FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・後編!

190504_44.jpg


はいっ!では「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー・後編!
行ってみましょう(ノ´∀`)ノ
前回の記事の最後、秩父へやってきて最初に立ち寄ったのがここ『波久礼駅』(はぐれ-)
秩父鉄道本線の駅で1903年開業と大分長い歴史をお持ちのようですφ(・ω・ )
そんな波久礼駅ですが・・・


190504_48(resize).png


1巻第5話と6話で、クスノキの故郷の駅として登場します!( ՞ਊ ՞)ノ
なんというかそのまんま(笑)クスノキは秩父出身だったのか(;´∀`)


190504_47.jpg


190504_49.png


券売機は第6話の扉絵にもなっています( ՞ਊ ՞)ノ
ここも忠実。


190504_67(resize).png


190504_66.jpg


それから待合室。
ここは第6話で初めてミヤギが肩の力を抜いてクスノキと会話をした場所でもあるのですが(この絵じゃそうは見えませんがw)、ちょうど電車待ちのお客さんで埋まっていてとても劇中の通りに写真は撮れず。
電車が来るまで待とうとも思いましたがさすがはド田舎路線、次の電車は数十分後ととても待っていられないのでスッパリ諦めました(--〆)
ちょっと残念。
ちょうどミヤギが座ってたところにおzeeさんが座ってるんだよな〜(;´∀`)


190504_51.jpg


そんなこんなで聖地巡礼に夢中になっていたらすっかりお昼時。
昼食がてら一休みということで小鹿野町の蕎麦屋『しのうち』へやってきました( ՞ਊ ՞)ノ
ここも何回も当Blogに出てきた場所ですね。3年ぶりの来訪になりました。


190504_52.jpg


さすがGW中ということで今までにないほどの順番待ちを経て店内へ。
女将さんと久しぶりの再会も果たしました(笑)
やはり最近父は来ていないとのこと。まぁZIIがアレじゃあねぇ。。。※一気筒死んでいます。
そんな3年ぶりのしのうちで天ざるそばをいただきました( ՞ਊ ՞)ノやはり美味しい!
ここは下の肥えた宮城の仲間たちにもオススメ出来るお店だと思います!


ただ・・・久しぶりに来たら驚くほど値上がりしてまして(;゜Д゜)
大盛りにするのに+***円って・・・倍くらいになってるような気が( ;´Д`)
それでもリピーターがやまないしのうちですが、ここまでお高くなるとちょっと足が遠のきますね。。。


190504_53.jpg


女将さんや店主さんにご挨拶してお店を後にし、しのうちから10分少しの『秩父ミューズパーク』に到着!( ՞ਊ ՞)ノ
ここも聖地なのですが2ヶ所に分かれているため、それぞれ巡礼します(((*ノ・ω・)ノ


190504_54.jpg


まず1ヶ所目はこのような遊歩道を歩いて行く必要があります。さしてキツい坂があるわけでもなく短距離なのですぐに到着です( ´ω`)
だいたい昨年夏にツーリング先で最果てのトレッキングを経験しているので大抵のことはブレックファスト前ってやつですよ( ՞ਊ ՞)ノ


190504_55.jpg


そんなわけで『展望台』へやってきました( ՞ਊ ՞)ノ
ここは・・・

190504_59(resize).png


2巻第8話でクスノキがミヤギと来た、かつてヒメノと訪れたという展望台(原作では”有名なデートスポット”)です( ՞ਊ ՞)ノ
作中の展望台は実際より広く描かれていますね。
ここでクスノキは翌日ヒメノとのデートを控える中、ミヤギを連れて予行練習に。子どもの頃のヒメノとの思い出話を聞かせていました( ´ω`)


190504_56.jpg


ちなみにここからの風景はこんな感じ!
秩父の街並みや山々を眺めることが出来ます( ՞ਊ ՞)ノ
確かに作中のクスノキの地元そのまんまって感じ(笑)
埼玉の中でも秩父は自治国と揶揄されるくらいド田舎地域色が異なっており大体の場合は観光で訪れるという人がほとんどです。
埼玉方面をツーリングする際のメインエリアになるわけですわ(;´∀`)
逆を言えば秩父以外にツーリングする場所は埼玉には無い、ということにもなったり。(´Д` )


190504_57.jpg


記事をご覧の皆さんが気になっているであろう中央のレリーフは「秩父市街とその周辺」を模していますφ(・ω・ )
東京の人が見たら「うわ山ばっか、ド田舎じゃん!」ということでしょう。大丈夫です、埼玉の大宮近辺に住んでる人も「ここって埼玉だっけ?」って言うと思いますから(笑)


190504_58.jpg


来た道を戻って一旦ミヤギに乗り、ちょっと離れた2ヶ所目、本日の聖地巡礼最後のスポットへ(((*ノ・ω・)ノ
それがこの『旅立ちの丘』です( ՞ਊ ՞)ノ
螺旋階段が特徴的な展望台ですね。


190504_60(resize).png


ここも前述の2巻第8話で出てくる展望台で、クスノキのセリフから推測するに1ヶ所目の展望台から見えるってことなのかな?
実際には距離が離れているのでどちらか一方から片方の展望台を見ることは出来ないです。
クスノキはかつてこの展望台で、螺旋階段に空いていた隙間から落ちそうになったヒメノを助けたと回想していますが実際には隙間なんて全くないのでご安心を( ՞ਊ ՞)ノw
クスノキみたいにカッコつけて女性のハートを掴み取りしようとしたアナタ!現実は大抵そのハートを掴み取りしようとしたヤツ自身が窮地に陥るパターンだからな!大体この手の手法は通用しないって証明した先人たちがどれだけいることか(;´∀`)
(窃盗犯を捕まえて振り向かせたかった、という狂言犯罪とかたまーに聞きますからねw)


上からの眺めを楽しんで本日の聖地巡礼は全て終了!(ノ゚∀゚)ノ
・・・実は本来のルートだとこの後『西武園ゆうえんち』(3巻第13話)川越の『的場駅』(同第14話)を巡って終了になる予定だったのですが、全体的に時間が大幅に押してしまっており、かつ午後から天気が崩れるという予報が( ;´Д`)
これに前述のしのうちでの待ち時間(トータル1時間30分ほど)が完全にトドメをさしてしまったので止むを得ず本日はここで切り上げることにしました。
また、西武園ゆうえんちは確実に撮れる写真が1枚(第14話の扉絵だけorz)しかなく、入場券を買ってまで行く価値があるかと言われると微妙なので聖地巡礼リストからは外しました(´Д` )


190504_61.jpg


というわけでとっとと秩父から撤収!(((*ノ・ω・)ノ
・・・おや?何やら雲行きがものすごく怪しい( ゜д゜)
これは山の方を抜けるルートは避けて芦ヶ久保を通過して帰るルートの方が安全かなと思ったのですが、現在羊山公園の芝桜シーズンの真っ只中になりつつありとんでもない帰宅ラッシュ渋滞が発生している模様( ;´Д`)
こうなったら雨が降る前に定峰峠をTOPPAして帰るしかない!というあまりにも無謀な賭けに出ます。どれくらい無謀かというとMotoGPの決勝レースをレインコンディションの中ソフトのスリックタイヤで走るくらい無謀です。
だが先日宮城の仲間たちと行ってきた長野ツーはまさに「僥倖」にあやかれた私なので今回も僥倖が・・・
















190504_62.jpg


不幸だぁ〜〜〜〜〜っ!!!!( ノД`)
というわけで、僥倖には恵まれず賭けは見事に失敗に終わりました(笑)
ここまでウェットコンディションの定峰峠を走るのも何年振りか(;´∀`)
かつての私の庭、既にこの埼玉生活でカンをしっかり取り戻しているので楽々パスさせていただきましたけどね!( ՞ਊ ՞)ノ


190504_63.jpg


やはり平地は雨が弱まり、そのスキに実家まで一直線!(((*ノ・ω・)ノ
無事に帰宅!走行距離は185.6km。このルートにしてはちょっと多めかも?
走行ルートですがかなりローカルな道しか通っておらず、かつ巡ったポイントが多すぎて図にするのが難しいため割愛させてくださいm(*- -*)m
すみませんが前回の記事と併せて気になる方はGoogle先生で調べてみてくださいな!


190504_64.jpg


あ、泥や落ち葉などでしこたま汚れたミヤギですが、次の日私がやる前に父が洗車をしてくれてましたm(*- -*)m
この2日後は父がミヤギに乗ってグンマーへツーリングへ行くという(;´∀`) ※事前了承済み
あれだけ2017年の発表当時はZ900RSに否定的だったのにねwww


190504_65.jpg


と、いうわけで「寿命を買い取ってもらった。一年につき、一万円で。」聖地巡礼ツー!
的場駅を除いて無事に巡礼完了です!( ՞ਊ ՞)ノ
的場駅は日を改めて既に訪問済みですので、また後日記事にしますφ(・ω・ )
もし私の記事を見て興味を持った方がいらっしゃいましたらぜひ書店かKindleストアへ!
既にお読みの方で面白くなかったというのならそれはもう私と本の趣味が合わなかったということでThis discussion is closed!とさせてくださいm(*- -*)m


また一から読まなきゃな( ՞ਊ ՞)ノ
面白かったらクリック↓お願いします!

にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Category : Touring
Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/428-9d73bf40
該当の記事は見つかりませんでした。