FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

有名フォトスポットを独り占め!千葉・房総半島ツー!( ՞ਊ ՞)ノ

ちょっと更新をサボっている間に6月になってしまいました(笑)どうもA.Jですm(*- -*)m
とうとう仙台帰投まで残すところ3週間ほどになりました( ´ω`)
こういう時「あんなに長く感じられた4ヶ月半もあっという間」みたいな所感が述べられることが多いかと思いますが私はそう思いません。マジで長かったですわ。。。( ;´Д`)
既に仙台帰投へ向けての準備も進めていたりします。ある意味で長い非日常も終わりってわけですね。。。


190524_1.jpg


そんなわけで5月のツーリング記事、まだありますので書いていきたいと思います(ノ´∀`)ノ
去る5/24(金)、個人的には”2nd GW”と呼んでいた5連休の初日!
2014年以来5年ぶりの千葉・房総半島ツーをお送りします( ՞ਊ ՞)ノ


190524_2.jpg


埼玉の実家を出発し、あの365日大渋滞が発生することで大変有名な環八(正式名称:東京都道311号環状八号線)を南下して羽田空港方面を目指します(((*ノ・ω・)ノ
とは言っても私の経験上、早朝であれば比較的空いているので、もし関東以外の地方から来られる場合は朝4時〜6時台にTOPPAすることを強くオヌヌメしますφ(・ω・ )
寝坊して8時台にここを通った5年前炎天下の大渋滞の中で約3時間ほど空冷四気筒1,062ccのエンジンを抱えるハメになりマジで死にそうになりました。
この写真は東名高速道路の東京インター付近の交差点になりますが、かつて私が神奈川や静岡方面へ行くにはこうして環八を抜けて東名へ乗る必要がありました( ;´Д`)
※当時まだ圏央道が東名と繋がっていなかったため。


190524_3.jpg


練馬〜杉並〜世田谷〜大田区と東京23区のうち4区を抜けて「東京湾アクアライン」へ突入!
ここだけはどうしても環八TOPPAが必須になりますね。
幸い大きな渋滞に巻き込まれることなく最初の目的地に到着!(ノ´∀`)ノ


190524_4.jpg


最初の目的地はここ『海ほたるPA』!(ノ´∀`)ノ
PAといっても実質SAの立派な観光スポットで、アクアライン上の人工島にある施設です。というかこの人工島自体を海ほたると呼ぶのがほとんどじゃないかなと。
海ほたる自体は3年前に車でマザー牧場へ行った時以来の来訪です。・・・今となっては切ない思い出だ(´Д` )
車でのデートの際の主要デートスポットでもあります。


190524_43.jpg


190524_5.jpg


そんな海ほたるも知らぬ間に改装されており以前より船っぽさが増した気がします(笑)
フードコートで唯一OPENしていたお蕎麦屋さんでかけ蕎麦をいただいて朝食φ(・ω・ )
朝早いとほとんどのお店がまだ開いていない(平日は10時〜11時からというのがほとんど)ので平日に海ほたるへ行くときは要注意!
この写真も土日祝日ではあり得ない光景です(笑)


190524_6.jpg


再びアクアラインを通過して袖ヶ浦で一般道へ降り、R16を一旦北上(((*ノ・ω・)ノ
まず最初に向かったのは・・・


190524_7.jpg


ここ!『千葉フォルニア』です(ノ´∀`)ノ
いかにもアメリカのカリフォルニア州のような風景となっているここはバイクや車好きにとって絶好の撮影スポットになっています(ノ´∀`)ノ
今までこの近辺に来ておきながら存在を知ったのはごく最近。
この快晴かつ人のいないであろう平日を狙って来たわけです( ´∀`)b


190524_8.jpg


190524_9.jpg


確かに良い撮影スポット(ノ´∀`)ノ久しぶりに一眼レフをしっかり使ったような気がします(笑)
ただしこの一帯は「駐車禁止」です。
停車(5分以内の人の乗り降りや荷物の積み下ろし、警察官に車両の移動を促された際は即座に移動できる状況)は出来るので千葉フォルニアで写真撮影をされるのであればなるべく5分以内にササっと済ませた方が良いかと思います。
実際周辺住民から苦情が来ることもよくあるらしく、滋賀県のメタセコイア並木みたいに「駐停車禁止」になりかねないエリアでしょうし自分も含めて結構グレーな部分なので節度を守った行動を。(エラそうなことは何も言えませんが・・・)



190524_10.jpg


千葉フォルニアの次はいよいよ南房総方面へ向けてミヤギを走らせます(((*ノ・ω・)ノ
次に向かうのも屈指の撮影スポットになります( ՞ਊ ՞)ノ


190524_11.jpg


お次の撮影スポットはここ、千葉県富津市にある『燈籠坂大師の切通しトンネル切り通しトンネル』
城山(造海城=つくろみじょう)の尾根の関係で上り下りが急であったため、明治から大正と思われる頃に掘られたとされており、その後昭和初期に地元住民によって鋸山の石切の技法を用いて切下げ工事を行い、現在の形になったとのことです。φ(・ω・ )
(富津市HPより抜粋)
ここもまた関東勢の間で大変有名なフォトスポットとして人気を集めております( ՞ਊ ՞)ノ


190524_44.jpg


今回の房総半島ツーを平日にセットしたのはこうした人気フォトスポットに人が少ないであろうことを見据えてのことです。
その予測はここまでこの記事をお読みになった方であればお分かりでしょう。
最近当Blogで多用している「僥倖」ではなく「約束された勝利の剣」というやつです( ՞ਊ ՞)ノ
おかげさまで人目を気にせず思う存分写真を撮れました!(ノ´∀`)ノ
ちなみにこのトンネルは駐停車禁止ではないのでひとまずご安心を。


190524_13.jpg


切り通しトンネルを後にして10分程度で次の目的地に到着です。
ちなみにここにバイクを停めた直後に階段を降りながら「イカしたバイクだな!写真撮ってもいいか?」って話しかけてきたアメリカ人がおりまして(笑)
快諾して彼が写真撮った後にどこから来たのか聞いてみたらミネソタ州だと。
私が「レッドウィングの発祥地じゃん!」って言ったら彼も愛用しているらしく、そこからブーツ談義に(笑)今までこの手の話はいつもお世話になっている美容師さんくらいとしか話したことなかったけど、まさかこんなところで本拠地ミネソタ州の米国人とレッドウィングの話出来るなんて思わなかった!(ノ゚∀゚)ノ
今回のツーリングにおいて唯一の「僥倖」でした( ՞ਊ ՞)ノ


190524_14.jpg


そうしてなってきたのは『鋸山』(のこぎりやま)
千葉県安房郡鋸南町と富津市の境に位置する山で、かつては良質石材の産地として江戸時代から盛んに採石が行われた名山ですφ(・ω・ )
ちなみに採取されたStoneはたびたび隣国のサルどもがキーキー騒ぎ立てるあの神社や私が信奉する聖飢魔IIの結成地であるあの大学の構内にも利用されていたりするのです(笑)


190524_15.jpg


鋸山の頂上まではとても歩いていけないのでロープウェー(往復990円)を利用します。
5年前に来た時にも触れていますが鋸山のロープウェーは安楽死が合法化されているスイス連邦製です。
日本もアホ政府が年金破綻してるから自助努力よろしくとかほざき始めた今日のこの頃なので早くスイスと同じように安楽死合法化されないかなと個人的には切に願っていますm(*- -*)m←利用したい人
つーかマジで払った年金返せよ。


190524_16.jpg


ブツブツ書いてしまったものの(笑)、定刻になり出発進行!
写真はゴンドラ内から撮影したミヤギさんです( ՞ਊ ՞)ノw


190524_17.jpg


190524_18.jpg


190524_19.jpg


頂上からの景色です。前回と変わらず空も海も山も最高の景色でございます(ノ´∀`)ノ
ってか前回よりイイかも!
ここ鋸山の正式名称は乾坤山(けんこんざん)といって江戸時代までは日本80の名山の1つだったらしいのですが、後年に改めて日本百名山を選出する際にハブられたらしく現在では名山という認識がないかわいそうな山だったりするんです(´Д` )
(Wikipediaより抜粋)
せっかく東京湾一帯から伊豆大島まで見渡すことができるというのに!埼玉ですら両神山が入ってるのにね。。。


190524_20.jpg


鋸山に生息する多数のノラ猫ズも健在。
見ての通り、正直なところ身なりはあまり良くないリアルなノラ猫さんたちです(笑)
山形の山寺とは大きな違いだ(;´∀`)


190524_21.jpg


ロープウェーで下山する際の1枚。石の断面が特徴的です( ´ω`)♪
鋸山は全体が日本寺の境内となっており、隅々まで歩くと「地獄のぞき」や「石切場跡」なども見られるのですが途方も無い時間が掛かるので興味のある方は時間に余裕を持ち、なるべく登山しやすい格好で! ( ,,´・ω・)ノ


190524_22.jpg


鋸山を後にし、すぐ近くの『食事処 ばんや』へ移動してLunch Time!(((*ノ・ω・)ノ
ここは保田漁協直営のお店で毎日保田漁港にて漁から届いた新鮮な魚介類を提供してくれるお店で、休日は行列ができることも珍しくないそうです( ՞ਊ ՞)ノ


190524_23.jpg


いけすにはその日の朝に漁港から直送されてきた本日のネタが待機しております( ՞ਊ ՞)ノ
その日だけのネタというのもあるので、何があるかは行ってからのお楽しみというわけですね。今はこうして埼玉に帰ってきているので、こういった海の幸が新鮮に感じられます(笑)


190524_24.jpg


目玉メニューは「漁師のまかない丼」らしいのですが私は「マグロカツ」をオーダー。メニューはすべて単品で+250円くらいだったかな?そのくらいの額でご飯・味噌汁・漬物のセットがついてきて定食にすることができます。これがなかなかのヴォリューム(笑)
まだまだ続くツーリングに向けてしっかりとパワーをチャージ出来ました( ՞ਊ ՞)ノ


190524_25.jpg


昼食後にミヤギの給油も済ませて南房総をさらに南下し最南端まで(((*ノ・ω・)ノ
ここが次の目的地になります。


190524_26.jpg


ここは『野島崎灯台』
「日本の灯台50選」に選ばれており、国の登録有形文化財にも登録されている房総半島の目玉スポットですφ(・ω・ )


190524_27.jpg


190524_28.jpg


先日同じ千葉県の犬吠埼灯台は営業時間を過ぎており入れませんでしたがここは無事に入場券を買って上に上ることができました(ノ´∀`)ノ
まさに雄大な太平洋のパノラマが広がっております( ՞ਊ ՞)ノ
こうして海をじっくり見るのも妙な懐かしさを感じますわ(;´∀`)


190524_29.jpg


野島崎を後にしていよいよツーリングも終盤へ。
この後はフラワーラインを通過して鴨川市の手前で『亀岩の洞窟』方面へ舵を切ってそのまま袖ヶ浦まで抜け、アクアラインから来た道を辿って埼玉へ帰るというルートです(((*ノ・ω・)ノ
ただ、フラワーラインが現在シーズンではないのか殺風景だったのがちょっとだけ残念でした。。


190524_30.jpg


190524_31.jpg


フラワーラインの途中で事前リサーチしていたカフェ『ストロベリーポット』に立ち寄ります( ՞ਊ ՞)ノ
隠れ家チックなカフェで最初場所が分からず戸惑いましたね(笑)
どうやら普段はカギ屋さん・・・?らしいです。


190524_32.jpg


「海の見えるカフェ」と謳っているだけあってテラス席からは太平洋がよく見えます( ´ω`)♪
そしてここのカフェの店主さんは現役の海女さん!(ノ゚∀゚)ノ
5月〜9月はお魚くわえたドラちゃんを追いかけるあの年齢の割には貫禄ありすぎな女性・・・あ、それはサザエさんか( ;´Д`)
アワビちゃん漁のシーズンなので臨時休業が増えるんだそうです。
何とか営業日に来れました!


190524_33.jpg


そんなストロベリーポットではあんみつとアイスコーヒーをいただきました( ՞ਊ ՞)ノ
このあんみつに使われているところてんは店主さんが千倉の海で採取した天草を水をかけては天日にさらすを繰り返し、乾燥させた物「さらしてんぐさ」を煮出して作ったもの。
まさに自然のまま・無添加の天然食材を味わってきましたよ(ノ´∀`)ノ


190524_34.jpg


楽しいカフェタイムを終えたら最後の目的地・『亀岩の洞窟』へ向けてミヤギを走らせますが・・・
見ての通り、Google先公にハメられてエラい道(林道にほど近い道)を走らされました(笑)
近いうちに1年点検を受ける予定なのですがその時に各部増し締めがあちこちに発生しそう(;´∀`)
また、無事に目的地には辿り着いたのですが現在はシーズンではないためあの有名なハートの光景は見られず、殺風景で特筆することも無いので割愛させていただきますm(*- -*)m


190524_35.jpg


亀岩の洞窟をもって本日の日程はすべて消化!(ノ´∀`)ノあとは帰路につくのみ。
帰りは「房総スカイライン」をひたすら北上して袖ヶ浦ICから再度アクアラインに入ります(((*ノ・ω・)ノ


190524_36.jpg


無事にアクアラインへ到達し、本日2度目の海ほたるへ(笑)
行きも帰りも優秀な休憩スポットです( ´∀`)b
夕方になるとこれまた夜景がキレイだったりするんですよね〜!東北じゃあり得ない光景ですわ(嘲笑)


190524_37.jpg


海ほたるから羽田空港へ降り、あとは冒頭の環八をひたすら北上して埼玉へ戻るのみ!
前述の通り行きは渋滞との戦いになりますが、実は帰りは意外とスイスイ行けちゃうのが環八のギャップですかね(;´∀`)
ほとんど渋滞に引っかかることなく埼玉へ戻れました!( ´∀`)b


190524_38.jpg



・・・で、その帰りにわざわざ寄り道をして夕食をば(;´∀`)
埼玉県坂戸市にある『麺や 唯桜』です( ՞ਊ ՞)ノ


190524_39.jpg


そこでつけ麺(300g)をいただきました。なんとこれで野菜1/3ちょいマシです。
ちょいマシにするとマジで野菜だけで山が出来て麺までたどり着きません(笑)
ちなみに脂・ニンニクマシにもしましたが次の日口臭がケイオスなことになり数時間おきに噛むブレスケアを服用するハメになったのでもしこの記事を見て行く決意をされた方がいらっしゃったら万全の態勢で!(;´∀`)

次の日デートとか目も当てられませんからね!


190524_40.jpg


腹がはち切れそうになりながら無事に実家に帰宅!(ノ´∀`)ノ
走行距離は382.3km。結構走りますね〜房総半島ツーになると。


190524_42.png


走行ルートはこんな感じ!
まさにド定番の南房総ツーのルートですね(笑)
何回行っても満足出来るツーリングスポットだと思います!( ՞ਊ ՞)ノ


190524_41.jpg


前回行った千葉ツーとはまた趣向も方向も違うツーリングでしたが、やはり房総半島は期待を裏切りませんね!
キツいワインディングも基本的には無く美味しい食べ物屋さんや景色を堪能できるスポットがたくさんあるので個人的にはバイク初心者に強くオススメできるルートです( ´∀`)b
ぜひ千葉へ行かれる機会のある関東圏外の方は行ってみてはどうでしょう!


関東にいたらテッパンのツーリングですからね!(ノ´∀`)ノ
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback