっちの方が優先順位高いので。


190207_3.jpg


しっかし6月末って・・・実質2019年の半分は仙台にいないことになるのか。
これじゃせっかく残留になった意味も薄れますね。エコーラインの冬期閉鎖解除や気仙沼の大島大橋開通の時も爆走れないし。せっかく宮城で作ったバイク仲間とも同じ時間を過ごせないし(--〆)
先日の飲み会(新年会兼誕生会)の際もあれこれとツーリングネタを出していたってのに。。。


残念ですが、こればかりはどうにもならないのでしばらくは大人しくホームグラウンドでバイク活動させてもらうことにします。
とは言っても、関東(実家)に滞在できる点はいろんな面でチャンスなので、この機会は存分に活かしたいですね。
埼玉・東京の友人たちに報告したらみんな爆笑してましたけど(;´∀`)


メンテナンスがなければまだマシだったのに。。。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

カワサキランキング

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

1年間乗ってみてのZ900RSレビュー!φ(・ω・ )

2018年12月9日。
この日で現在の愛機:Kawasaki Z900RS(a.k.a "Miyagi")に乗り始めて1年が経過しました!(ノ´∀`)ノ


171209_1.jpg


納車当日に撮影した1枚。未だ当Blogのヘッダー画像に採用されているヤツですな(笑)
今振り返ってみても感慨深いです( ´ω`)











・・・ま、この写真の車両はもう無いんだけどね。(爆
以前から当Blogをご覧の方はご存知かと思いますが、この写真のZ900RSは納車から3ヶ月後の2018年3月に追突事故に遭い全損→廃車になっております。。。(--〆)
その翌月に保険金で再購入したのが私が現在乗っているZ900RSというわけです。
なのでZ900RSに乗り始めて1年は経過していても、現在乗っているZ900RSはまだ7ヶ月ちょっとというズレが生じております。ややこしい。。。


何はともあれ、不幸も乗り越えてこうして2年目を迎えられたを素直に喜びたいです(;´∀`)
本当にこのバイクで人生が変わりました。いや大げさじゃないからね!(笑)


というわけで!1年前の今日に撮影した写真を用いて・・・
今回は1年越しにカワサキ・Z900RSのレビューをお送りします!( ՞ਊ ՞)ノ
あくまでも6年間フルノーマルに近いZEPHYR1100に乗り続けてきたライダー歴8年の若造による超いいかげんな主観ですm(*- -*)m
そしてかなりグチや毒舌、寝言が多いです。読んで不快な思いをされても一切責任は取りません。



●エクステリア・スタイリング
181209_1.jpg


181209_2.jpg


カワサキのみならずモーターサイクル界永遠の名車・900Super Four(通称・Z1)をオマージュしたその外観。
私もですがこのティアドロップタンクの虜になっているカワサキファンも多いと思います(ノ´∀`)ノ
このスタイリング(主にティアドロップタンク面)を実現するためにカワサキはトレリスフレームを1から設計したほどの入れ込み具合なんです。
Z900RSが世に出る前は「どーせZ900のガワだけZ1ぽくしただけなんだろ?」と冷やかされたりもしておりましたが、そもそもZ900RSとZ900は共通部品が全体の1割?程度とほとんどありません。
エンジンも主要寸法こそ引き継いでいるものの共通部品はピストンをはじめとする数少ないパーツくらいのものでシリンダー・クランクシャフト・ミッションと何から何までZ900RS専用に新設計されたものばかり。
なのでたびたび兄弟車扱いされていますが実際は名ばかりといっても過言ではないと思います。
(ちなみに私はZ900も良いと思います。)
早速話が脱線しましたが(笑)、ただ単純にオマージュしただけでなく”古き良き時代のバイク”を水冷・モノショックが基本の”現代のバイク”に見えるよう上手いこと合わせた全体像だと思っています。
ただ、私的には公式HPのCG(だよね?)だと微妙に見えます。
絶対に実物を見るか、せめて誰かが撮った写真等で見ることをオススメします。


181209_8.jpg


181209_3.jpg


現代では少なくなってきた丸目一灯も中身はLEDヘッドライト。ウィンカーやテールランプといった灯火類も全てLED。
テールランプは今時のドットがたくさん並んだというタイプではなく、大きなLEDを面発光させています。これはまさにZ900RSならではの構造。
全く古さを感じさせず、昔ながらのスタイリングを維持
しているところが好感触!(ノ´∀`)ノ
テールは今風らしく短めでシュッしていながらも立派なテールカウルが付いています。
でもこれ嫌がる人も少なからずいるようですね。気持ちは分からんでもないが・・・。


181209_6.jpg


開発陣が散々悩んだとされているマフラーは4-1-プリチャンバー-1のメガホンタイプ。
最後まで4本出しも検討されたようですが見送られたようです。うん、絶対やめた方がいい(笑)
そしてこの純正マフラーはカワサキ初のサウンドチューニングが施されており、”エンジン始動直後からアイドリング、低速走行など、特にライダーの耳に届きやすい領域に焦点を当てて開発を行い、低く厚みのある迫力のエキゾーストサウンドを実現”!(カワサキモーターサイクルジャパンHPより抜粋)
マフラーは低速回転域ではストレートに抜け、高速回転域では迂回して排気が抜ける独自のプリチャンバー構造を採用し、パフォーマンスとエキゾーストサウンドを両立させているという。
やはり2014年に初登場した現行Z1000の吸気サウンドチューニングのノウハウが生かされているんだとか。
おかげさまで純正マフラーのままでも結構音が大きいです。集合住宅にお住まいで朝早くのアイドリングは近所迷惑になりかねないのでご注意。
あと今の時代仕方がないとはいえ、触媒(通称”弁当箱”)がかなりデカいです。。



181209_4.jpg


エクステリアで唯一ダメなのがリアシート下部の荷掛けフック!デカイし目立ちすぎ!(´Д` )
なんでZEP11やZRX1200DAEGみたいに出し入れが出来るようにしなかったのか。。。
これはフェンダーレスにした際に排除すれば解決は可能です。


●コクピット
181209_5.jpg


これまた未だにファンが多い?とされている二眼アナログメーターにマルチファンクション液晶パネルを組み合わせた専用メーターユニット
ZX-14Rなんかもこの形式のメーターユニットですがまさにこういうのを待っていました!(ノ゚∀゚)ノ
スピードメーターは240km/h刻み。リミッターカットすれば振り切るようです。
液晶パネルはギヤポジションインジケーター、オドメーター、デュアルトリップメーター、燃料計、航続可能距離や瞬間/平均燃費、水温、外気温、時間、エコノミカルライディングインジケーター(現在のライディングが低燃費であることを示すマークのこと)、KTRC(カワサキトラクションコントロール)インジケーターが表示されます。
また、タコメーター内にETCインジケーターも備えています。ETCは2.0標準装備。

これだけあればもう言うことないですね。強いて言うならヤマハの現行R1とかみたいに小さいアイコンくらいはカラーにしても良かったんじゃないかな(笑)


171209_12.jpg
(2017.12.9納車当日の記事より引用)

ハンドルは幅広のアップハンドルでポジションは高め。かなりお行儀良い姿勢で乗れます(笑)
確かに扱いやすさ抜群ではあるのですが、逆に高すぎて個人的には低いほうがいいです。
Z900RS CAFEのハンドルはほぼフラットで幅も絞られたもので14Rくらいかそれよりもやや優しめの前傾姿勢になります。私は以前からCAFEハンドルへの交換を目論んでいます( ՞ਊ ՞)ノ
CAFEの方がフロントに加重もかけやすいし、ワインディングが楽しくなること間違いなし!
そして乗った時の見た目がさらにカッコ良くなると言う素晴らしさ( ´∀`)b


171209_18.jpg
(2017.12.9納車当日の記事より引用)

シートはタックロールタイプで意外と固め。
残念ながらおおよそ300km以上爆走るとお尻に来ます・・・(ノ_-;)
が、SSと比べたら全然マシです。
オプションでハイシート(STDより2cm増しだったかな?)や、CAFE専用のカフェシート(ハイシート並みの高さでタンデム部分がカフェスタイルを意識した形になっている)だとクッション部分が分厚くなっており大分改善されるという声も聞きました。その分足付きは悪くなってしまうのですが・・・。
もし鋼鉄のお尻やゲルザブをお持ちでない方は検討してみてはどうでしょう?(笑)


●取り回し
181209_17.jpg

軽いです。車重215kgですもの。
先代の愛機ZEPHYR1100は263kg(ZX-14Rとほぼ同一)。マフラー変えてたから250kg台ではあったと思われますが超重かったですからね。
そんなバイクからZ900RSになりゃもう取り回しは余裕過ぎて何も言うことはありません(;´∀`)w
これをフルエキゾーストマフラーにでもすりゃ夢の200kg台。SSに米袋をいくつか乗せたくらいの重さに・・・恐るべし。
Uターンも車重に加えアップハンドルのおかげかやりやすく、あまりやりたくはないですが引き起こしも楽チンです(前述の事故の際に引き起こしをしましたが軽かった・・・)


●基本的な走行・フィーリング
181209_7.jpg


前述の通りZ900から”主要寸法とピストンをはじめとする数少ないパーツのみ”引き継いだ上で開発された最新948cc水冷エンジンのスペックは最高出力82kW(111PS)/8,500rpmの98N・m(10.0kgf・m)/6,500rpm。ほとんどリッターバイクに近いんですね。
それからシリンダーヘッドが空冷を想起させるフィンが刻まれておりルックスも抜群!( ´∀`)b
かつてカワサキが世に放っていた250cc四気筒・Barius(I/II)もこのタイプでしたので私の乗ってきたバイクには全てフィンが付いていることになります(笑)
日本の道路事情にも合わせて圧縮比は大幅に見直され低中速重視のセッティングになっており、Z900より馬力は14PS落とされています。(125PS→111PS)
そして低速からグッと発進し車体をグイグイ前へと引っ張ってくれます。
エンジンレスポンスも良好で難なくトルクピークまで回ってくれ、どんなギアポジションからでも自由自在に加速してくれる印象ですね。試したことはないですが6速低回転・低速状態からでも普通に発進してくれるそうです。
なのでリッターSSほどではないとはいえ、一般道では余裕で法定速度オーバーの速度まであっという間に到達してしまいます。
ワインディングも十二分すぎるほどのパワーを持っていますね!
あとちゃっかり電子制御(KTRC"Kawasaki Traction Control")も2段階ながら入っているのも好ポイント!
私は通常時はモード1を、ウェット時は2を使っています。
そしてどの回転域からでも純正マフラーのサウンドが非常に良い!(ノ´∀`)ノ


ただし、あまりにも低中速を重視し過ぎたのか、若干ギアチェンジ直後のアクセルワークがシビアに感じます。
割と控えめなアクセルの開け方でもドカッと前に出ます。ガッと開けると身体が一気に後ろに持ってかれます(笑)
私が油圧クラッチで何の変哲も無いキャブ車のZEPHYR1100からアシスト&スリッパークラッチで最新FI車のZ900RSに乗り換えているということもあるので慣れの問題だろう、とあまり気にしてこなかったのですが慣れている人からすると若干ドン付きを感じるそうです。
なので、ビギナー向けというよりはややバイクに慣れてきた人〜ベテラン・玄人向けのフィーリングのようです。
あと、やはりそのエンジン特性からか高回転域はZ900に劣ります。。。6速はかなり巡航向きですね。
普段気にすることはないのでしょうけど。

181209_11.jpg


181209_10.jpg


181209_9.jpg


足回りは倒立フォーク・フロントラジアルキャリパー(やはりNISSINラジアルマスター)・アシスト&スリッパークラッチ・モノサス・フロント17M/C×MT3.50&17M/C×リアMT5.50(160サイズ)の前後17インチホイールと完全に現代のスポーツバイクです。
フォークはZ900と違って減衰調整可能と本格スポーツ志向。
新設計のトレリスフレーム・エンジンと上手くマッチしており運動性能はバツグンです(ノ´∀`)ノ
モーターサイクルジャーナリストも「ちょっとしたSS」と評価するのも良く分かるような気がします。
私的にはホイールサイズがようやく前後17インチになったことに安堵感を覚えます(;´∀`)
ZEPHYR1100はフロント18インチ&リア160サイズでBSだとせいぜいT31までしか履けず、昔よりは選択肢は増えたにしてもスポーツタイヤなんざ履けたもんじゃありませんからね(笑)
水冷エンジンと並んでこの足回り(倒立フォーク・モノサス)が気に入らないと買わないくせにブーブー文句を垂れてる老害ベテランバイク乗りの方が多くいるようですが今は2018年です。21世紀です。平成ももう終わります。消費税が導入されて30年近くが経過しようとしています。貴方がたみたいにボーナスがロレックスやオメガを買えるほどの額が出て普通に誰でも結婚出来るなんて時代じゃありません。あっ話が脱線し過ぎたなこりゃ(笑)
過去のバイクの猿真似をしたところでZ900RS開発陣も明言していますが「そんなんだったら我慢してホンモノのZ1買うわ」って話になるだけです。
あくまでもZ900RSは”現代に生み出された最新のバイク”なので懐古厨はお呼びじゃありません。黙ってお帰りくださいませ。
そろそろ年金もらえる世代なら誰がテメーの年金支えてやってるか自覚しやがれbullshit!


出たばっかりの時にやたらとサーキット走行の動画が目立つと思ったのですが乗ってみて納得です。
まぁ高回転域は前述の通りなので、サーキットでは大きく水を開けられかねませんが・・・。
ちなみにZ900のカムシャフトやバルブスプリングを流用してエンジンチューンすると馬力も122PSまでアップし、中速〜高速域も大分変わるようです。
最初っからこうしてくれよ!とも思うのですが恐らくこうすると排ガス規制に引っかかるからor開発費などの経費の都合あたりの理由が絡んでくるんじゃないですかね。ちょっと残念。
あと個人的には現代の最新鋭の技術を投入しているのであればKQS(カワサキクイックシフター)とかKCMF(カワサキコーナリングマネジメントファンクション)とかも入れてよかったんじゃないかと思うんですよね〜。多少車体価格は高くなったとしても。


●燃費
171223_4.jpg
(2017.12.23の記事より引用)

今のリッター・・・ギリギリリッターじゃないか(笑)スポーツバイクらしく、ハイオクガソリン車です。
平均18km/ℓとこのクラスの車両にしてはかなり好燃費!(ノ゚∀゚)ノ
大体〜20km/ℓくらいが相場のようです。ただし真冬(仙台だと特にタウンユース)になるとFI車ということもあり燃費ガタ落ちになるのでご注意。私は11km/ℓまで下がりました。
燃料タンクは開発陣の努力の賜物で17ℓ。フルタンクで300kmいかないくらいかな。。
1回の給油(燃料メーターが1目盛り〜点滅)で最近の研究をしていた英世さんが2名犠牲になって小銭が返ってくる程度か少しオーバーするくらいです。
ZEPHYR1100はレギュラーガソリンでしたが燃費が壊滅的に悪かったのでZ900RSは経済的に助かっています(笑)


●カワサキ純正アクセサリー(カスタムパーツ)
181209_12.jpg


181209_13.jpg

カワサキの純正アクセサリーも結構豊富なほうで、私はフレームスライダーとアクスルスライダーを納車時に取り付けてもらいました!しかも当時カワサキプラザ仙台六丁の目でキャンペーン中でパーツ代はタダという( ´∀`)b
2代目(2台目)の納車時にも初代から取り外したこの写真のパーツを取り付けてもらい(何故かフレームスライダーが無傷という。。。)、タンクパッドも追加してもらいました。
この他にはサイドグリップやグラブバー、ラジエータースクリーンなど・・・
そしてZ900RS純正のグリップヒーターなんてのもあるのです(ノ゚∀゚)ノ
ハンドル交換の時に一緒に取り付けたい・・・!
詳しくはカワサキモーターサイクルジャパンのHPでZ900RSのページを見てね!


●総評
181209_14.jpg

以前からカワサキも私も言っていますが。
「古き良き時代の伝統のスタイリングに、現代技術を惜しみなく注ぎ込んだ”現代の”バイク」
「昔ながらのバイクの外観だねぇ〜」という軽い気持ちで乗るとそのスポーツ志向っぷりにひっくり返ります。
旧車であるZEPHYR1100に6年間我慢して乗ってきた私がずっと「こんなバイク出ないかな・・・」と夢見ていたバイクそのもの。
小さい気になる点はあれどカスタムでバッチリ解消出来る範囲ですし、総じて文句なしの最高のバイクだと思っています(ノ´∀`)ノ


いやでも本当にあのタヌキ型ロボットが主役のアニメに出てくる勉強が出来るアイツみたいに出来すぎたタイミングでこのバイクが登場してくれたことをありがたく思っています。
Z900RSがこの世になかったらZX-14R一択ではありましたが、こっちはかなりお高く正直手が出せなかったので。大体手が出せるんならとっくに買ってるわ!(;´∀`)
今後どんなカラーヴァリエーションやカスタム、マイナーチェンジが入ってくるかも見ものですね!
私も実際にやるかやらないかは別として、カスタムプランをかなり構想しているのでいつかは実現させなくては・・・!

181117_19.png
(2018.11.17のツーリング記事より引用)

・・・でもこのバイク、やたらとバカ売れしている(月間販売も余裕の1位獲得したりしているようなので)わりには盛り上がってるのってごく一部の界隈だけなんだろうなって私的には思います。
まず購入層のほとんどが30代後半〜50代のおじさん。
雑誌見ても↑なおじさんがオーナーというのが多い。若年層もそこそこ選んでいるはずじゃ・・・?
「いやバイクという趣味自体おじさん世代多いし、そもそも現代日本は少子高齢化が全力で推進されているから若いのが少なくて当たり前じゃねーか」というツッコミはごもっともなのですが他のバイクってそれなりに数少ないであろう若い世代にも選ばれてません?イキり世代の必需品の250ccフルカウルを筆頭にさ。
Z900RSは私を含めたイケメンで健康的な肉体の20代から30代前半のユーザーが少なすぎるように思えます。
もっとヤング層にも受け入れられて欲しいのですが、残念ながら今の時代フルカウルのバイクが選ばれることがほとんど。
フルカウルは素人目線から見てもカッコいいし高速走行時のウィンドプロテクションが強力だしイキれるし女子ライダーにモテモテだし。(女性にモテたいからという理由でバイクの乗っているヤツやバイクを選ぶヤツはいないはずですが)
個人的にリッターSSが売れてないってウソじゃないかくらいには疑念を抱いています。
先日の女川ツーの時も唯一の女性ライダーは私のMiyagi(Z900RS)の写真は1枚も撮らずNinjaの写真しか撮ってないし。
後日Twitterでも私のバイク”だけ”ガン無視な投稿ばっかりだし。
・・・あれ?そもそも俺リアルでもTwitterやBlogとかでも女性から「バイクかっこいいですね!」なんて言われたこと1回もないぞ!「”バイクが”かっこいいですね!」すら1度もない。
まさに今時のライダーにはノンカウルのバイク・・・特に昔ながらのエクステリア(丸目一灯)のバイクなんて時代遅れでダサいということでしょうか。





















181209_15.jpg

だが、”それが”いい( ՞ਊ ՞)ノ
私だけじゃなく99%以上のライダーがそうであると信じていますが、別に誰かに評価されたいからという理由でバイク乗ってるわけじゃないし、クソどーでもいいです。
(個人的に承認欲求に囚われている人は哀れだなと思っています。気持ちは分からなくもないが。。)
むしろ生きる日陰者の私にとってはうってつけのバイクじゃあないですか!(ノ´∀`)ノ
そもそも「人と同じモノはイヤ」という中二病全開のプォリスィをいい歳こいた現在でも掲げている私なのでやっぱりZ900RSは運命のバイクです!
というわけで、ヤング層含めみんなこのバイク買わなくていいよ!フルカウルのバイク買っときな!
そっちの方がイキれるしライダー仲間増えるしその仲間からのみならず女子ウケもいいよ!( ՞ਊ ՞)ノ
ありがたいことに東北ではZ900RSを見かけること自体かな〜り少ないです。特に私と同じメタリックスパークブラックは(笑)
ちなみに2年ほど前に解散した某国民的グループが歌っているように「人それぞれ好みはある」ので別に他の方の趣味・嗜好を否定するようなマネはしていませんのでご安心を。
まぁ俺あの歌勝ち組が負け組を見下しているだけのクソみたいな歌だと見なして嫌ってますけどね。
あんなクソみたいな約5分間のクソ曲よりも演奏時間1分フラットのThe Hauntedの”My Enemy”の方がよっぽど名曲だわ。



181209_16.jpg


以上、この記事をお読みになられた方から「俺の貴重な時間を返せ」と苦情殺到間違いなしの私的なカワサキ・Z900RSのレビュー記事でした!(;´∀`)
推敲し続けた結果がこれなんです。どうか寛大な心でお読みくださいね!
いやむしろカワサキモーターサイクルジャパンのHPでZ900RSのページ見た方がよっぽど有意義です(´Д` )



やっぱりZ900RS、かっぱえ●せんよりもやめられない止められない!(ノ´∀`)ノ
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

Miyagi(Z900RS)の6ヶ月点検&プチツー(((*ノ・ω・)ノ

たのもー!!( ՞ਊ ՞)ノ


181110_1.jpg


ってことで、我が愛機MiyagiことZ900RSの6ヶ月点検をおなじみカワサキプラザ仙台六丁の目にて受けてきました!(ノ´∀`)ノ
気がつけばあっという間に半年も経過しておりました。時間の流れは早いものですね。。。


・・・本来ならこれ、今年の6月に受けるはずだったんですけどね。(--〆)
このBlogをご覧くださっている皆さんの中には当時を知る方もいらっしゃるかと思いますが、今年3月の追突事故先代Miyagi(全く同じZ900RS)を廃車にされて4月に1度車両が変わっているので、このタイミングとなっています(ノ_-;)
今ではそれも霞むくらい充実した日々を過ごせてきたので気にしていないとはいえ、振り返ってみると本当にイヤな思い出です・・・(--〆)


そんなMiyagi(2代目)のODDメーターは点検の時点で9.282km
プラザのメカニックの方々が「よく(半年で)ここまで爆走らせてタイヤが持つもんだ・・・」と述べられていたんだとか(;´∀`)
Z900RSの純正タイヤにはDunlopのGPR-300が採用されています。残量も見てもらったのですがとりあえずあと2,000km前後は大丈夫でしょう、とのこと。
どうにか来シーズン開幕までは持ちそうです。プラザのタイヤセール(予定)に合わせてブリヂストンに換装する気マンマンです( ՞ਊ ՞)ノ


しかしチェーンが思いの外傷んでしまっているようで、今回初めてチェーンを取り外しての調整が入りました。
運の悪いことに雨に降られることが多かったり、この日もそうだったのですがウェット路面を爆走ることが多く、注油が全然追いつかなかったようで。。。( ̄ヘ ̄;)
今は調整で大丈夫なようですが、割とそう遠くない未来にここら辺も新品交換が必要になりそうです。


181110_10.png


そしてオイルを今までのカワサキ純正R4からelf×Kawasakiの最高級オイル・冴速へ変更!(ノ´∀`)ノ
※この画像はmackyのTwitterより拝借しましたm(*- -*)m
私の場合「シビアコンディション」(主に半年以内の走行距離が3,000km以上など)にあたる上にワインディングの時はそこそこ高回転域まで回すことが多々あるのでこれを入れてもいいでしょう!ということで変えました。
オイルの色がカワサキを彷彿とさせるグリーンってのがいいですね(笑)


181110_2.jpg


無事に点検を終えてプラザを後にするの図。
大分見てもらう部分が多かったのでしっかり点検を受けて安心しました!(ノ´∀`)ノ
まさか洗車までしてもらえるとは思っておらず。ありがとうございましたm(*- -*)m


181110_3.jpg


で、新しいオイルのフィーリングを試すのも兼ねてウェット路面全開の蔵王町まで出向くの図。
せっかくのプラザの方々のご厚意を台無しにする愚行を働いたアホです私は( ノД`)
(まさかここまでウェットだとは思わず・・・orz)

そうしてやってきたのは蔵王町の遠刈田温泉エリアにある”ZAO BOO”(通称蔵王ブーバーガー)!
時折看板を見かけて気になっていたお店なのですが、先日仙台のお仲間mackyが以前訪れた時の写真をTwitterにうpしているのを見て無性に行きたくなったのでやってきたというわけです!


181110_4.jpg


思いの外店内は結構広くて十分な数の座席がありました!回転も早い様子でしたね。
お店はセルフサービス式。入り口近くのカウンターでオーダーを済ませて好きな席を取り、紙ナプキンやフォーク、お水などは自身で自由に取ってくるスタイルです。
もちろんお店の雰囲気も良さげ!晴れてたらもっと良かったと思う(苦笑


181110_5.jpg


で、今回オーダーしたのはBooバーガーのダブル(パティが2枚。)とアサイージュース。
ダブルでも800〜900円というお値打ち価格。アサイージュースは美と健康のためですよ奥さま!(謎
恐らくポークパティだったと思うのですが、何とも食べ応えのある肉厚感で美味しかったですね!
でも個人的にはやっぱりビーフパティが好みなので、次回はぜひビーフでオーダーします!(ノ´∀`)ノ
あ、ハンバーガーはもちろんプレート系のメニューもかなり豊富でしたよ!遠刈田温泉や七ヶ宿近辺にツーリングへ来た方にはオススメ!( ´∀`)b


181110_6.jpg


Booを後にしてお店をハシゴ(笑)
4kmほど離れた場所にあるスペシャリティーコーヒーのお店”cafe fua”を訪れました(((*ノ・ω・)ノ
やはりmackyが気になっているお店でもあり、別のTwitterのフォロワーさんがここを訪れているのを見て私も挑まずにはいられなかった次第(;´∀`)
ただし駐車場は砂利道全開。クルマがいっぱいだとバイクを停める場所に苦慮します。
とりあえずどうにか停められそうなレンガの路面を見つけてねじ込むようにMiyagiを停めました。。。


181110_7.jpg


店内は靴を脱いでスリッパに履き替えて入店する小上がり式。
カウンター席に着いてグァテマラ・ラ・ソレダー農園(中深煎り)をオーダー。
このcafe fuaさんでの抽出はペーパードリップやネルドリップでもなくフレンチプレス式!(ノ゚∀゚)ノ
フレンチプレス式のコーヒーを飲んだのはいつぶりだろう?確か埼玉・大宮の氷川参道沿いにある熊谷珈琲あたりがフレンチプレスだったような。。。
商品説明通り、アップルのような酸味が心地よかったです( ´ω`)♪


181110_8.jpg


cafe fuaを後にし、Google Map先生に何だかよく分からない山道を通らされた上で名取市まで抜けてきて仙台南2りんかんへ(((*ノ・ω・)ノ
以前の記事でも触れていますが、”仙台南”と名乗っているものの所在地は名取市ですからね!騙されてはいけない(笑)
ここではウエスを数種類買って行きました。また洗車しないといけないからね(笑)


181110_11.jpg


あとは普通にアジトへ帰投!
走行距離は109.1km。こんなもんでしょう。
走行ルートはいつも通っている道がほとんどということもあるので割愛!m(*- -*)m


181110_9.jpg


新しいオイル・冴速ですが素人の私でも分かるほどにエンジンフィーリングもシフトタッチも激変しましたね!(ノ゚∀゚)ノ
言葉で表すと「スルスルしています」。とにかく軽やかな感じ。
それなりにハードに乗る人にはオススメかもしれません。やっぱり大事な愛機は常に良いコンディションを保ちたいですからね!


さて、今回こうしてプラザを訪れた際に食いし・・・いやいつもの可愛い営業さんといつもの如く小話なんかもしたわけなんですが、その会話の中で「来年は何をするか?」なんて話題もありました。
そういえば今年の6月くらいに「来年は九州一周ツーとかやりたいな〜」と思っていろいろ考えたりもしていましたが、現時点では特に何も考えてないですね・・・。
仮に九州ツーリングを実現させるならば交換するタイヤもライフを考えて検討し直さないといけなくなってくるかな。
もっと言えばバイク以外にもやりたいことはあるし・・・。
どのみちバイクのことを中心に考えるとなればたっぷり時間(12月〜3月上旬)はあるので、慌てずにいきたいと思いまっせ!( ´ω`)


シーズンの終わりは着々と近づいてきています!
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
banner_201310261419326d7.gif

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback
このカテゴリーに該当する記事はありません。