FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・完結編!(とプチツー)

190519_1.jpg


2つ前・3つ前の記事でお送りした「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー。
この日一箇所だけ巡礼していなかった場所があるので、去る5/19(日)に行ってきました!


190519_2.jpg


それがここ、埼玉県川越市の『的場駅』
JR川越線の駅になりますφ(・ω・ )無論、来たのは初めてです。


190519_3.png


そんな的場駅は3巻第14話にてなんとミヤギの故郷(地元)の駅として登場を果たします!(ノ゚∀゚)ノ
原作ではえらい田舎の駅みたいな描かれ方をしていますが・・・劇中ほどではないにしろ、確かに川越市内とはいえ何もないエリアです(;´∀`)
秩父出身のクスノキに対しミヤギは川越出身。みんな県西部なんだね(笑)


190519_17.jpg

190519_5.png


駅構内はこんな感じで、改札は交通系ICカードタッチ機があるのみ。紙の切符だと駅員さんに切ってもらうことになるのかな?(;´∀`)
以前の記事で登場した同じ埼玉の毛呂山町にある毛呂駅(超ド田舎路線)とほぼ同じ構造です。
作中では中学生くらいの歳の女の子たちが座っている、この写真の右下のベンチにミヤギの幼馴染・エニシが座って恋人が来るのを待っていました( ՞ਊ ՞)ノ
まぁこの日の私は明らかに不審者でしたね。全身黒ずくめの男がバイクで駅にやってきたかと思えば電車には乗らず駅の写真を撮り始めるんだから(´Д` )
盗撮になりかねない。。。


そんな感じで、無事に「寿命を〜」の埼玉県内聖地巡礼は意図的に除外した西武園ゆうえんちを除いてこれにて終了です!(ノ´∀`)ノ
何回読んでも素晴らしいお気に入りの作品を違う視点で振りかえれたのは良かったかも(笑)
現実にはテレポートでも使えない限りありえない移動をしているケースがあるのは内緒です( ՞ਊ ՞)ノwww


190519_6.jpg


聖地巡礼を終了し、残りの時間は近場のプチツーに充てることにします( ՞ਊ ՞)ノ
川越から北上して桶川付近の方面へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ


190519_7.jpg


そうしてやってきたのは白岡市のハンバーガー屋さん”SUN DOVE DINER”!( ՞ਊ ՞)ノ
2016年にハンバーガーにハマっていたときに来た以来の来店となります。
店内の雰囲気も本場アメリカのダイナーのように演出されているところも好ポイントです( ´∀`)b


190519_8.jpg


アボカドチーズバーガー(とレモネード)をオーダー。
SUN DOVE DINERでは塩コショウでしっかりと下味が付けられたパティを一番下に置き、その上から順番にチーズ→レタス→ピクルス→トゥメィトゥ→オニオン→アボカドの順番で具材が盛り付けられます( ՞ਊ ՞)ノ
特筆すべきはこの辛味を取り除いたザク切りのオニオン。SUN DOVE DINERのハンバーガー最大の特徴と言っても過言ではないかもしれません。
下味がしっかり付いたパティと野菜たち、特にこのザク切り特製オニオンの組み合わせがもう最 of the 高!(ノ´∀`)ノ
ポテトも細いタイプと太いタイプのどちらか好きな方が選べるのは変わっておりませぬ!
埼玉県内の数あるスペシャリティハンバーガーの中でもトップクラスのダークホースだと信じて止みません( ՞ਊ ՞)ノ


190519_9.jpg


SUN DOVE DINERを後にしたら次の目的地へ(((*ノ・ω・)ノ
やはりといいますか、翔んで埼玉のような道が出てきたので思わずSHOT(笑)


190519_10.jpg


そんなこんなで10分少々で到着!埼玉ではおなじみの『森の音』です( ´ω`)♪
やはりこっちにいる間に来ておかなくては!


190519_11.jpg


今回はブラジルをいただきました!どこの農園だったのかは忘れてしまったけれど(笑)、ほどほどなサッパリ感の良い味でございました( ՞ਊ ՞)ノ


190519_12.jpg


もちろん私Altriaが激推しのチーズケーキもね(笑)
森の音に来たらコーヒーとこのチーズケーキのセット、それからマスターとのコーヒー談義までがテッパン中のテッパンでございますからね( ՞ਊ ՞)ノ
当Blogの記念すべきツーレポ第1弾の舞台となった森の音もたまに通うようになり早7年。自分で淹れるようになってからは前述のコーヒー談義も楽しみになりました(笑)
次回は埼玉を撤収して仙台へ戻る日になるかな〜。撤収以降は帰省した時に車で行くことがほとんどになりそうです(;´∀`)


190519_13.jpg


森の音を後にし、わざわざR407を小川町方面へ抜けてこれまたおなじみ秩父高原牧場へ(笑)
平坦な道ばっかりだとつまんないからね!( ՞ਊ ՞)ノ
ここに来れるのもあと何回かな〜。


190519_14.jpg


ちなみに牛さんたちは牛舎にいないかと思ったら牧場へ向かう途中の道から見えるところでたむろってました(笑)
何気にこれは初めて見たかも!(;´∀`)


190519_15.jpg


あとはストレート帰宅!走行距離は意外と多めだった148.8km
あまり移動していないので走行ルートは割愛!m(*- -*)m


190519_16.jpg


森の音で本日いただいたブラジルのナントカ農園のお豆を100gお買い上げ( ՞ਊ ՞)ノ
こうしてバイクで出かけた先でコーヒー豆を仕入れるのもまた楽しみです( ´ω`)
この記事が公開される頃には仙台帰投(埼玉撤収)まで1ヶ月を切っていることでしょう。ということは本格的に撤収までのカウントダウン、かつ埼玉滞在中最後のツーリングラッシュが訪れようとしています。
最後の最後、仙台のアジトへミヤギと共に無事に帰投するまで無事故無違反で駆け抜けます!( ՞ਊ ՞)ノ


特にオチは無かった(笑)
それでも面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

逆時計回りにグルッ☆と!栃木ツーリング!(゚Д゚(。_。(゚Д゚(。_。

190512_1.jpg


Hi there! 平日は日々疲労(+が引き起こす体調不良)と戦うAltriaです (ノ´Д`)ノ
去る5/11(土)は仙台へ日帰りで一時帰投しておりました!
大分久しぶりにお気に入りのお店で牛タン定食を食したのですが知らぬ間に値上がりしていてちょっと残念。。。(´Д` )
東京長期出張も残りジャスト1ヶ月となり、仙台へ帰投する日が近づきつつあります。
平日は前述の通りで通勤時間が往復約4時間なのが非常にキツイのですぐにでも仙台に帰りたいのですが、週末は埼玉に住んでいた時と変わらず楽しいので寂しい気もしたり・・・ (ノω・、)
5月の残りの期間でラストスパートをかけていくので、最後まで事故なく走り終えたいですね( ´ω`)


190512_2.jpg


そんなわけで今回のツーレポは5/12(日)のお話、栃木ツーリングの様子をお送りします!(ノ´∀`)ノ
仙台からの帰宅が夜中になってしまい寝付くのも遅く、朝起きた時は身体がだるかったのですがMetallicaのようにWhiplash(ムチ打ち)してツーリングへ出撃です!(´Д` )
まずはR407を北上して鴻巣方面を抜けて栃木へ向かうために加須市へ(((*ノ・ω・)ノ


190512_3.jpg


その途中で『オートパーラーまんぷく』に到着!(ノ´∀`)ノ
2014年のKCBMin筑波サーキットの帰りに立ち寄ったレトロ自販機スポット(富士電機製うどん・そば自販機×2)ですな( ´ω`)
通りかかったここでとっていなかった朝食TIMEです!


190512_4.jpg


個人的に”昭和の遺産”と呼んでいるレトロ自販機。
平成を終えて令和の時代を迎えてもこうして生き延びております( ´ω`)
まんぷくの自販機そば・うどんは200円でカットしたかき揚げも入っているというなかなか良心的なお値段(ノ´∀`)ノ
メンテナンスなどの維持費が掛かって大変かと思いますが、末永く生き延びて欲しいですね!


190512_5.jpg


朝食後はひたすらR4を北上するのみ!
茨城県古河市を経由して栃木県へ入り、静岡県浜松市とどちらが餃子で有名な街なのか熾烈な争いを繰り広げていることで有名な宇都宮市を目指します(((*ノ・ω・)ノちなみに私は浜松の「石松」の餃子が今でも好きですw
晴れ予報なのにこの時点では曇り空が広がっていました(´Д` )
ちなみにR4といえば青森まで続く国道で私も幾度となく走っている道ですが・・・正直、栃木のドライバーのマナーの悪さには驚きました。
まず誰一人として車線変更の際にウィンカーを出さない。宮城でも散見されますが栃木は皆さん徹底して出してませんでした。もちろんやや強引な割り込みもセットで。
そして全体的に走る速度がおかしい。大きな声で言えたものではありませんが高速道路の制限速度くらい出してましたね(--〆)

たまにTwitterで情報が流れてきますがここまで酷いとは。。。
もっとオービス増やしていいと思います。


190512_6.jpg


苦言を呈しつつも無事に宇都宮市へ到着!(ノ´∀`)ノ
栃木をツーリングするのは2014年以来5年ぶりとなります。東北自動車道では毎回通過こそしていたもののそんな長く行ってなかったのね(笑)
最初の目的地のOPEN時間が11時でまだ時間前だったので近場の『飛山城史跡公園』にてお手洗いも兼ねて休憩です(((*ノ・ω・)ノ
宇都宮に着く頃にはこの通り快晴!(ノ´∀`)ノやっぱり関東だと晴れ率高いですね!(嘲笑


190512_7.jpg


時間になったので公園を後にし、すぐ近くのR408沿いにあるライダースカフェ・”RIDE a LIFE”に到着!(ノ´∀`)ノ
様々なバイク雑誌でフォーカスされることの多いライダースカフェです( ՞ਊ ՞)ノ
あのポケモンのサトシが歌っている、最終話直前で主人公が死亡することで有名な仮面ライダー◯騎の主題歌と非常に名前が似ていますが違うので注意!変身後に「ッシャッ!」とか気合い入れなくても大丈夫ですw


190512_8.jpg


メニュー表を見てみると看板メニューのハンバーガーにはバイクの車名が付いていたり(笑)
※でも”KZ”の由来はマスターのお名前かららしい
ハンバーガーの他にパスタや宮城の英雄サンドウィッチマンが大好きなホットドッグ、カレーなどがあります( ՞ਊ ՞)ノ
コーヒーも外部のロースターさんが焙煎した豆を使っているようです。


190512_9.jpg


今回は看板メニューのKZバーガーにコーヒーはマンデリンをオーダー( ՞ਊ ՞)ノ
肉厚なパティに彩りよくサンドされたVegetableが良く合っています( ´∀`)b
付け合わせのコールスローも丁寧に作られており美味しい!フレンチフライも付いてます。
コーヒーはカリタ式のペーパードリップで淹れられておりマンデリンながらなかなかスッキリと美味しかったです( ´ω`)
こうして過ごしている間にもお客さんがどんどん増えていき、あっという間にテーブル席は埋まっていました!バイク乗りを中心に人気があるお店です( ՞ਊ ՞)ノちなみに前述の写真の通りテラス席もあるよ!
ぜひ栃木近郊をツーリングされる際は立ち寄ってみてはいかがでしょう?ただし土日のみの営業なので注意!(祝日は不明。)


190512_10.jpg


RIDE a LIFEでランチ後、そこから10分程度で次の目的地に到着!
「バイク神社」こと『安住神社』です!( ՞ਊ ՞)ノ
全国からライダーたちが集う「全国バイク神社認定第1号」の神社でございます。
宮城でも私が在籍するZX-14R乗りのナーガさん率いるどしゃぶりーずやNinja650乗りのmacky率いるPlaza会(macky会)のアウトロー代表sutaminaさんが訪れております( ´ω`)
それくらい有名なスポットですね!実際この日も(写していませんが)バイクがたくさん止まっており、どこかのグループは巫女さんと記念写真を撮ってました(笑)


190512_11.jpg


境内に入るとこんな感じで安住神社にて購入出来る、あの黄色いてるてる坊主型のお守りやバイク関連のステッカー、絵馬などがたくさん!
交通事故で親を亡くした子供達のための募金も募っているようですφ(・ω・ )


190512_12.jpg


そんな安住神社ですが、単純に神社としての紹介をしますと創建は899年で本殿は栃木県指定文化財で安産と家を守る御利益があるとのことφ(・ω・ )
確かに安産祈願のお守りや絵馬が目立ちましたね。
もちろんお清め後に参拝(*-人-*)


190512_13.jpg


そんな安住神社、社務所でお守りなどを物色していると神主さんから話しかけられたのでしばし会話を。
そこで初めて知った事実なのですが・・・実は全国各地で「バイク神社」を名乗っている神社はほとんどがニセモノで、この安住神社こそが商標登録もされている”真のバイク神社”とのこと( ゜д゜)
要するに平気で商標権を侵害されている状況なんだそうです。

これを聞くと昨年10月末に同志たちと山形の總宮神社に行った際「一体ここの何がバイクの聖地なんだろう?」という疑問が解決したような気がします。ここと違ってバイクにまつわる何かがあったわけでもなく、ただ単に宮司さんがバイク好きだというだけのことでしたから(--〆)
まぁこの話を出してしまうとこの安住神社も何がきっかけでバイク神社になったのか個人的にはよく分からないんですけどね(苦笑)
ともかくここがホンモノってことで!macky会のツーリングプランに水を差してしまいましたが・・・總宮神社も神社としてはちゃんとしたホンモノの神社なので行くこと自体には良いでしょう!宮司さんがバイク好きなだけで気持ちに変わりはないでしょうし( ´ω`)商標権侵害はNGですが!
ただし安住神社の神主さん曰く、「大阪にあるバイク神社を名乗っている神社は神様が祀られておらず、4本足の馬を祀っていて非常に縁起が悪いため絶対に参拝しないでください」とのことでした(´Д` )
※馬のくだりは若干記憶が曖昧です。。。


190512_14.jpg


ちなみに社務所でバイク乗りと判断されると缶コーヒーがもらえます(笑)
傍らのゴミ箱はその残骸でいっぱいです(;´∀`)
これを見て分かる通り、相当な数のバイク乗りが訪れるわけですね〜。
バイク乗りっていうとみんな缶コーヒーってイメージがありますが私はこのような機会がないと基本飲みません。舌がスペシャリティコーヒーに順応し過ぎて拒絶反応起こすので(笑)
↑元も子もないこと言うんじゃない!w


190512_15.jpg


安住神社での参拝を終えて宇都宮での予定はすべて消化!
お次はお江戸時代を開いた徳川さん家の家康くんゆかりの地・日光を目指してR119をひたすら西へ(((*ノ・ω・)ノ
途中のIDEMITSUにて給油を挟みますφ(・ω・ )


190512_16.jpg


そんな日光街道ですが、こんな感じに点々と並木道の中を走ることになりなかなか良いです( ´ω`)
ここを通るのももちろん5年ぶり。流れも良く快適でした!
ただ、日光方面だけ先ほどまでの快晴はなく見事なまでの曇り空なのがちょっぴり残念(´Д` )
山だからね・・・。


190512_17.jpg


日光市内に出てきたので『日光物産商会』にて買い物(((*ノ・ω・)ノ
記憶が定かではあればここは私が小学生の時の修学旅行でお土産を買いに立ち寄ったお店だったはず。小学校だから行程の中でみんなで立ち寄るやつねw
お小遣い3,000円回転縛りがある中でSOBOのために1,500円のお線香セットを買い上げた小学生はわたしだけでした(笑)
今ではセットはなかったもののここの日光杉を使ったお線香が150円で売っていたのでそれを購入。
このお線香は今月出撃予定の奥多摩〜山梨ツーの際に使う予定です( ՞ਊ ՞)ノ


190512_18.jpg


余談ですがお店の横にある日光二荒山神社の駐車場にバイクを停めさせてもらったのですが、なんと御賽銭をPayPayやWeChat Payで受け付けておりました・・・( ゜д゜)
前からウワサは聞いていましたが実在していたのですね。
お試しにやってみたところちゃんと納められました。しかしキャッシュレス派(※バイクに乗らない時のみ)の私でもここまでキャッシュレスにするのはなんかなぁ〜って感じです。味気なさすぎる。
確かにたまたま小銭がないときは使えるけど。
主に外国人(ってかQRコード決済だから主に中国人かと)向けの対応策ですね(´Д` )


190512_19.jpg

190512_20.jpg


そうしてR120をさらに西へ進んで走り屋さんの愛する「いろは坂」(第二)へ!(ノ゚∀゚)ノ
ガラガラに空いていたので文字通り思う存分ワインディングを堪能させていただきましたぜ( ՞ਊ ՞)ノ
おかげさまでタイヤは見ての通り(笑)まさにBS・S22の本領発揮というやつでした(ノ´∀`)ノ
もう”意図的に”バンクセンサーやブーツをガリガリと擦れるくらいに余裕がありましたよ(笑)


190512_21.jpg


そうしてやってきたのは『華厳の滝』!(ノ゚∀゚)ノ
言わずと知れた自殺の名所(は誤った説なんだとか)日本三名瀑の1つに数えられる国の景勝地です( ´ω`)
個人的に好きな景勝地で前回日光を訪れた際も来ています。見るのはこれで3度目ですね。


190512_22.jpg


エレベーター料金(往復550円)を支払って滝壺付近の観瀑台まで降ります(((*ノ・ω・)ノ
知らぬ間に40円も値上がり・・・(ノ_-;)
なんか最近の記事を振り返るとどこも値上がりしてばっかりですね(--〆)華厳の滝エレベーターなんて原材料とかない・・・と思いきやメンテナンスに使う消耗品が値上がってるのかなと。
どちらにせよ所得は増えやしないのに物価は上がりその上消費増税10%。
そのうち前述の自殺の名所という誤った説が真実になってここで自殺を図る日本人がたびたび発生しそうですね。そうなったら華厳の滝は一般公開されなくなるのかな(笑)
そんな暗い日本の未来の話は置いといて、1分ほどで下に到着!この寒々しい通路を抜けていけば観瀑台です。














190512_33.jpg


190512_24.jpg


5年ぶりにこんにちは!『華厳の滝』でございます(ノ´∀`)ノ
お天気は残念ながら曇りでしたがやはり圧巻の風景。他を圧倒するかのような存在感を放っています。
iPhoneXsのカメラがいくら高性能であれど限界はあるので、ここぞという写真撮影は一眼でキチッと撮りたいですよね( ´ω`)
これはNIKKOR 18-105mm標準レンズで!


190512_25.jpg


190512_26.jpg


そして華厳の滝名物(だと自分は信じています)の高原牛乳をホットでいただきます( ´ω`)
肌寒い気温ですがこれでしっかり暖まりますぜ( ՞ਊ ՞)ノ
これを飲みながらの華厳の滝観賞はまた格別です。皆様も280円を支払ってぜひ!(笑)


190512_27.jpg


華厳の滝で40分ほど時間を過ごして出発!
今度は第一「いろは坂」(残念ながら追い越し禁止区間で遅いバスや車とダンゴムシ走行を余儀なくされました(´Д` ))を抜けたのちに初の走行となるR122をひたすら南下して埼玉への帰路とします(((*ノ・ω・)ノ
ここも軽いワインディングが楽しめる快走路で走っていてストレスにはなりませんでした( ´ω`)
ただ、道中でみどり市にあるレトロ自販機の聖地『丸美屋自販機コーナー』を見つけるも華麗にThroughするという失態を犯しまして(ノ_-;)
途中で引き返そうとするもなかなかUターン出来るポイントが見つからず、かつチラ見した際に大分お客さんで埋まっていたので今回はそのままThroughしました。。。次行くことあるのか?


190512_28.jpg


そのままひたすら南下してお天気は夕暮れの晴れ模様に戻りました( ´ω`)やっぱり山の天気はあんな感じになるんですな〜。
伊勢崎市を通過する際に先月のグンマーツーで立ち寄った『RidersCafeうさぎ小屋』に立ち寄って小休止を挟みます( ՞ਊ ՞)ノ
駐車場はバイクでいっぱい・・・ってか皆さん私と同じようにアマリングという言葉が無い人達のようで驚き(;´∀`)
ただしツナギまでは着てませんでした(笑)


190512_29.jpg


オーダーは前回と同じあんバターマフィンに紅茶をセットで。小腹が空いていたのでちょうど良いです( ´ω`)
マスターさんとツーリング談義をしたりと、新しく出来たばかりのグンマーの隠れ家にて帰宅前に楽しい時間を過ごしました( ՞ਊ ՞)ノ
ちなみに前回訪れた際に載せていなかった店内の様子はこんな感じ!ホントにうさぎ小屋みたいでしょ(笑)
これがRidersCafeうさぎ小屋の最大のウリだと思います(ノ´∀`)ノ個人的にはカウンターの昔ながらの大黒柱も特徴だと思っていますが(笑)
マスターさんにもお話ししていますが仙台へ戻る前にもう一度訪れたいところ!


190512_30.jpg


あとは伊勢崎からひたすら爆走り慣れた埼玉の道を走って実家に帰宅!(ノ´∀`)ノ
走行距離は320.7km。栃木まで行くと大体こんなもんみたいですφ(・ω・ )


190512_31(2).png


走行ルートはこんな感じ!ね、逆時計回りでしょ(笑)
埼玉→茨城→栃木→群馬と回っています。結果的に北関東3県を巡りましたね。
誰だ今埼玉も北関東だって言ったやつ。埼玉は南関東だからな。廊下で全裸で逆立ちして立ってなさい。


190512_32.jpg


こんな感じで5年ぶりの栃木ツー、楽しんで参りました(ノ´∀`)ノ
前日仙台へ一時帰投した際に1泊したかったところではあるのですが、実は4月末で2年縛りのインターネット契約を終了(料金高すぎて鞍替え予定)しており現在アジトにネット環境が無いのと、以前の記事で書いたサムライクラフトのカスタムオーダー品もまだ完成していなかったのでバイクもないし残る意味も薄かったのでトンボ帰りしてきて大正解でした( ՞ਊ ՞)ノ
もう少しだけ当Blogの舞台は関東エリアになりますので、引き続き生暖かい目で見守っていただけますと幸いですm(*- -*)m


・・・あ、バイクの写真全然撮ってなかった。( ;´Д`)


またいろは坂を爆走したい( ՞ਊ ՞)ノ←イキリくん
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・後編!

190504_44.jpg


はいっ!では「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・後編!
行ってみましょう(ノ´∀`)ノ
前回の記事の最後、秩父へやってきて最初に立ち寄ったのがここ『波久礼駅』(はぐれ-)
秩父鉄道本線の駅で1903年開業と大分長い歴史をお持ちのようですφ(・ω・ )
そんな波久礼駅ですが・・・


190504_48(resize).png


1巻第5話と6話で、クスノキの故郷の駅として登場します!( ՞ਊ ՞)ノ
なんというかそのまんま(笑)クスノキは秩父出身だったのか(;´∀`)


190504_47.jpg


190504_49.png


券売機は第6話の扉絵にもなっています( ՞ਊ ՞)ノ
ここも忠実。


190504_67(resize).png


190504_66.jpg


それから待合室。
ここは第6話で初めてミヤギが肩の力を抜いてクスノキと会話をした場所でもあるのですが(この絵じゃそうは見えませんがw)、ちょうど電車待ちのお客さんで埋まっていてとても劇中の通りに写真は撮れず。
電車が来るまで待とうとも思いましたがさすがはド田舎路線、次の電車は数十分後ととても待っていられないのでスッパリ諦めました(--〆)
ちょっと残念。
ちょうどミヤギが座ってたところにおzeeさんが座ってるんだよな〜(;´∀`)


190504_51.jpg


そんなこんなで聖地巡礼に夢中になっていたらすっかりお昼時。
昼食がてら一休みということで小鹿野町の蕎麦屋『しのうち』へやってきました( ՞ਊ ՞)ノ
ここも何回も当Blogに出てきた場所ですね。3年ぶりの来訪になりました。


190504_52.jpg


さすがGW中ということで今までにないほどの順番待ちを経て店内へ。
女将さんと久しぶりの再会も果たしました(笑)
やはり最近父は来ていないとのこと。まぁZIIがアレじゃあねぇ。。。※一気筒死んでいます。
そんな3年ぶりのしのうちで天ざるそばをいただきました( ՞ਊ ՞)ノやはり美味しい!
ここは下の肥えた宮城の仲間たちにもオススメ出来るお店だと思います!


ただ・・・久しぶりに来たら驚くほど値上がりしてまして(;゜Д゜)
大盛りにするのに+***円って・・・倍くらいになってるような気が( ;´Д`)
それでもリピーターがやまないしのうちですが、ここまでお高くなるとちょっと足が遠のきますね。。。


190504_53.jpg


女将さんや店主さんにご挨拶してお店を後にし、しのうちから10分少しの『秩父ミューズパーク』に到着!( ՞ਊ ՞)ノ
ここも聖地なのですが2ヶ所に分かれているため、それぞれ巡礼します(((*ノ・ω・)ノ


190504_54.jpg


まず1ヶ所目はこのような遊歩道を歩いて行く必要があります。さしてキツい坂があるわけでもなく短距離なのですぐに到着です( ´ω`)
だいたい昨年夏にツーリング先で最果てのトレッキングを経験しているので大抵のことはブレックファスト前ってやつですよ( ՞ਊ ՞)ノ


190504_55.jpg


そんなわけで『展望台』へやってきました( ՞ਊ ՞)ノ
ここは・・・

190504_59(resize).png


2巻第8話でクスノキがミヤギと来た、かつてヒメノと訪れたという展望台(原作では”有名なデートスポット”)です( ՞ਊ ՞)ノ
作中の展望台は実際より広く描かれていますね。
ここでクスノキは翌日ヒメノとのデートを控える中、ミヤギを連れて予行練習に。子どもの頃のヒメノとの思い出話を聞かせていました( ´ω`)


190504_56.jpg


ちなみにここからの風景はこんな感じ!
秩父の街並みや山々を眺めることが出来ます( ՞ਊ ՞)ノ
確かに作中のクスノキの地元そのまんまって感じ(笑)
埼玉の中でも秩父は自治国と揶揄されるくらいド田舎地域色が異なっており大体の場合は観光で訪れるという人がほとんどです。
埼玉方面をツーリングする際のメインエリアになるわけですわ(;´∀`)
逆を言えば秩父以外にツーリングする場所は埼玉には無い、ということにもなったり。(´Д` )


190504_57.jpg


記事をご覧の皆さんが気になっているであろう中央のレリーフは「秩父市街とその周辺」を模していますφ(・ω・ )
東京の人が見たら「うわ山ばっか、ド田舎じゃん!」ということでしょう。大丈夫です、埼玉の大宮近辺に住んでる人も「ここって埼玉だっけ?」って言うと思いますから(笑)


190504_58.jpg


来た道を戻って一旦ミヤギに乗り、ちょっと離れた2ヶ所目、本日の聖地巡礼最後のスポットへ(((*ノ・ω・)ノ
それがこの『旅立ちの丘』です( ՞ਊ ՞)ノ
螺旋階段が特徴的な展望台ですね。


190504_60(resize).png


ここも前述の2巻第8話で出てくる展望台で、クスノキのセリフから推測するに1ヶ所目の展望台から見えるってことなのかな?
実際には距離が離れているのでどちらか一方から片方の展望台を見ることは出来ないです。
クスノキはかつてこの展望台で、螺旋階段に空いていた隙間から落ちそうになったヒメノを助けたと回想していますが実際には隙間なんて全くないのでご安心を( ՞ਊ ՞)ノw
クスノキみたいにカッコつけて女性のハートを掴み取りしようとしたアナタ!現実は大抵そのハートを掴み取りしようとしたヤツ自身が窮地に陥るパターンだからな!大体この手の手法は通用しないって証明した先人たちがどれだけいることか(;´∀`)
(窃盗犯を捕まえて振り向かせたかった、という狂言犯罪とかたまーに聞きますからねw)


上からの眺めを楽しんで本日の聖地巡礼は全て終了!(ノ゚∀゚)ノ
・・・実は本来のルートだとこの後『西武園ゆうえんち』(3巻第13話)川越の『的場駅』(同第14話)を巡って終了になる予定だったのですが、全体的に時間が大幅に押してしまっており、かつ午後から天気が崩れるという予報が( ;´Д`)
これに前述のしのうちでの待ち時間(トータル1時間30分ほど)が完全にトドメをさしてしまったので止むを得ず本日はここで切り上げることにしました。
また、西武園ゆうえんちは確実に撮れる写真が1枚(第14話の扉絵だけorz)しかなく、入場券を買ってまで行く価値があるかと言われると微妙なので聖地巡礼リストからは外しました(´Д` )


190504_61.jpg


というわけでとっとと秩父から撤収!(((*ノ・ω・)ノ
・・・おや?何やら雲行きがものすごく怪しい( ゜д゜)
これは山の方を抜けるルートは避けて芦ヶ久保を通過して帰るルートの方が安全かなと思ったのですが、現在羊山公園の芝桜シーズンの真っ只中になりつつありとんでもない帰宅ラッシュ渋滞が発生している模様( ;´Д`)
こうなったら雨が降る前に定峰峠をTOPPAして帰るしかない!というあまりにも無謀な賭けに出ます。どれくらい無謀かというとMotoGPの決勝レースをレインコンディションの中ソフトのスリックタイヤで走るくらい無謀です。
だが先日宮城の仲間たちと行ってきた長野ツーはまさに「僥倖」にあやかれた私なので今回も僥倖が・・・
















190504_62.jpg


不幸だぁ〜〜〜〜〜っ!!!!( ノД`)
というわけで、僥倖には恵まれず賭けは見事に失敗に終わりました(笑)
ここまでウェットコンディションの定峰峠を走るのも何年振りか(;´∀`)
かつての私の庭、既にこの埼玉生活でカンをしっかり取り戻しているので楽々パスさせていただきましたけどね!( ՞ਊ ՞)ノ


190504_63.jpg


やはり平地は雨が弱まり、そのスキに実家まで一直線!(((*ノ・ω・)ノ
無事に帰宅!走行距離は185.6km。このルートにしてはちょっと多めかも?
走行ルートですがかなりローカルな道しか通っておらず、かつ巡ったポイントが多すぎて図にするのが難しいため割愛させてくださいm(*- -*)m
すみませんが前回の記事と併せて気になる方はGoogle先生で調べてみてくださいな!


190504_64.jpg


あ、泥や落ち葉などでしこたま汚れたミヤギですが、次の日私がやる前に父が洗車をしてくれてましたm(*- -*)m
この2日後は父がミヤギに乗ってグンマーへツーリングへ行くという(;´∀`) ※事前了承済み
あれだけ2017年の発表当時はZ900RSに否定的だったのにねwww


190504_65.jpg


と、いうわけで「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー!
的場駅を除いて無事に巡礼完了です!( ՞ਊ ՞)ノ
的場駅は日を改めて既に訪問済みですので、また後日記事にしますφ(・ω・ )
もし私の記事を見て興味を持った方がいらっしゃいましたらぜひ書店かKindleストアへ!
既にお読みの方で面白くなかったというのならそれはもう私と本の趣味が合わなかったということでThis discussion is closed!とさせてくださいm(*- -*)m


また一から読まなきゃな( ՞ਊ ՞)ノ
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・前編!

みなさんごきげんようです・・・。
中の人がリアルに仕事で忙殺されつつあるA.Jことアルトリア・ジャクソンでございます(´Д`|||)
終電まで残業(&実家⇔職場は往復4時間なのでほとんど実家にいないという)に加え週末は夜勤で実質的に毎日職場にいるという去年までは考えられないシチュエーションを味わっております。
一応1つ目のヤマは無事に越え、この記事を書き上げた5/18(土)の夜勤で2つ目のヤマを超えるのでとりあえず前述のような状況からは脱することが出来る見込みですφ(・ω・ )
そして東京長期出張もあと3日ほどで1ヶ月を切り仙台への帰投カウントダウンが始まります。
平日に限っては仙台へ戻れることが嬉しい今日のこの頃です(笑)


さて、今回の記事の本題に入る前に。
今更ですが、私の愛機・Z900RSの名前「ミヤギ」の由来をご紹介したいと思います(((*ノ・ω・)ノ
まず結論から申し上げますと宮城県は関係ありません。元ホンダワークスライダーの宮城光さんも関係ありません。私のアジトの近所に住んでいる福島さんのお向かいの宮城さんも関係ありません(笑)
ミヤギの名はとある作品の登場人物から拝借しておりますm(*- -*)m


190504_41.png

190504_42(resize).png
※現在埼玉の実家に滞在中で紙の本が手元に無いので、写真は取り急ぎKindleのスクショで。帰投後に差し替えます。


それがこちら、『三日間の幸福』※ライトノベルではありませんのでご注意。
及びそのコミカライズ版の『寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。』でございます。
もともと作者の三秋縋さん(岩手県出身)がネットに公開していた作品で、後にメディアワークス文庫から本となって世に放たれた知る人ぞ知る名作です。(←ここ重要かも)
私は少年ジャンプ+で当時連載中だったコミカライズ版で知ったのですが、これは間違いなく私が人生を通して読んできた本(作品)の中で文句無しに一番の名作だと思っています( ´ω`)
↑の通りKindleで電子書籍版も持っていて現在でも時折再読するほど。
これらの表紙に描かれている女性こそ、その「ミヤギ」さんです。
このミヤギから愛機の名前を付けました。(笑)


元々原作のタイトルがコミカライズ版のそれだったのですが、前述の文庫化の際に現在のタイトルに変わったという経緯があります。
コミカライズ版はあえて旧タイトルで出版したようです( ´ω`)
そんな原作ファンからも大絶賛され即重版となったコミカライズ版は田口囁一さんという、漫画家と音楽家の二足の草鞋を履いている方が描いていた(昨年10月に活動休止してしまいましたが田口先生のバンド「感傷ベクトル」も愛聴する始末w)のですがなんと作中の舞台のモデルがまさかの埼玉!(ノ゚∀゚)ノ
しかも私が行ったことのある場所が多いという(笑)
田口先生が同郷(埼玉)のご出身なのでこのようになったのだと思います。まさか人生で一番好きな作品の舞台が私の出身地の埼玉だとは!


190504_43.jpg


・・・というわけで!
ようやくここからツーレポに入ります。今回はバイク成分少ないのですがご容赦くださいm(*- -*)m
去る5/4(土)に敢行してきた、この記事のタイトル通り「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツーの様子をお送りします( ՞ਊ ՞)ノ(笑)
あくまでも私が把握している埼玉県内の聖地の巡礼に絞っています。東京や千葉にも聖地がありますがこれは後にでも。
ではどうぞ!


【注意】
ちょうどこれから初めて作品を読むという方がいらっしゃいましたら、以下僅かなネタバレを含むので閲覧は自己責任でお願いします!









190504_1.jpg


聖地巡礼のスタートはここ、埼玉県入間郡毛呂山町の滝ノ入団地にある『滝ノ入集会所』から!
毛呂山町は先日立ち寄ったラーメン屋「太海軒」(煮干し系)「味噌の巽や」(そのまんま)がある、翔んで埼玉で出てきた埼玉のような小さく何も無い田舎町になります。ゆずが特産品。。。(´Д` )
ここが早速聖地となります。


190504_2(resize).png


該当話は2巻10話。
主人公・クスノキ(とミヤギ)がヒメノと別れた後に一夜を過ごした寂れた公民館
がここです( ՞ਊ ՞)ノ
作中の公民館そのまんま!公民館というほど立派な建物でもありませんけど(;´∀`)
それより驚くのがここ、私の友人(当Blogには未登場)の家のド近所なんですよねwww
写真には写りきっていませんがこの集会所前に自販機があって、その友人の家に遊びに行ったときはよくその自販機で飲み物を購入したものです(笑)
まさかそんな場所が好きな作品の舞台になるとは・・・まさに僥倖というものです( ՞ਊ ՞)ノ


190504_3.jpg


滝ノ入集会所を皮切りに聖地巡礼スタート!
ダ埼玉という暴言が似合いまくりな毛呂山を離れて県道号線を東へ進んで先日タイヤ交換を行ってもらったBike Shop TERAさんなどがある坂戸市へ向かいます(((*ノ・ω・)ノ
ちなみにこの写真に写っているお蕎麦屋さん『田中屋』は私の友人kocoくんのお気に入りのお店らしいです(笑)私は入ったことないけど(;´∀`)
※前述の通り、滝ノ入に住んでいる友人はkocoくんではありません。


190504_4.jpg


パパッと坂戸駅前の商店街『さんろーど』に到着!(ノ´∀`)ノ
この商店街は・・・


190504_5(resize).png


1巻第2話で、クスノキが寿命の査定を待っている間に時間を潰していた場所になります( ՞ਊ ՞)ノ
が、駅の外観は異なるしこの絵のクスノキが座っているようなベンチ等はありません。
それは後に。


190504_6.jpg


190504_7.png


さらにこの商店街は2巻第10話でクスノキとミヤギが写真の現像に立ち寄っていた写真屋さん(セキ写真)があります( ՞ਊ ՞)ノ
残念ながら朝早い時間帯だったので開いていませんでしたが、クスノキがカブを停めていた場所にミヤギを止めて写真が撮れたのでヨシとします(笑)


190504_8.jpg


まだまだ坂戸市の聖地巡礼は続きます!
坂戸駅前の道をそのまま真っ直ぐ行くと道路沿いにこの『坂戸市立図書館』があります。
(左下のFREED邪魔!(#゜Д゜)、)
ここはですね・・・


190504_9.png


2巻第7話、クスノキとミヤギがヒメノの帰宅を待つ間に時間を潰していた図書館になります( ՞ਊ ՞)ノ
劇中では古びた図書館という設定で登場しますが、実際はかなりキレイな図書館で本の揃いも悪くないです(入ったことあるのでw)

190504_10.jpg


190504_11.png


ちなみにその第7話の扉絵にもなっているのですが、自販機が撤去されていました。
確か昔は災害対応自販機が置いてありました。


190504_12.jpg


お次は図書館から3分ほどで『ブックマーケット・エーツー坂戸店』
ブックオフや万代書店みたいなお店と言えばお分かりになるかと思います。


190504_13.png


ここは1巻第1話の前半でクスノキがCDを売りに来たお店です( ՞ਊ ՞)ノ
このお店の店員に「寿命を買い取ってくれるお店」を教えてもらうんですよね。
ちなみに店内は劇中と全く違っていて結構狭いです。。。
実を言うとこのエーツー坂戸店は移転前の店舗時代(山田橋を超えたところにある現在はベルク坂戸八幡店が建っている場所)から知っており、私はよくMagic:The Gatheringのカードを買いに行く常連でした(笑)
高価なレアカードが信じられないくらい安値で売られていることが多く、よく通ったものですw
そんな私は常連だったのにもかかわらず寿命を買い取ってくれるお店の存在は教えてもらえませんでしたけどね(笑)


190504_15.jpg


エーツーから2分ほどで『北坂戸駅』に到着!
あの毎回毎回毎回毎回人身事故という名のアホタレの自殺をメインの原因として運転を見合わせる悪名高い東武東上線の駅です(#゜Д゜)
マジメな話ですが関東(埼玉)に移住を検討している方がいらっしゃいましたら最寄りの駅が東武東上線というエリアへの移住はとてもオススメ出来ません。クルマ移動がほとんどならまだしも、本当に止まってばかりなので話になりません。
ただでさえ今は東京の路線が「混雑」を理由に遅延するのが当たり前なので余計に。
埼玉に住むのなら東部にしましょう。
西部はこの記事でお送りしている通り、全体的に田舎なので住むとあっという間にダサくなりますよ(笑)


190504_18.png


余談を挟みましたがここはまさかのクスノキの最寄り駅として登場します(;゜Д゜)<オイ!
第2話と第4話の舞台ですね。


190504_14.jpg


一応、劇中と同じアングルで撮ってみましたがいろいろ邪魔で分からないです(´Д` )
田口先生はこれらを除外して描いていると思われます。


190504_17.jpg


190504_16.png


また、前述したクスノキが査定待ちの間に時間を潰していた場所はこの北坂戸駅前にあります。
原作では「もう少し腹が減っていたら鳩と一緒にパンをつついていたかもしれない」とまで言わせるほど空腹の中タバコを吸いながら過ごしていましたね(笑)


190504_19.png



190504_45.jpg


190504_46.jpg



前述の画像に出てくる駅構内はこんな感じ。扉絵や2人がナルセへ会いに行く際に利用した自販機もここにあります。
そんなクスノキの最寄り駅の北坂戸駅ですが、ここはかつて私の友人の1人の最寄り駅だったという(笑)
身近だね〜聖地って(;´∀`)


190504_20.jpg


ここで余談ですが地元のお店のご紹介!
北坂戸駅東口を出てロータリーを左の方へ行った路地にこの『あかね寿司』があります( ՞ਊ ՞)ノ
このあかね寿司、5年ほど前に友人・白黒の愚者のオススメということでkocoくんを加えた3人で食べに行ったのですが美味しかったですね!
何よりも「小さな寿司の回転台があるが、基本的に何も乗っておらず中央に立つ店主に直接注文をする、回っているように見えて回っていない寿司屋」というのが面白いです(笑)
夜営業なので聖地巡礼のついでにいかがでしょうか?人気店ですぐ行列が出来ますので注意!


190504_21.jpg


北坂戸駅を後にして次の聖地へ。ようやく坂戸を離れます(;´∀`)
クスノキは坂戸市民と考えるのが自然かもしれませんね(笑)
道中の西友で飲み物を購入するの図。ここも友人の実家付近です( ՞ਊ ՞)ノ


190504_22.jpg


やってきたのは『ベイシアマートときがわ店』
かつては都幾川”村”だったくせに都会人を気取って”町”になった比企郡ときがわ町にあります(嘲笑
ちなみに埼玉県近郊以外の地域に住んでいるとこの「ベイシア」に見覚えがないという方が多いかと思いますが、ベイシアはグンマー県に本社を置くスーパーマーケットです。東北でいうウジエスーパーやヤマザワみたいなものです( ՞ਊ ՞)ノ


190504_23.png


そんなここは1巻第3話、クスノキとミヤギが夜に買い物に来たスーパーになります( ՞ਊ ՞)ノ
やはり店内は異なっていて作中のようにセルフレジ(ミヤギはこれじゃないと買い物が出来ず万引きを余儀なくされます)はありませんでした。

190504_26.jpg


そんなド田舎ときがわ町を抜けて北上し、同じ比企郡の滑川町へ(((*ノ・ω・)ノ
次なる聖地はここ『滑川バッティングセンター』です( ՞ਊ ՞)ノ


190504_27(resize).png


ここは1巻第5話でクスノキがナルセと別れた後に怒りをぶつけるべく立ち寄ったバッティングセンターになります( ՞ਊ ՞)ノ
クスノキは恐らく2番ブースで打っていたと思うのでそこと、クスノキとミヤギが座っていたベンチを撮影(((*ノ・ω・)ノ
本当は立ち寄ったからにはバッティングの1つでもやっていったほうが良いのでしょうけど、運動ウンチオンチな私がやったところで自分の急所にセルフストライクバッターアウトをやらかすのがオチなので自販機でオロナミンCを購入して勘弁していただくことにm(*- -*)m
朝早い時間帯でお客さんはいなかったし、営業妨害にならぬようササッと撮影させていただきましたm(*- -*)m


190504_25.jpg


190504_40.png


ちなみにその第5話の扉絵にもなっているので1枚。
そして写真を撮り終わり外へ出て支度をしている最中にまさかのバッティングセンターの管理人のおじさんに話しかけられました( ゜д゜)
バッティングしないで帰ろうとする輩を咎めに来たのかと勘ぐって、懇切丁寧に事情を説明する覚悟をしていたら単純にバイクのナンバーが仙台だったので「仙台から来たのかい?( ゚∀゚)」と世間話を振ってきただけでした(笑)
事情を話してiPhoneのKindleでバッティングセンターが出てくる該当のシーンをお見せしたら喜んでおられ「その作品買ってみようかなぁ」と仰られておりました( ´ω`)
いやーこんなこともあるんですね!(ノ´∀`)ノ


190504_28.jpg


そんなサプライズ?のあった滑川バッティングセンターを後にして北上しR17へ(((*ノ・ω・)ノ
次の聖地は聖地以前に有名なスポットだったりします。
このくらいの時間までは天気が良かったのですが。。。


190504_29.jpg


はい!行田市の『鉄剣タロー』に到着!( ՞ਊ ՞)ノ
言わずと知れたレトロ自販機ファンの聖地の1つで、自販機ファン以外にも有名なある意味埼玉の名所の1つですね(笑)
そんな鉄剣タローも”寿命を〜”の聖地になっています。ただし外観は作中に出てきません。
当Blogではまだまだ黎明期だった2012年10月にマスツーで訪れています( ´ω`)


190504_30.jpg


190504_31.png


190504_36.jpg


190504_32.png


そんな鉄剣タローは第3話、クスノキが夕食を食べに来た旧道沿いのオートレストランとして登場します( ՞ਊ ՞)ノ
原作でクスノキは「熱いばかりで安っぽい味がする天ぷらそば」と称しているここの自販機そばですが、実際どうなのかは当時のカメテツくんのBlog記事をご覧ください( ՞ਊ ՞)ノ
ところでクスノキくん、キミどうやって徒歩で坂戸から行田まで来たの?www

190504_33.png


劇中ではミヤギはここで食事をせずイスに座って監視員の仕事をしていたのみ。
それがここになるのですが・・・


190504_34.jpg


やっぱり聖地巡礼するならなりきりでしょ!( ՞ਊ ՞)ノ
ということでここでようやく聖地巡礼なりきりショット?を撮ることが出来ました(笑)
だけどこれ・・・


190504_35.jpg


自販機前に一般ピーポーが写っちゃってるという。
そんな中こんな側から見たら意味不明な自撮りしてるヤツなんて不審者にしか見えないでしょうね(´Д`|||)
この後しばらく待ってシャッターチャンスを待つも、GW中だということもあってかお客さんが入れ替わり立ち替わりだったので断念(´Д` )


190504_37.jpg


鉄剣タローを後にし、途中でみんな大好き昭和シェルで給油をしてから(めっちゃサービス良かったぜ!)お次は『ガスト小川町店』!( ՞ਊ ՞)ノ
小川町といえば昨年夏の帰省時にも訪れているお気に入りの温泉『花和楽の湯』がある町ですね。埼玉から群馬〜長野方面へ行くには大体通過する町ですφ(・ω・ )


190504_38.png


そんなガスト小川町店は第4話・5話で登場するクスノキとナルセが待ち合わせをしていたレストランになります( ՞ਊ ՞)ノ
原作では電車とバスを乗り継いで行ったようですが現実のガスト小川町店もそうしないと行けない場所です(笑)
さすがに店内の様子は確認していません。


190504_39.jpg


これにて街中の巡礼を終え、次は毎度おなじみ埼玉のツーリングスポット・秩父方面へ(((*ノ・ω・)ノ
今回は文章量はともかく、写真が大分多くなってしまうので今回は一旦ここで切ります!
続きは次回の記事にて!( ՞ਊ ՞)ノ


こういう街乗りメインのツーリングは大型車より原付二種でやった方がいいと思う・・・。
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

女神様大爆笑!宮城の仲間たちと長野ツーリング!(ノ´∀`)ノ

190502_5.jpg


Hello! 前回の更新より少し間が空いてしまいましたm(*- -*)m
前回の記事でお送りした通り久しぶりに高熱で寝込むという失態を犯した私ですがどうにか5/1(水)の午後には持ち直すことが出来ました(´Д`|||)
世間は平成から令和に元号が変わってアホ騒ぎしていたようですが私はそんなことやってる場合じゃなかったですね。誰だ今「お前はいつでもアホ騒ぎしてるだろとか言ったのは
というわけでどうにか動けるようになった5/2(木)のお話になります(((*ノ・ω・)ノ
GW中のツーリング記事・第2弾!いってみましょう!(ノ´∀`)ノ


190502_6.jpg


この日は仲間が長野方面でキャンプをするということで、「ツーリングだけ埼玉から参加しないか?」とお誘いを受けたので快諾。なのでこの日までには身体を動かせるようにしておく必要があったわけです(;´∀`)
埼玉からR254を群馬〜長野方面へひたすら爆走り続けます(((*ノ・ω・)ノ


190502_7.jpg


そうしているうちに2時間弱ほどの時間を経て、群馬県の『道の駅 下仁田』に到着!
ここではるばる宮城から高速を飛ばしてここまで来たナーガさん率いる「どしゃぶりーず」の皆さんと合流します(ノ´∀`)ノ
どしゃぶりーずの皆さんと爆走るのは2月の牡蠣ツー以来。
ってかナーガさん・・・当Blogでは昔で言うところの私の友人・大道芸人ばりの登場頻度になりましたね(笑)


190502_8.jpg


どしゃぶりーずの皆さんは今回キャンプで1泊2日の日程。本来は茨城へキャンプに行く予定だったらしいのですが2日前に急遽長野へ変更になったという経緯があります。
テントの設営などに時間が掛かるのですぐ出発です(((*ノ・ω・)ノ
ナーガさんは見ての通りどんだけ荷物積んできてるねんな要塞仕様。高身長なナーガさんでなければバイクが勝手に走っているようにしか見えないのがすごい(;´∀`)
先日の伊豆ツーで久しぶりにバイクで再開したれいすさん以上の積載量です(;´∀`)
本人曰く「男は身長もバイクも荷物も体重も大事な部分も”BIG”じゃなきゃダメなのよ( ՞ਊ ՞)ノ」とのこと。確かに1度きりの人生、野郎に生まれたからにはでっかく生きたいですからねぇ!(ノ´∀`)ノ
さすが人生の先輩は言うことが違います!とはいえ私は真っ向対決では勝ち目がないので生き方を変えてスマートに優雅に生きます( ՞ਊ ՞)ノ(←おい


キャンプ場は先ほどの道の駅から30分ほどで到着する位置にあるので、難なく到着・・・















190502_9.jpg


「罠(トラップ)カード発動!落石による全面通行止め!(ノ゚∀゚)ノ」(BGM:遊●王のアレ)
・・・という、道の駅を出発して30分も経過しないうちにコレ。(笑)
仕方ないので全員迂回して別ルートから潜入します(;´∀`)
皆さんキャンプ道具満載だったのでこんな落ち葉ばかり落ちているところでの旋回は大変だったんじゃないでしょうか(´Д` )


190502_10.jpg


迂回して無事に長野県入りし、佐久市の『内山牧場キャンプ場』に到着!(ノ´∀`)ノ
皆さんは受付を済ませてキャンプ設営へ。私は入り口付近で待機します(((*ノ・ω・)ノ


190502_11.jpg


その間、iPhoneで頑張ってキレイにミヤギを撮影するの図(((*ノ・ω・)ノ
この内山牧場ですが、キレイに群馬県と長野県の県境に位置しております。ってか昨年この辺通ってるんだよね(笑)
長野近辺をキャンプしつつ旅するにはうってつけの場所かもしれません( ´∀`)b


190502_12.jpg


待つこと数十分、先行してナーガさんが要塞モードを解除した14Rに乗って戻ってきました(笑)
宮城を出発したのは3時過ぎ!( ゜д゜)なので前日は20時頃に就寝したそうな。
次の日早くても早寝しない私はマジメに見習わないといけないですね。。。(´Д` )それで大体身体にムチ打ちすぎて後で反動が返ってくるのが様式美になっているような気が。
(仕方ないとはいえ先日のプラザ仙台六丁の目ご祈祷ツーもそんな感じだったしorz)


さて、そんなナーガさんですが戻ってきたと思ったらこんなことを言い出しました。
「思ったよりキャンプ設営に時間がかかり過ぎちゃって。正直今からビーナスライン行くのは厳しいような気がしてきたんだよね・・・(´Д` )」と。
いやいやどうしたんですかそのダミ声になったフ●ーザ様みたいなキャラに顔汚されて力が出ない状態になったアンパンの如き弱気なセリフは( ;´Д`)
ナーガさんときたら今まで「お金というものは経済を回すべく使うためにあるのだよ!」(その後BEETのフルエキにカーボンリアフェンダーなどなどお高いパーツを購入)とか「知ってたかい?紅葉は黒いんだよ!」とか「宮城県の道路上に設置されている気温計は冬の間、十の位が壊れて表示されないんだよ!」とか常にポジティヴな発言しかしてこなかったはずなのに。
紅葉は黒いという新説を発見した功労を讃えられて栄一くんを差し置いて新しい日本銀行券の肖像画に選ばれるかもしれなかったほどの人ですよ?(;´∀`)
大体長野に来ておいてビーナスライン走らないとか何のために長野に来たというのでしょう!
















190502_1.jpg


「言ったよね、ビーナスライン行けないかもって今言ったよね。 言ったらダメだよ。 自分に返ってきちゃうよ結局は! 心の中で抑えて逆を言ってごらん? そうすると必ず自分のいい方向に返ってくる。 もし言いたければ空に言えよ! 俺は嫌いだ!」
















190502_2.jpg


「ずっと待ち焦がれてたんだろ、こんな展開を!
天気が良くなるまでの場つなぎじゃねえ!女神(ビーナス)様が登場するまでの時間稼ぎじゃねえ!
他の何者(ライダー)でもなく!他の何物(バイク)でもなく!
テメエのその手で、たった一つのワインディングロードを走破してみせるって誓ったんじゃねえのかよ!
ずっとずっと主人公になりたかったんだろ!TwitterみてえにInstagramみてえに、
イイね欲しさにアホな行動してイキる、乗り手(ライダー)になりたかったんだろ!
だったらそれは全然終わってねえ!! 始まってすらいねえ!!
ちっとぐらい長いキャンプ設営時間で絶望してんじゃねえよ!!
――足を運べば行けるんだ。いい加減に爆走ろうぜ、宮城人!」













190502_32.jpg


・・・と、熱心にお説教説得を行った結果、コロッ☆と「ワンチャン行ってみるか!( ՞ਊ ՞)ノ」と決心されて全員でビーナスラインへ行くことに決定しました!( ՞ਊ ՞)ノw
やはりいかなるものでもやってみないことには分かりませんからね!
そしてこの決断が結果的に”大勝利”を導くことに、この時点で我々はまだ気がついていないのだった・・・!


190502_13.jpg


というわけで、メンバー全員が揃ったところでビーナスラインを目指して出発進行!( ՞ਊ ՞)ノ
改めてナーガ一家改め「どしゃぶりーず」の皆さんをご紹介します。
左からXJ6さん改め「まさるさん」CB1300SBさん改め「美琴さん」、そして先日のプラザ仙台六丁の目ご祈祷ツーでもご一緒だった鹿角さん!( ՞ਊ ՞)ノ
に、おなじみナーガさん私A・JことAltria(アルトリア)を加えた計5名で今回のツーリングを敢行します!
皆さん本当に愉快で楽しい仲間たちでございます(ノ´∀`)ノ
美琴さんといえば2月の牡蠣ツーの際に不幸にも転倒を喫してしまいましたが既に愛機の修復は完了、ご本人もあれから身体に異常なしということで安心しました( ´∀`)b
今回のツーリングでは全員無転倒で帰りましょう!


190502_14.jpg


まず手始めにR254道中のGSにてガソリン補給をしてからR254→142のルートでビーナスラインを目指します(((*ノ・ω・)ノ
この道中で早速おGさんらが運転する車に包囲されるというアクシデントが発生(;゜Д゜)
「3爺(Three-G)・・・4爺(Four-G)・・・いやこれは最悪のパターンの5爺(Five-G)だ」と分析する鹿角さん。
ツーリング開始から1時間も経過していないのにいきなり少子高齢化社会の現実を見せつけられるという。
うーん、長野県民の方々を蔑むつもりは毛頭ないのですが長野県って田舎ですからね・・・埼玉や宮城とでさえも比べると悲しくなるくらい。
先日は池袋で上級国民様が善良な未来ある一般市民2名を車で殺害するなんて事件もありましたし、本来であれば積極的に高齢者には免許を返納してほしいところですが地方(田舎)は交通インフラが充実していないのが現実。
整備したくても数少ない若者がどんどん東京へ流れていくので採算も取れないでしょう。
数少ない若者も選挙に行かないヤツが多いから結果的に政府は一生懸命少子高齢化を推進している現状・・・と言っても日本は年寄りが圧倒的に多いのでどちらにせよ先行きは真っ暗ですね(´Д`|||)


190502_15.jpg


と、なんか当Blogに全くふさわしくないであろう何のオチもない所感を述べてしまいましたが(苦笑)、とりあえず「腹が減っては女神様は微笑んではくれぬ」ということでR142沿いにある『天船』というお店でランチタイム!(ノ´∀`)ノ
チョイスはナーガさんの直感です。ガン●ム風に言えばニュータイプってやつになるのか?
私の世代だとワン●ースの見聞色の覇気って言った方が伝わりやすいかと思います(;´∀`)<あ、世代間ギャップ・・・


190502_16.jpg


このお店はお寿司とお蕎麦が主力の和食料理屋さん。各々好きなものをオーダー。
私はやはり長野に来たからにはお蕎麦でしょうということで天ざるセットをチョイス。
そばつゆはしっかりと出汁が効いておりなかなか美味しかったと思いますよ( ՞ਊ ՞)ノ


190502_17.jpg


他の皆さんも概ね満足の模様(ノ´∀`)ノ
この写真のナーガさんと鹿角さんは非常にゴキゲンそうでした(笑)ホントにモザイク取ってやりたいくらい!w
こんな感じでお腹を満たしましたとさ!( ՞ਊ ՞)ノ


190502_20.jpg


お店を出てR142をもう少し北上して、総員白樺湖方面をめがけて遂に日本屈指のツーリングスポット、ビーナスラインへ突入!( ՞ਊ ՞)ノ
個人的には昨年夏以来、2度目の来訪になりますφ(・ω・ )
(この場所は車山付近の展望台です)


190502_18.jpg


190502_19.jpg


ここで何故今回の記事のタイトルが「女神様大爆笑」なのか、「大勝利」と前述していたのかが明らかになるでしょう。
見事過ぎる大快晴の青空が一面に広がっております。(ノ゚∀゚)ノ
言うまでもなく一同テンション爆上がり!長野県って本当に天気がドングリの如くコロコロと変わることで有名なので改正から一気にスコール、なんてのも珍しくないのですがこの日はこの写真通りの快晴が終始続いたのです( ´∀`)b
全員興奮しすぎで小学生男子ばりには精神年齢下がってましたね(笑)
まさにドラクエの「ガンガンいこうぜ」作戦が功を成した瞬間です( ՞ਊ ՞)ノ


190502_33.jpg


先ほどの地点からさらに爆走って白樺湖を通過し、昨年も立ち寄ったビーナスラインの定番スポットの1つ、『霧ヶ峰 富士見台』に到達!( ՞ਊ ՞)ノ
ここでメンバー全員のバイクを並べて写真を撮りました( ´∀`)b
どのアングルからでも私の心のようにキレイな青空が広がっていて素晴らしい!
昨年は思いっきり曇天でしたから(;´∀`)
今回のメンバーも鹿角さんを除いた3人が昨年ビーナスラインを訪れているらしいのですが文字通りの”どしゃぶり”だったらしく。。。この頃に「どしゃぶりーず」のチーム名が自然と付いてしまったそうな(;´∀`)


190502_22.jpg


霧の駅はものすごいバイクの数だったのでナーガさん判断でThroughし、一同は美ヶ原方面をめがけてさらに大快晴のビーナスラインを駆け抜けます( ՞ਊ ՞)ノ
見ての通りエクスタシィを感じずにはいられないこの快走路!この気持ち良さを存分に伝えきれないのが非常に残念なくらいです(ノ∀`、)
ちなみに私は昨年美ヶ原方面へは行かずに諏訪湖方面へ出てしまったのでここら辺は初の走行です。
さらに言えば昨年は蓼科の方から北上していくルートだったので昨年以上にビーナスラインを楽しめているわけです( ´∀`)b
個人的には今回のルートの方が路面もキレイだしおススメですかね〜。


190502_23.jpg


そして一同はビーナスラインの終点・『道の駅 美ヶ原高原(美ヶ原高原美術館)』まで到達!(ノ´∀`)ノ
どこを切り取ってもコバルトブルーの海ならぬ空がどこまでも広がっております(ノ∀`、)


190502_24.jpg


そしてここも見ての通りバイクでいっぱい!( ՞ਊ ՞)ノ
間違いなくこの日ビーナスラインを爆走ったライダー全員に勝利の女神が微笑んで・・・いやオッホッホと大爆笑していたことでしょう(ノ∀`、)
まさに「草生えるwww」ってやつですよwww
この喜びを他のバイク仲間たちにも味あわせてやりたいくらい!すまんがこの記事でガマンしてくれ!(笑)


190502_26.jpg


そうして大勝利を収めた一同は来た道をストレートに戻って佐久市まで戻ってまいりました!
帰りは天気に加えて思う存分にワインディングを楽しませてもらったり(笑)
この辺りの写真が特に無いのが残念ですm(*- -*)m
写真は記事前半で唯一給油していなかったまさるさんが給油を済ませるのを近くのGEOで待つの図w


190502_27.jpg


給油を終えたまさるさんが合流したところですぐそばの西友に立ち寄り、今晩の食材を買い揃えます(((*ノ・ω・)ノ
キャンプ場では風が強かったのでBBQ大丈夫かな?という話をしてましたが午後に弱まるという予報だったのでBBQを敢行することにしたそうな。
そういえば結果を聞いていませんが様子からして恐らく成功したのでしょう( ՞ਊ ՞)ノ
私はキャンプ道具も無ければ翌日は休日出勤(しかも朝から終電までこき使われる日。。。)という身分だったのでツーリングのみ。それでも十分過ぎるくらいでしたが!( ՞ਊ ՞)ノ


190502_28.jpg


買い物をしているうちにすっかり真っ暗になった中、キャンプ地の内山牧場へ帰還!(ノ´∀`)ノ
私はここから埼玉の実家へ帰るのでここでお別れ。この度はお誘いありがとうでごわす!( ՞ਊ ՞)ノ
次回このメンバーで走るのは私が仙台へ帰還してからになりますね。そして夏場には「例のツーリング」の予定もあるので楽しみです( ´ω`)


190502_29.jpg


内山牧場を後にしてこれまた来た道をひたすら私の心のように真っ直ぐ戻るだけです(((*ノ・ω・)ノ
途中で給油や夕食(まさかのすき家になるとはw)を挟みつつ・・・


190502_30.jpg


無事に埼玉の実家へ帰宅!(ノ´∀`)ノ
走行距離は421.8km。あれ、伊豆ツーの時より爆走ってる(;´∀`)
個人的に日帰りはこのくらいの距離がメドだと思います。たびたびオーヴァーしてますがw


190502_4.png


走行ルートはこんな感じ!
王道のビーナスラインツーリングじゃないでしょうか!やっぱり上から入る方がいいな!( ´∀`)b


190502_31.jpg


・・・と、そんなわけで景色にも食べ物にも恵まれて文句無しの1日になりました!(ノ´∀`)ノ
直前で美琴さんの提案で行き先が茨城から長野へ変わったことがこの素晴らしい結果、言うならば「僥倖」(ぎょうこう:思いがけない幸い。偶然に得る幸運。)に繋がったことは間違いない真実だと思います( ՞ਊ ՞)ノ
天気が変わりやすいことで有名な長野ですが、今後訪れる時はいつでもこんな天気が理想です(笑)
また伊豆ツーの時もそうでしたが仲の良い仲間たちとのマスツーは楽しいですね!
次回のマスツーは仙台に帰投してから!準備万端で行きましょう!


190502_25.jpg


以上、今後の合言葉は「僥倖」になりそうな長野マスツーレポでした!(ノ´∀`)ノ


まさにヴィクトリーロード!
面白かったらぜひクリック↓お願いします!m(*- -*)m

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 6 comments  0 trackback
該当の記事は見つかりませんでした。