FC2ブログ

The Zephyr

杜の都からLet the good times roll!

天国と地獄を同時に味わった日の話。(転倒→カスタムを兼ねた修理へ)(--〆)

記事のタイトルが既にネタバレですが( ;´Д`)、本題に触れる前に思い出話を1つ!


191208_1.jpg


去る12/8(日) 及び 12/11(水)に、私A.Jが大きな影響を受けたバンド・Kissの来日公演へ参戦してきました!(ノ´∀`)ノ
8日はゼビオアリーナ、11日は東京ドームでそれぞれ見てきたのですがFC先行予約で手に入れたSS席(25,000円・・・。)の威力は絶大で、写真でも分かる通りかなり近くで見ることが出来ました!(特に仙台w)


191208_2.jpg


191208_3.jpg


191208_4.jpg


一応小学校高学年の頃から聞いてきて、私のHR/HMファン人生の中でも大きな存在であるKiss。
そんなKissも昨年とうとう「最後のワールドツアー」である"END OF THE ROAD WORLD TOUR"を発表し、2021年7月のNY公演(Kiss結成の地)をもって終了するこのツアーでワールドツアーを引退することになりました。
実はKISS ARMY的には何年も前からポールとジーンが「もう長くは続けられない」と引退を示唆するコメントを残し続けてきていたのでさほど大きな驚きはなかったのですが、やはり寂しいものですね・・・ (ノω・、)
そんなKissの最後の来日公演(2021年7月までに追加公演があったらそれこそ奇跡!)を今住んでいる仙台と東京の2カ所で見られたことを本当に嬉しく思います!やっぱり涙腺が一気に緩むあたり、KissはMetallica・聖飢魔IIと並んで別格のバンドです(ノ∀`、)
ちなみにKissがこの手の「引退ツアー」を撤回したのは2001年頃の1回きりです。他のバンド(Mötley Crüeとかねw)と違って何回も撤回しているわけではないので勘違いしないでください。Twitterを見ているとかなり多くのHR/HMファンがそんな感じのTweetをしていましたがこんなググれば一瞬で分かる話いちいち説明させるんじゃないよw


191208_5.jpg


そんな終始胸熱なKiss仙台公演を終えた12/8(日)の夜。
文字通りホットになってアジト(しかも会場の近所w)へ帰投したA.Jの元へ当Blogでは毎度おなじみのバイク仲間・ナーガ夫妻から連絡があり、急遽ナーガ邸へ向かうことに(((*ノ・ω・)ノ
もう車があるので車で行けばいいだけの話だったのですが、ちょっと事情があってこのクソ寒い中ミヤギ(Z900RS)で向かうことに・・・。


そしてKissによってホットな気持ちのままアジトを出発し、大通りに面するT字路(?)で左折したところ・・・





























191208_6.jpg


完膚なきまでにリアからスリップダウンして転倒しますた。
そりゃそうだよ、この冬の寒さの夜でタイヤが全く温まっていないのにいつもの調子でステップに荷重かけて曲がってけばそうなるよ(ノ_-;)
Kissによって私の心身はHOTになってもタイヤは全くHOTになっていなかったようです。Kissの楽曲で言うところの"Cold Gin”ってやつですよ。しかもこの晩演奏してたし(笑)もしかしたら”Firehouse"だったらなんとかなったのかもしれない。
いつもならやらないようなミスをまさかこんな時にしてしまうとは・・・(ノ_-;)


・・・で、損傷箇所ですが。


191208_7.jpg


フューエルタンクには女性の拳大ほどの凹み。


191208_8.jpg


フレームスライダーである程度守られたとはいえ、ジェネレーターカバーに大傷。


191208_9.jpg


ギアのチェンジペダルの変形。今回の転倒で操縦にかなり影響の出る損傷。。


191208_10.jpg


もちろん、クラッチレバーやバーエンドにも傷。
その他、左ミラーに前後左ウィンカーへ傷が入りました( ノД`)
せっかく最高のKissのライブの後に最悪の出来事をセルフサービスで起こしてしまいました。
Kissの楽曲で言うところの”Room Service”な感じですね。(こじつけ)


とりあえず自走は可能なのでそのままナーガ邸に直行してガレージで損傷確認→ナーガ夫人お手製のガパオライスを夕飯にいただいて帰路へ着くのでした・・・(--〆)


191208_11.jpg


そして翌日の12/9(月)。
急遽お仕事は午後出社にさせてもらってホームショップであるカワサキプラザ仙台六丁の目へ事前連絡の上入庫。
損傷箇所を確認してもらい修理見積もりを作成してもらいました。


191208_12.jpg


その額がこの写真の通りです。( ゜д゜)
ってか実は約半額がフューエルタンクです。
要するにタンク1つでここまで金額が跳ね上がってしまうということです。。。
もちろん、これは傷が入った・破損した全ての箇所を修復する場合の見積もりでどこまで直すかを検討した上で決める必要があります。
そしてプラザへ入庫して発覚したのがサイドスタンドのスプリングを引っ掛ける箇所とハンドルバーの曲がり。
前者はこのまま放置しておくと金属疲労を起こして折れて、スプリングが外れてサイドスタンドが出しっぱなしの状態になり走行不可能になるという問題があります。後者は左側が僅かに内側へ曲がっている程度で許容範囲ではあるが機になるようであれば交換した方が良いとのこと。
もちろん前述の見積もりに含まれていました。


ただでさえ車を買ったりした関係で結構なお金が無くなっているのにこの非常事態。
ひとまずこの日の見積もりを添削して、損傷した箇所でカスタムパーツによって交換されるものについてはカスタム、交換されないもの(フューエルタンクとかね)についてはカワサキ純正部品にて全修復という方向で進めることとなり。
6日後の12/15(日)に再びプラザへ向かい・・・


191208_13.jpg


このような結末になりました(ノ_-;)
主にハンドル・ステップ周りのカスタムが入り、それ以外はクラッチレバー・前後ウィンカー・タンデムステップの計4カ所を除いて全修復となります。
今回保留した4カ所についてもクラッチレバーはブレーキレバーと合わせてU-NAKAYA製に、前後ウィンカーはKijimaのシーケンシャルLEDウィンカーに、タンデムステップはステップ部分のみSSK製に交換し、ステーは正直お金を出す気になれなかったので色が剥げてしまった部分をタッチペンで補修して使うつもりです。
極端なことを言えばBEETのフルエキ(UPタイプ)にでもしてしまえば純正ステーは使わなくなるので。。。


結果的にカスタムのきっかけになったとはいえ、予定外の大出費に繋がってしまいました。。。
言うまでもなく冬のボーナス的には大☆爆☆発で、CR-1施工は夢となって消えました。。。( ノД`)
そしてステップの入荷が1/20になるらしく、ミヤギが帰ってくるのが来年1月末となりそうです。
どしゃぶりーずの初詣ツーも欠席確定です(--〆) ※個人の初詣は例年通り大宮氷川神社にて行う予定です
幸いオフシーズン中だからよかったものの、今後はこのようなことがないように気をつけなくてはなりませんね。。。


以上、天国と地獄を同時に味わった1日のお話でした( ノД`)
皆さんも大好きなバンドのライブに行った後のバイクにはお気をつけください!←普通いないだろ!w


マジでもうお金無くて困ってます。。。
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ

カワサキランキング

Posted by Altria(アルトリア) on  | 0 comments  0 trackback

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:https://altriajackson.blog.fc2.com/tb.php/464-fe27300e
該当の記事は見つかりませんでした。