FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

2012年ありがとうございました!

こんにちは!
この記事が2012年最後の記事になります。


最後の記事は超適当に今年の振り返りをして締めくくろうかなと思っております。


2012年を振り返ると、
「バイクのせいでお金が無くなり、生活が厳しかった」
としか言いようのない1年でした。本当にそれだけでした。


3月の奥多摩での積雪が原因の転倒、8月の修理失敗によるSHOP搬送など・・・
とんでもない金額がバイクに消えていった上、尾を引きました(--〆)。。。


いや、本当に冗談では済まないレベルで生活が厳しかったです。


いくらなんでも生活を切り詰めてまで・・・と、いうのは本当に良くないですね。
2013年はそれをやらないように気を付けていきたいと思っています。


あと、今年は楽器の練習を全っ然やってない1年にもなってしまいましたね。


まぁ何かとは書きませんが、今年はいろいろとモチベーションダウンにつながるような事が多々ありまして。
6月~7月は本気で楽器をやめようかと真剣に悩んだくらいでした。
(深刻な体調不良もありましたし)


2013年はこれが無いようにしないと・・・


って、愚痴ってばっかりじゃないか!!(苦笑)


愚痴はここら辺でおしまいにして、それぞれ楽しかった思い出をPick Up!


バイクでは!


霞ヶ浦湖1

樋橋の落水


茨城千葉ツー!
2012年で一番楽しかったツーリングでしたね♪
2013年もまた同じようなルートで行ければと思ってたりします^^;
(ぜひ、リンク先を見ていただければ!前後編に分かれてます)


音楽は!


(7)ラウパ12だ!


LOUD PARK'12
まぁ、妥当ですね(笑)
来年もラインナップが良ければ行きたいと思います!
あ、ちなみにオズフェスは不参加です。あんなウ○コなラインナップと会場では行く気が起きません。


楽しみは少なかったかもしれませんが、それでも良かったと思っています^^


5月にこのBlogを開設して7カ月。
今までコメントをしてくれましたkocoくん、白黒の愚者氏、大道芸人、カメテツくん、クライン閣下、ベルボトムさん、けろみさん、pboysblueさん、GHOST RIDEさん、保健所さん。
ありがとうございました!
そして、来年もよろしくお願いいたします^^♪



来年は無理なく、バイクと楽器(裏会の件も含めて)を楽しんで、なおかつ今後の身の振り方も考えていければなと思っております。
細かい事はあえて考えないようにします!(苦笑


2013年1発目は初日の出&初詣ツーの予定です。
お楽しみに(笑)


それでは、皆様よいお年を・・・^^!


Thank you for looking!
↓をClickしていただけることで、このBlogを見てくださっている皆様がよい1年を迎えられます☆


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 6 comments  0 trackback

All Maintenance 2012

とうとう2012年もあと23時間ほどで終わりになりますね。
私はいつもと同じで普段の戦いの疲れを癒すべくダラダラと自宅で過ごしております。


とは言っても、29日は大掃除、30日は楽器のメンテナンスを行っておりました。


さすがに4機+αのレポを書くのは厳しいのでメモ程度にまとめます。
せっかくやったので!


UFOキャッチャーのアタッシュケース


普段楽器のメンテナンス用品や弦等はこのアタッシュケースに納めています。
ちなみにこれはバイク仲間の大道芸人が3年ほど前にUFOキャッチャーでGETしたものをAltriaにプレゼントしてくたものです。


メンテナンス用具


使用する工具やアイテムはざっとこんなもん。
ニッパー、大小ドライバーと六角レンチを1本ずつ、トラスロッド、ギター用およびベース用のストリングワインダー、レモンオイルとクロス。
エレアコを本格導入したのでわざわざ315円のブリッジピン抜きを買ったのですが、ストリングワインダーに付いていたので不要物となりました・・・orz


愛用の弦


弦はこちら。
全部ERNiE BALLの「SUPER SLiNKY」です。
エレキギター用:09-42
アコースティックギター用:11-52
ベース用:45-100

で、使っています。
ちょっとサビるのが早いかもしれませんがギターを始めてからずっと使ってます。


アコギ⇒エレキ⇒ベースの順で、メンテナンスしました。
4機あるだけでも大変な気がするのに、10本以上所持している人は大丈夫なのだろうか・・・。
ちなみにベースは2月に購入して以来、初めての弦交換となりました。
フロイドローズ慣れし過ぎて交換がすごく余裕に感じてしまうのが少し悲しい。


古い弦切る⇒レモンオイルとクロスで掃除⇒ネック反り確認・調整⇒各種点検・増し締め⇒新しい弦を張る⇒チューニング
の順で、やってます。
ネック調整は必要なかったのでやってません。というか素人が本格的にやるのは推奨されていないので微調整で限界でしょう。
Altriaの愛機(干将・莫耶)2機は昨年の4月にリペアショップでしっかりSETUPしてもらっているのでむしろいじらないほうが賢明ですね。


ちなみに少し?ドレスアップも施してたりします。


干将用ストラップ


ベース用ストラップ


前者が干将(黒いギターの方)、後者がベースの新しいストラップです。
後者の有刺鉄線が微妙なツボり方を演出しております(笑)
干将に付いていたFenderのモノグラムストラップはアコギに付けます。
アコギがFenderだからようやくマッチしましたね(笑)


干将用ストラップのお値段


ベース用ストラップのお値段


両方ともイ○○シでセール中だったのを買いました(笑)
5,000円近い品物2つを5,000未満のお金で買えたのは大きいですね。


Dunlopストラップロックピン


もちろんストラップロックピンも買ってます。
干将・莫耶に装着しているのはこれまたセール中に売られていたものだったのですが、今回は無かったので評判の高いDunlop STRAPLOKをチョイス。
取り付けがちょっと面倒でしたがこいつは使えますね。




クローゼットを一望


今年は全然練習なかったのですが、来年は本格的に頑張りたいところ。


・・・さて、ここで導入したばかりのエレアコ(Fender CD-60CE V2)が無い事にお気づきの方はどれくらいいらっしゃるでしょうか。


実はですね~・・・


怪しいブリッジピン


正しい手順で何回やってもブリッジピンが抜けてしまい、弦が張れないんですよ・・・(--〆)
恐らくこいつ(ブリッジピン)が悪いんだとは思うのですが・・・


困った事に予備の弦2セットとも使ってしまってNGだったので、後日改めて行おうと思います。。。
もちろん、ブリッジピンは消耗品なので新品交換です。
ついでにサドルも変えようかな?


>pboysblueさん
アコギを買う時「アウトレット品」は避けた方が良いかもしれません。。。
レビューはそのうち書ければ・・・。



2010年から全然練習の進歩が無いし、裏会の計画もあるし、来年からはもっと練習を頑張りたいところです。
あ、動画編集ソフト買わないといけないんだった。。。
あと、ヘッドホンも。根元が断線していて左側しか聞こえないから。。。


我が楽器達よ、今年もお疲れさまでした。


今年はもう1度、記事を書きますのでよろしくお願いします。


Thank you for looking!
Please click it!


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Category : Musical Instruments
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback

アルトリアー/怒りの解約

さて2012年もあと3日ほど!
明日は大掃除、明後日は楽器陣のメンテナンス、し明後日は大晦日、元旦は氷川神社へ初詣ツーというそれなりに楽しい予定がいっぱい・・・!


・・・だったんですけどね・・・


せっかくいい気持ちで年末年始シーズンを迎えられそうだったのに、見事に水を差してくれた出来事がありました。


それは『訪問勧誘』です。
しかもネットで大変有名かつ悪質な訪問勧誘⇒契約の手口です。


まんまと騙されたAltriaは復讐を誓い、
男の怒りが爆発する地獄のバトルゲーム
への参戦を決意いたしました。





















男の怒りが爆発する地獄のバトルゲーム




















Altria・男の怒りが爆発する地獄のバトルゲーム













まさしくこんな感じです。
本当はランボーみたく上半身裸で男の怒りが爆発する地獄のバトルゲームに参戦したかったのですが、いかんせん真冬に上半身裸は厳しいのでおとなしく服を着ました。
決してシルベスター・スタローンの肉体と比べると貧相極まりないからというわけではありません。気合いです気合い。
でも寒さに負けました。
あと装備がしょぼいですね。


それでは男の怒りが爆発する地獄のバトルゲームの流れをご説明いたしましょう。
といっても、Altriaの表現力や記憶力、および専門知識が大変乏しいので正直書ききれない上、
ネットで検索すると相当な数かつ非常にきめ細やかな体験談がヒットするので、このBlogでは適当にまとめます。
詳しくは「auひかり 訪問」とかで検索してみてください。


12/20(木)、19時~20時の間頃。
Altria宅のインターホンが鳴り、ドアを開けてみるとKDDI特約店の「株式会社レジェンド」という会社の人間がおり、「この地域のひかり回線工事が終了しまして、回線のご確認なんですが~」という言いだし方で勝手な契約が始まってました。


<適当な流れ>
ひかり回線工事が完了したので、回線やモデムの確認をしたい

それらやプロバイダやらの写真や図の入った資料を見せられつつ説明を聞かされる

担当者が勝手に申し込み確認表を書いていく

タブレットを出して個人情報を入力させる
(この時点でさすがに気づけよ)

いろいろ資料渡されて終了



そして部屋に戻った時に「申し込み確認表」という紙があり。
怪しいと感じ、インターネットを駆使して調査した結果、巷で大変有名なauひかりの悪質な訪問勧誘契約だった事が発覚。
夜の暗い中で良く分からないまま話が進んでいたので申し込み確認表に全く気が付かなかったようです。


これも調べれば1発で分かる事なんですが。
実はもう数か月前からかなりの頻度でKDDIの特約店を名乗る会社の人間がAltria宅に来てしつこく勧誘をしていたんです。
電話もすごい頻度で掛かってきていました。
そのたびに適当にあしらってたんですが、今回はどういうわけか警戒心が無くこのような結果になってしまいました。


そこからはもう冒頭の通り。
怒りに燃えるAltriaは男の怒りが爆発する地獄のバトルゲームへ参戦。
即刻KDDIへ対して攻撃を仕掛けました。
↓の動画のような感じでやりました。





12/21(金)15時頃。返答が遅ぇんだよバカヤロー!
KDDIお客様センターより謝罪及び今後の対策等の説明、解約の手続きの方法などの正式な返答をいただきました。
まぁここの対応はマトモなんですが、どうやら昨日あのクソヤローが勝手に手続きしやがった情報がすぐに反映されていないので、1週間後にお客様(=俺)からKDDIお客様センターへ電話してくれという事を言われました。
問答無用、即刻解約しろと言ったのに情報が分からないとかほざいてこのザマですか。


と、思いきや12/28(金)。ちょうど1週間後。(この記事を書いている日)
KDDIブロードバンドサービスセンターとかいうところからAltriaへ電話が掛かってきました。


言う事はただ1つ。


English:「I'm not willing to contract with you, Please termination of contract. F**k you a**hole, Motherf**ker!」

русский язык:「Я расторгнуть контракт немедленно! Хрен с ним!」

日本語:「あんたらと契約する気ないので即刻契約解除しろ。このバカヤロウ!」



と、ついトライリンガルを目指して修行中であることをアピールしてしまいましたが(苦笑)、
無事に契約解除となりこの件は解決、男の怒りが爆発する地獄のバトルゲームは終結しました。



今回の原因としてはまんまと引っ掛かった私が悪いです。
実を言うと3年ほど前、夜遅くの秋葉原で英会話教室の勧誘に引っ掛かってしまい。。。


その時はどうにか撃退したのですが、その経験を機にこのようなケースのものは相当警戒していたつもりです。
外出時は基本的にイヤホン装着状態でそのようなものには周りに耳を貸さないようにしたりとか。
1度だけ悪質なものでは無いものがあり、絵画(?)の販売をやっていたときにとても美人なチラシ配り&ご案内のお姉さんからお声掛けいただいたので口説こうとしたのですが日本ブサイクグランプリベスト8に残った実力を持つAltriaの能力では無理でした。
またそれを機に警戒を強化していたのですが。。。


どうも2~3年ほど経って完全に油断していたんでしょうね。
また警戒心を持って強く生きていきたいところです。


それにしても「確認」と偽って勝手に契約を進めるとは・・・いい度胸してますよね。
大体勝手に申込書書いていって直筆のサインや印鑑も無いというのに何様のつもりでしょう?


はっきり言ってauひかりの勧誘は複数の下請け会社が請け負っているようで、何回撃退しても訪問してきます。
最近自宅に念願のネット回線を開通した友人宅にも来たらしいですが友人が専門用語をさっぱり知らないのも手伝ってどうにか撃退出来たようです。もちろん、私から注意喚起しておきました。



極秘のAltria個人情報に触れてしまうので詳しくは書きませんが、このような業者はその筋の手段で個人情報等を入手した上でこのような悪質な活動に入っています。
恐らく、Altria宅にもまた来るでしょう。


またAltria宅に来たら、Blog友のけろみさんオススメの↓の方法で懲らしめてやって二度と来れないようにしようと思っています。







みなさんも悪質な訪問勧誘等にはお気をつけて新年を迎えてください!
まぁ、誰も引っかからないとは思うのですが・・・orz


Thank you for looking!
↓をClickしていただくことでAltriaの警戒心は強くなります^^;


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 6 comments  0 trackback

F**kin' X'mas Present!(Fender CD-60CE V2 & ZOOM A2.1u)

あのクソ忌々しい「クリスマス」シーズンがようやく終わりを迎えましたね~^^
みなさんはどのようにお過ごしでしたでしょうか。
このBlogをご覧の方で既婚者の方を除けばいわゆる「リア充」の方はいらっしゃらないと勝手に思っていますので、相方のいない方は何の変哲もない平日だったのではないでしょうか。


まぁ私は愛しの相方といっしょに楽しいクリスマスを過ごしましたけどね!
ハッハッハ!



相方



さて冗談は置いて。。。(泣)
24日の真夜中に独り身の私の元へサンタのバカヤローがプレゼントを届けにやってきました。


Heavy Metal Santa


Santa「This is a f**kin' present for you! I thought you might like it.」


(1)サンタのバカヤローからのプレゼント


新しい機材だヽ(*゚▽゚)ノ !!


(2)Fender CD-60CE V2(BLK)


Fender Acousticのエレアコ、『CD-60CE V2』だ!!


<Spec Sheet(From Fender Official Site)>
Price: ¥47,250(Tax In)
Body Shape: Dreadnought Cutaway
Body Back: Laminated Nato Back
Body Sides: Laminated Nato Sides
Body Top: Laminated Spruce Top
Body Finish: Gloss Finish
Bracing: Scalloped X Bracing
Number of Frets: 20
Position Inlays: Dot Position Inlays
Fretboard: Rosewood
Neck Material: Nato
Neck Finish: Gloss Neck Finish
Nut Width: 1.69” (43 mm)
Scale Length: 25.3" (64.3 cm)
Truss Rods: Dual Action Truss Rod
Special Electronics: Fishman® Isys III System with Active On-Board Pre-Amp and Tuner
Controls: Built In Chromatic Tuner, Volume, Bass, Mid, Treble
Hardware: Chrome
Bridge: Rosewood with Compensated Saddle
Tuning Machines: Die-Cast Tuners
String Nut: Ivoroid
Case: Hard Case
Strings: Fender® Dura-Tone® Coated 80/20 Bronze (.012-.052 Gauge)
Unique Features: Dual Action Truss Rod, 3mm Dot Position Inlays, Black Pickguard, White Bridge Pins, and Crushed Acrylic Rosette



ようやくエレアコを手に入れましたよ~・・・
それも値段不相応な立派なハードケースに入っているという!
なんせ今までHoney Beeとかいう超マイナーなブランドの超安物ガタガタなアコギをちょっと触っていただけですからね~^^;
それかエレキで聞き苦しいクリーントーンとか・・・(笑)


生音でちょこっとだけ弾いてみましたけどカッタウェイがしっかりしていてハイフレットも楽に弾ける気がしますね!
音についてはあれこれ言える自信が無いので、今度機会があれば・・・w
(それでいいんか)


でもこれ、販売元はFender USAになっているみたいですけど実は中身は中国製というオチがあるようです・・・
さすがに値段相応、アコギに全く詳しくないAltriaでもやっぱり安物臭いな~と感じてしまいます
それでも特にこだわりは無いし、何にせよアコギはアコギでの修行が必要なのでこれで十分です。
上達したらTAYLORのアコギでも欲しいところですね^^;


本当はJacksonがアコギを出していればもちろんJacksonにしていたんですけど、残念ながらJacksonはアコースティックを出さないんですよね~、残念。
なので値段も安く音もそこそこな親会社のFender Acousticにしちゃいました。
海外のサイトをあさっていると↓みたいな画像が出てきましたけど(笑)



Jackson Acoustic


こんなのあったら速攻で買ってますね(笑)
ホントに出してくれよ~Jackson!


さて、新機材紹介はこれで終わりではございません。
この安物エレアコを超強力にアシストしてくれるペダルをご紹介します。


(3)ZOOM A21u


ZOOMのアコースティックギター用マルチエフェクター、『A2.1u』でございます(*^0゚)!


(4)A21u開封


これまた早速開封!
DAWソフトのCubase LE付きです^^!


(5)9Vアダプターセットで


うっ・・・色合いが微妙・・・ホワイトバランス変な設定にしてたからな~(苦笑)
もちろん9Vアダプター付きです。屋内で使用する分には心配無いですな。


実はまだ開封しただけで実使用していないのですが(ちょっと今いろいろ多忙で楽器どころじゃないのですよ)
こいつは普通のマルチエフェクターではございませぬ。
様々なアコースティックギターの名器のモデリングが内蔵されている超スグレモノな一品です。
(MartinやGibsonなど)


どれくらい優れているかといいますと、あの水樹奈々さんのライブバンドのギタリスト、渡辺格さんが超絶賛するほどの一品です^^



イタルヴィッチさん


ネットで拾ってきた画像ですが、こちらがその渡辺格さん(通称イタルヴィッチさん)。
左下あたりのボード中央にご注目。同じペダルが置いてあるでしょう?
イタルヴィッチさんは様々なアーティストさんのバックバンドに所属しているため、現場を行き来する事が非常に多いためこのペダルを3つ持っているようです^^;
この画像は2011年に横浜アリーナで行われたNANA MIZUKI LIVE GRACE 2011 -Orchestra-の時のリハ画像っぽいです。
ちなみにAltriaも初日だけ参戦してインフルエンザもらってます(泣)


1つ15,000円程度でこのSpec!
なのでプロのご意見を信じて(というか、POD HD500だと明らかに微妙だし、これくらいしか選べるペダルが無かったという・・・)
今回サンタのバカヤローが届けてくれたようです。


今回の機材導入で、大体メインの機材が揃い一安心しております。
まぁ今後もRandy-V増加する気マンマンだし、もしかしたらベース専用のペダル(B2.1u)も入れるかもしれないし。
パソコンも組まないといけないしPAモニターも入れたいし。
あと、現在極秘で進めている機材プロジェクト(?)もあるし。。。
機材を充実させているヒマがあるなら練習しろって話ですけどね。


両方ともまだほとんど使用していないのであまり細かい事書けないのですが、今後機会があれば書いていこうと思います(だからそれでいいんか)。


予定だと12/30(日)に毎年恒例、全機のメンテナンスをする予定ですのでその時にちょろっと書ければいいと思ってます^^;


2012年は残り5日ほどといったところでしょうか。
皆さん残りの5日を悔いなくお過ごしください!
今年の目標を達成していない方は今のうちに!(あ、俺の事だ)


Thank you for looking!
↓をClickしていただけますと、Altriaのアコギスキルが急上昇します(笑)


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村


(ネタバレ)

Category : Musical Instruments
Posted by Altria(アルトリア) on  | 6 comments  0 trackback

海外の友人に年賀状を送ってみた

Blogネタが枯渇して丸二週間が経過してしまいました・・・(汗
気が付いたら2012年は9日間だけになってましたね( ̄Д ̄;


今年のまとめ記事や楽器陣のメンテナンス記事など、書きたいネタがようやく出てきているところですが。
今回は「海外の友人に年賀状を送ってみた」ので、そのレポでも書いてみようと思います。
ご参考になれば幸いです。
(というか、海外に年賀状送る人いるんか)


本題に入る前に小話を。
実は私・・・


(1)New York Stock Exchange


(最後に会ったの幼少期ですが)アメリカ人の親戚らと、


(2)マトリョシカとルーブル紙幣


ロシア人の友人がいます^^


実は母方の祖母のいとこ姉妹3人全員が在日米軍のアメリカ人とご結婚されている関係で、アメリカ人の親戚がいるというオチです(笑)
(グリーンベレーの隊員とかいないのかな)
そのおかげで普段は一般開放されていない横田基地にコネで入る事が出来るという特典を幼少期に経験しております。


ただし、私の両親が親族と全く交流を取らないという悪い性格があったため、現在は狭山市に住んでいる祖母を除いて全体的に親戚付き合いが全くと言っていいほどありません。


祖母は現在でも交流があるようなので、今度紹介をお願いしていますが現在進展はありません^^;
会ったら会ったでFull通訳が必要かと思いますが・・・(滝汗


小話はここら辺にしておきましょう。
今回年賀状を送るのはロシアのクラスノダール在住の友人です。
彼女は裏会の事も存じており支援してくれている数少ない友人の1人でもあります。


実は、11月に「New Year Card」が届いていたんですよ・・・(苦笑


(3)友人からのNewYearCard


何だかすごいApriliaのSSバイクのMessage Cardが届いて嬉しい限りです^^
元々印字してあるロシア語は解読できませんでしたが。。。


というわけでようやく本題。
海外へ年賀状を送ろうと思い、同じようなMessage Cardを川越のLoftで購入し、どうやって送るのか調べていたらこんなページを発見しました。


『海外年賀』


どうやら日本郵便から正式な方法が公に出ているようです。
詳しい事はリンク先を参照してもらうとして、実践してみた内容を書いていきたいと思います。


(4)年賀はがきを用意


①年賀状はがきを用意する。
当然現物が無いと意味がないのでそこら辺で購入しましょう。
Altriaはスラドミの先行予約チケットの振り込みが郵便振り込みだったのでそのついでにまとめて購入してきました。
「もも・いろどり」というインクジェット紙にももの柄が入っているオシャレ仕様で1枚50円です。
日本の友人へ向けた年賀状はとっくに発送しています。お楽しみに(笑)


(5)内容を書く


②内容を書く。
「Akemashite Omedetou! Kotoshi mo yoroshiku!」なんてこち亀の大原部長やサザエさんの波平が「ぶあっかもーん( )`ε´( )!!」とShoutするような内容は書かない方が賢明です。
いくら語学力が無いAltriaでもそんな事はしません。


年賀状は横向きにし、相手に分かる言語で書きましょう。
もちろん相手が日本語の分かる方なら日本語で書いてしまっていいんでしょうけど、残念ながら今回送る友人は日本語をお勉強中の身。
Altriaもロシア語は「Спасибо」(=Thank you、ありがとう)と「Пожалуйста」(=You're welcome、どういたしまして)しか分からないのでおとなしく英語で書いています。
「日本人とロシア人が英語で会話っておかしいじゃん」というツッコミはしなくて結構です。


ちなみにこのBlogを見ている友人一同にネタバレとなってしまうので、画像には徹底的にモザイク処理を入れていますm(__)m


書き終わったら住所等を書いていきましょう。


(6)横向きですよ


前述の通り、縦ではなく横向きにしましょう。


(7)20円切手を貼る


③50円切手(?)の表記部分の隣に20円切手を貼り付ける
これ重要ですね。海外へ年賀状を送るには+20円の送料が掛かります。
(そりゃ日本国内と同じ金額なわけないでしょ)
「20円切手とか買ったコトないんスけどー(´Д` )」とかほざいてないでとっととそこら辺で買ってきてください。
うまい棒2本分のお金で地球上のどの国へでも郵送してくれると思うと安いもんですよ。
もちろん、高くついても良いならご自宅にある50円切手や80円切手でもOKです。
でもデジタル社会な現代でそんなの常備している人いるんでしょうか。


多分20円切手を貼り忘れると、①ポストへ投函しても切手貼って無いから手元に戻ってくるか、②そのまま海外へ郵送され受取人に渡す時に郵便局の人が「20円足りねーよバカヤロー!」と言って受取人から20円徴収してから渡すんでしょう。
前者のケースなら構わないとしても後者は最悪のパターンです。
「20円も出せないなんてケチな男ね~F**K! b(゜Д゜)」と思われアナタの好感度はナイアガラの滝のように一気に落ちるでしょう。
そうなりたくなければ必ず切手を貼りましょうね。


(8)POSTCARDとAIRMAIL


④上部に「POST CARD」、左下あたりに「AIR MAIL」と記入する。
どうやらこのように記述しなければいけないようです。
一応公式案内の通りに青ボールペンを使って大文字で書きました。
字が下手なのは見逃してください。
ぶっちゃけ日本語の方がもっと下手だと自負しています。


(9)住所を書く


⑤左上に自分の住所、右下に相手の住所を書く。
モザイク処理してますけど、画像の通りです。
日本国内ですと「〒⇒都道府県⇒市町村⇒団地⇒番地など」という順で書いているかと思いますが、日本国外だと真逆に書きます。


・日本国内の場合
「〒108-1147 埼玉県目多理科市目画出巣町111-111」(例)


・日本国外の場合
「111-111, Megadeth-Town, Metallica-City, Saitama, Japan. 108-1147」(Example)



こんな感じです。
日本国外へ送る場合は都道府県の後に必ず「Japan.」と書きましょう。
もちろん上記の住所は架空の住所です。心なしかメタメタしい名前ですね。


間違っても自分の住所と相手の住所を逆に書かないように注意!
間違えて書いてポストに投函するともれなく帰ってきたウルトラマンのように自分の元へ帰ってきます。


他の注意事項として、原則として日本語で書かない(これだと海外へ郵送出来ないようです)、お年玉くじ欄等を切り取らない、お年玉くじが当選していたら日本まで取りに来てもらう、等があります。
前述に書いた通り、詳しい事は公式HPをご覧ください。


記述漏れや切手の貼り忘れ等が無い事を徹底的に確認したらPOSTへGO!


(10)Postmanpat.jpg


あとは無事に現地へ届く事を祈るだけです。
ぶっちゃけ海外郵便は納期?とか適当らしいので信用しない方がいいみたいです。
その国の郵便配達の人を信じましょう(笑)


と、海外へ手紙を送るのは人生初体験なので思わず書いてみましたが、いかがでしたでしょうか?


私事ですが、やはりトライリンガルを目指すべく来年は日本語・英語・ロシア語の3ヶ国語の習得に本腰を入れたいですね。


そして将来は・・・。


Thank you for looking!
↓をクリックする事でAltriaの語学力がUPします(多分)


にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村

Category : Diary
Posted by Altria(アルトリア) on  | 4 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。